ニュース
» 2021年11月26日 17時00分 公開

【狙うべきクルマたち】今こそ乗って欲しい、注目すべきセダン 4選(TOYOTA クラウン/NISSAN スカイライン/MAZDA マツダ3セダン/SUBARU インプレッサG4)

セダン好きなら思わずニヤリとしてしまう魅力を持つ、注目の4モデルを紹介。

[月刊自家用車WEB]
月刊自家用車WEB
月刊自家用車WEB セダン

 ミニバンやSUVに押されていることもあって影が薄くなったのは間違いないが、セダンはクルマ選びの王道であることは間違いない。現行の国産車ラインアップの中にも、侮りがたい魅力を持つモデルはまだまだ多い。ここではセダン好きなら思わずニヤリとしてしまう魅力を持つ、注目の4モデルを紹介しよう。

【TOYOTA クラウン】スポーツ&コンフォートの魅力を突き詰めた、国産屈指のプレミアムセダン

月刊自家用車WEB セダン [写真タップで拡大]

価格帯:489万9000〜739万3000円

 日本を代表する高級セダンとして長い歴史を持つクラウンだが、2003年に登場した12代目モデル(通称ゼロクラウン)から走りの動的質感も重視する傾向を強化。2018年に登場した15代目の現行型は、従来のクラウンが目指していたプレミアム路線に加えて、スポーツテイストを大幅に強化。ラインアップも走りにこだわるユーザーの嗜好に合わせて設定されるなど、スポーツセダンとしての魅力を高めていることが特徴だ。

 2020年秋のマイナーチェンジで、顔まわりのフェイスリフトと内装意匠の変更、12.3インチ大型ディスプレイの標準トヨタセーフティセンスの大強化されたことで、その魅力をさらに高めている。

 世界的には上級セダンにもFF化の流れがあるなか、良質な走りが楽しめるFRセダンということも魅力の一つ。パワートレーンは2.5リッターハイブリッド(直4)と3.5リッターハイブリッド(V6)の2タイプのハイブリッド車に加えて、2リッターターボも用意。高出力モーターが組み合わされるハイブリッド車の余力十分の走りは上級セダンらしい上質なものだが、2リッターターボ車の小気味良くパワーを引き出せる味付けも魅力大。フットワークの良さもあってワインディング路でも楽しめる本格派に仕上げられている。

 従来のクラウンの概念を覆すキャラクターはまさに唯一無二。輸入車勢が強い上級スポーツセダン選びに一石を投じてくれるモデルだ。

【NISSAN スカイライン】高性能ハイブリッドがもたらす圧倒的な走りのパフォーマンスは見逃せない

月刊自家用車WEB セダン [写真タップで拡大]

価格帯:435万3800〜644万4900円

 歴代のスカイラインは走りを最大の売りとするスポーツセダンの代表モデルの一つ。2013年に登場した13代目モデルとなる現行型はスカイライン初となるハイブリッド(V6)も設定されるなど、「スポーツ」に加えて「エコプレミアム」という新たなキャラも武器にしている。

 注目はやはりハイブリッド車。V6エンジンとモーターが生み出す圧倒的な加速力を持つことはハイブリッド車としては異端ともいえるが、電動化時代を先取りしたパワフルな走りは新世代のスカイラインにふさわしい。V6ツインターボ車にも独自のサスチューンが加えられるなど、走りの動的質感を高める工夫も惜しみなく注がれている。

 さらに高度な運転支援機能を備える「プロパイロット2.0」を採用(ハイブリッド車)していることも見逃せない。

 プロパイロットはノートやエクスレイルなどの主力モデルに順次採用が続いている目玉装備の一つ。巧みな速度制御やドライバーの運転感覚に近い操舵支援は高い評価を得ているが、スカイラインに搭載されるプロパイロット2.0は、センサー類の追加や制御ソフトウェアの高度化、高精度地図マップ等を採用することで支援性能を大幅に強化。車載ナビと連動することで同一車線でのハンズオフ機能まで対応している。専用のハードウェアが必要になることもあって普及が遅れているが、他の日産車に乗るオーナーにとっては標準化が強く望まれている装備になる。

 V6ツインターボを405馬力までチューニング(標準ターボは304馬力)した特別なグレード「400R」が選べるなど、腕に自信を持つユーザーを惹きつけるラインアップを持つことも特徴だ。

【MAZDA マツダ3セダン】操る楽しみを貪欲に狙い続ける、スポーティセダンの代表選手

月刊自家用車WEB セダン [写真タップで拡大]

価格帯:221万1389〜361万6963円

 2019年のフルモデルチェンジの際に「アクセラ」からグローバルネームの「マツダ3」に変更。スタイリングもさらに流麗なイメージが強くなった。基本的なシャシー骨格やメカニズムはハッチバック車(ファストバック)と同じだが、ミッションは6速ATのみになる。

 パワートレーンは、1.5リッターNA、2リッターNA、1.8リッターディーゼルターボ、さらに最新のスカイアクティブX (2リッター+モーター)の4タイプを設定。1.5リッターNA車は他の3つのモデルに比べると動力性能に物足りなさを感じてしまうが、いずれのタイプもコーナーでの軽快なハンドリング性能や高速走行時の安定感に定評があり、走りの楽しさを主軸に置いていることが特徴。スカイアクティブX車は少々強気の価格設定だが、SPCCIを始めとした緻密な燃焼制御など内燃機車として最高峰のメカニズムを採用している点も見どころ。上質かつ滑らかな走りはスポーティセダンとして大いに魅力的だ。

 マツダ3に限らずマツダ車は年次改良が積極的なこともあって買うタイミングが難しい一面があるが、マツダ3は今春に実施された商品改良時にパワートレーン制御やサスチューンに手を加えたことで乗り心地や快適性が向上。売りである走行メカニズムはまさに熟成が進み切った美味しい時期ともいえる。走りの質感にこだわるユーザーにはオススメしやすいモデルだ。

【SUBARU インプレッサG4】スバル車らしさをコスパ良く味わえる、侮れない1台

月刊自家用車WEB セダン [写真タップで拡大]

価格帯:200万2000〜270万6000円

 ハッチバックの「スポーツ」とセダンの「G4」が用意されるが、インプレッサの売りである軽快かつ切れのよいハンドリングはどちらを選んでも楽しめる。「スポーツ」にはSTIスポーツが設定されるなど主役級の扱いだが、「G4」もこのクラスのセダンとしては格上の走りが楽しめる。

 またリーズナブルな価格とバランスの良い装備が備わっていることも魅力の一つ。運転支援機能までカバーするアイサイトが標準装着されるほか、スバル車の泣き所だった内装質感が大幅に向上したことも高く評価されている。

 スバルとしては珍しくFF車を選ぶことができるが、スバル車の醍醐味の一つであるシンメトリカルAWDはオンロードでの動的質感にも大きく貢献するだけに、多少価格が高くなったとしてもオススメは4WD車だ。

※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」