ニュース
» 2021年11月20日 14時00分 公開

1980s国産名車・カワサキ「Z400FX」再見 新時代を開拓したカワサキ初の400ccマルチ(1/2 ページ)

今も絶大な人気を誇る「1980年代の名車」たち。2021年中古車相場は300〜600万円、クラス初のDOHC並列4気筒を搭載した爆発的ヒットモデル「Z400FX」を紹介します。

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン

 今も絶大な人気を誇る1980年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末永く楽しんでいくには何に注意し、どんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回はクラス初のDOHC並列4気筒を搭載した爆発的ヒットモデル「Z400FX」を紹介する。

カワサキ Z400FX 旧車 カワサキ「Z400FX」
カワサキ Z400FX 旧車 カワサキ Z400FX 旧車 カワサキ Z400FX 旧車 カワサキ Z400FX 旧車 photo カワサキ Z400FX 旧車 カワサキ Z400FX 旧車 カワサキ Z400FX 旧車 カワサキ Z400FX 旧車

誕生から約40年を経て人気がさらに高騰中

 1979年に登場した「Z400FX」は、1975年秋に施行された日本独自の免許制度、400ccを境とする中型/大型という区分を抜きにして語れないモデルだ。この免許制度改正で、若きライダーは夢を断たれたのだが(当時の大型二輪免許取得はとてつもなく難しく、またクラス唯一のOHC並列4気筒車だったCB400フォアは1976年に販売終了)、そんな中で彗星のように現れたのが、兄貴分のZ1/2系譲りにしてクラス初のDOHC並列4気筒を搭載する、Z400FXだったのである。

 もちろんZ400FXは爆発的なヒットモデルとなり、以後は他メーカーからも、DOHC並列4気筒車が続々と登場。カワサキ自身も後継車として、Z400GP/GPz400/GPz400F/ゼファーなどを販売したものの、原点の人気はいっこうに衰えることなく、生産終了から約40年が経過した現在でも根強い人気を維持している。

 その人気の理由には諸説があるけれど、細身でありながら、堂々たる車格と風格を備えていたことは、このモデルを語るうえでは欠かせない要素だろう。と言ってもそれは必ずしも意図的だったわけではなく、輸出仕様のZ500と同時開発した結果…と言えなくもないのだが、小型軽量化が徹底して行われていないことは、免許制度改正の影響を受けたライダーにとって、大歓迎したくなる要素だったのだ。

カワサキ Z400FX 旧車 【1979 KAWASAKI Z400FX(E1)】■全長2100 全幅785 全高1125 軸距1380 シート高805mm 乾燥重量189kg キャスター/トレール26度/98mm ■空冷4スト並列4気筒DOHC2バルブ399cc 内径×行程52×47mm 圧縮比9.5:1 最高出力43ps/7500rpm 最大トルク3.5kg-m/7500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量15L ■タイヤF=3.25H-19 R=3.75H-18 ※写真は1981年型E3 [写真タップで拡大]
カワサキ Z400FX 旧車 【Z1系ではなくZ650の技術を転用】新規開発ではあったものの、並列4気筒エンジンの構成は既存のZ650とよく似ていた。輸出仕様のZ500のボア×ストロークは55×52.4mmで、400ccとしての理想を追求したZ400FXは52×47mmという数値を採用
カワサキ Z400FX 旧車 【コクピットは兄貴分に通じるデザイン】メーターのデザインは同時代に販売されたZ750/1000シリーズと共通だが、インジケーターパネルとケースは専用設計。ハンドルクランプに備わる速度警告灯は、当時の日本仕様ならではの装備。

 ちなみに、1990年代までは現役時代と同じく若者を中心に人気を集めていたZ400FXだが、今回の取材に協力してくれたウエマツ東京本店・峯尾真史氏は、ここ数年は大型二輪免許を所有するベテランが選択するケースが珍しくないと言う。

 「最近はZ1やMkIIなどではなく、あえてZ400FXというお客さんが増えています。その理由を聞いてみると、若い頃に乗っていた、あるいは憧れていたという人がほとんどで、今後の体力低下を考えて、最後の愛車として購入する人も少なくないようですね」

 そういったユーザーが増えたからだろうか、もともと高かったZ400FXの中古車相場は、近年になってさらに高騰。この分野の高額車と言ったら、筆頭は長きに渡ってホンダCBX400Fであるものの、もはやZ400FXの価格もほぼ同等になっているのだ。

 ただし、Z400FXは決して維持が難しいモデルではない。事実、ウエマツでこのモデルを購入したお客さんは、トラブルに悩まされることなく旧車ライフを満喫していると言う。

photo

【取材協力:ウエマツ東京本店】1992年に創業したウエマツは、1970〜1980年代の国産旧車全般を得意とするショップ。東京本店に加えて、岡崎店、関西店、福岡店、沖縄店が存在し、在庫車と情報をグループ全店で共有している。中型車ではZ400FX/CB400フォア/CBX400F/SS KH400/GT380/GS400などを豊富にストック。 ●所在:東京都八王子市宇津木町728-1


       1|2 次のページへ

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」