ニュース
» 2021年10月26日 18時00分 公開

ニンジャZX-25Rターボ見参!! 「内燃機関を極めたい」トリックスターの夢がカタチに

あの「ZX-25R」をターボ化ですとぉぉぉ! 「何馬力出るのか、見当もつかない」……という激ヤバそうなマシンが登場しちゃいます。

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン

 2021年初頭、ニンジャZX-25Rにレーシングチューンを施し、実測200km/hを突破したトリックスターが、さらにとんでもないことをおっぱじめた! なんとホンダでも市販に至らなかった“250ccターボ”にチャレンジしようというのだ。我々をワクワクさせてくれるトリックスターの原動力とは?

photo
photo photo photo photo

何馬力出るのか、見当もつかない

 「4輪はターボがもはや一般的で、さらにハイブリッドのパワーユニットもあります。でも2輪の分野はまだその段階になく、僕らもコンストラクターとして技術の究極を見極めていないという思いがありました」

 鈴鹿8耐や世界耐久選手権へのフル参戦、そしてニンジャZX-25RやニンジャH2Rでの最高速アタックなど、ユーザーに夢を提供してやまないトリックスターが、次なるチャレンジを開始した。冒頭のように語ってくれたのは、トリックスター代表の鶴田竜二さんだ。

photo ZX-25Rターボとトリックスター代表 鶴田竜二さん

 2020年9月に発売されたZX-25Rとは、単なるチャレンジの素材として以上の密接なかかわりがある。発売当初からマフラーをリリースし、それをZX-25Rに装着した数種類の仕様を体感できる試乗会も開催。さらにヤングマシンの共同企画ではJARIの高速周回路で実測200km/h超えを達成し、今もZX-25Rのユーザーを楽しませるさまざまな企画を続けている。トリックスターの活動がきっかけでZX-25Rに興味を持ったというユーザーも少なくないだろう。

 そんなトリックスターの新たなチャレンジは、なんとニンジャZX-25Rにターボを搭載するというもの。250cc4気筒の可能性を突き詰め、それをユーザーに還元しようとしているのだ。

 いったいどこまでのパフォーマンスを目指しているのか。率直に聞いてみた。

 「正直言って、どのくらいのパフォーマンスが出るのかは見当もつきません。4輪ではすでにさまざまなノウハウがあるのでしょうが、2輪ではまだまだ手探り。とりあえずの目標としては、Moto3マシンの出力60psと、最高速250km/hを狙っていましたが、すでにZX-25Rターボは後輪計測で58psが出ているので、おそらくクランク軸では70psに迫っていると思います」

 軽4輪向けの汎用ターボユニットを転用したといい、まずターボユニットとマフラーなどを装着したシェイクダウンとしては順調な滑り出しのようだ。

photo

 「まだ進角や燃調なども突き詰めておらず、インタークーラーも未装着、ブースト圧は0.4と穏やかなもの。自然吸気でブン回していくと60psあたりで壊れるという話もあるようですが、ターボはまだまだこれからです。4輪のノウハウを持ったアドバイザーに協力してもらいつつですが、チューニングを進めていけば当然、問題は起こってくるでしょう。トライ&エラーで壊れるまで試してみますよ。

 でも、最初からスペシャルクランクなどを投入する気はありません。まずはスタンダードエンジンをベースにどこまで行けるかです。別モノにしてユーザーのバイクとかけ離れてしまっては、ZX-25Rファンの皆さんの心に寄り添うことはできないからです。行くところまで行ったら、その後はスペシャルな技術も投入していれけば……。とはいえラム圧BOXもまだそのままですし、ノーマルエンジンベースでもやれる所はたくさんありますからね」

photo タービン以降からサイレンサーへの取りまわしはすでに試作品と思えない美しさ [写真タップで拡大]
photo コチラのアングルからのほうがターボらしさは伝わるかも。いったい何馬力までイケるのやら…… [写真タップで拡大]

 ターボチューニングが完成した暁には、キットパーツの販売などもあるのだろうか?

 「それが公道用として成立するのか、それともクローズドコース専用になるのかはわかりませんが、もちろんそのつもりで考えています。最初にも言いましたが、コンストラクターとして内燃機関=エンジンをやり切っていない、極めていないという思いがある。今の状況ならまだそれが出来るんです。これをやり切ってから電動の世界にチャレンジしていきたいですね。もちろんZX-25Rターボが出来上がったら、ヤングマシンさんにも試乗してもらいたいと思っていますよ!」

 チューニングに着手した当初から構想はあったというターボユニットの装着。なんとも楽しみな第1報だったが、まだまだ高みに上っていきそうなトリックスター&ZX-25Rターボである。第2報では大幅に進化した姿を目撃することになりそうだ!

TRICKSTAR Turbo Project / Kawasaki Ninja ZX-25R(YouTube/TRICK STAR)
(初出:2021年10月14日)
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。


Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」