ニュース
» 2021年12月06日 19時00分 公開

かわいい見た目だけじゃないっ! 乗って分かった、新世代軽モデル【ワゴンRスマイル】の魅力

ワゴンRスマイルを中心にスズキの“新世代軽”の魅力に迫る。

[月刊自家用車WEB]
月刊自家用車WEB

 スライドドアを持つワゴンRスマイルが登場したことで、スズキは売れ線のハイト&スーパーハイト軽ワゴンに合計4つのモデルをラインアップすることになった。ここでワゴンRスマイルを中心にスズキの“新世代軽”の魅力に迫ってみたい。

スズキ ワゴンR スマイル SUZUKI ワゴンRスマイル 価格帯:129万6900〜171万6000円

日々の生活で使える様々な工夫にも注目

 思わず誰かに見せたくなるようなデザイン。乗り降りがしやすく、いろんなシーンで使い勝手がいいスライドドア。ワゴンRスマイルは、その2つの大きな要素を備えて、ファミリー層ではない人たちにも親しみやすく、愛着が持てるクルマとして誕生した。名前からもわかる通り、ベースとなるのはスズキ軽の中心的存在であるワゴンR。ただ外観にその面影はほとんどなく、デザインテーマは「マイスタイルマイワゴン」。使う人によって多彩な表情を持つことができるよう、あえてシンプルなベース形状としつつ、色や素材、加飾が生きるディテールにこだわっているのが特徴だ。

 乗ってみると、前方視界は左右のピラーをなるべく細くしたり、ワイパー位置を下げたりした工夫で、スッキリと広い視界を確保。シートも細かく前後上下に調整ができるので、小柄な人でも適正な運転ポジションが取りやすい。ワゴンRと比べてヒップポイントも70mm高いので、遠くまで見通しが利き、最小回転半径は4.4mをキープしていて小回り性能も抜群だ。ゆったりとした後席は、天井が高すぎず低すぎず、リラックスできる空間。前後スライドは160mm、リクライニングが6段階もでき、パーソナルテーブルも備わっていて、休憩スペースとしても活用できる。

 試乗車に搭載されるパワートレーンは自然吸気エンジン+ISGのマイルドハイブリッド仕様。スライドドアで車重が80kgほど増えた分、どんな影響を及ぼすのかなと心配したが、走り出すとシッカリとしたボディ剛性が感じられ、穏やかな加速フィールも市街地では十分に快適。予想以上だった。操舵感にもナチュラルで扱いやすさを感じる。そうしたベースにはやはり、ハスラーやスペーシアで採用されている最新の軽量高剛性プラットフォーム「ハーテクト」の恩恵が大きい。屈曲を最小限とした滑らかな骨格構造で、合理的かつシンプルな形状のハーテクトは、直線はもちろん、カーブや高速走行での安心感、ガッシリと落ち着きのある走りを実現。

 しかもスペース効率が向上し、より広い室内空間や荷室スペースの確保を実現している。また、部品点数を減らすなどの地道なコスト削減にも取り組み、ユーザーへの価格に反映。基本的な安全装備が全車標準装備で129万円台からという嬉しいプライスを達成している。

 コスパの高さに感心! スズキが積み上げてきた軽づくりのノウハウをしっかり受け継ぎつつ、時代が求める魅力をたっぷり備えているのがワゴンRスマイルだ。

使い勝手がいいスライドアを採用

スズキ ワゴンR スマイルスズキ ワゴンR スマイル ワゴンRはベーシックなヒンジドアだが、ワゴンRスマイルはスライドドアを採用。ハイブリッド車は両側パワースライドドアが標準になる。開口部の広さは600mmと余裕も十分。 [写真タップで拡大]

安定した走りも披露

スズキ ワゴンR スマイルスズキ ワゴンR スマイル 負荷のかかる状況ではパンチの弱さを感じることもあるが、巧みなサスチューンのおかげもあって、かわいい見た目からは想像できないほど安定した走りを披露してくれる。 [写真タップで拡大]
スズキ ワゴンR スマイル NAエンジン+マイルドハイブリッド車、NAエンジン車の2タイプをラインアップ。他モデルでは用意されるターボ車が設定されていないのは、市街地向けというキャラによるところが大きい。 [写真タップで拡大]

巧みに生かされたユーティリティ

スズキ ワゴンR スマイル
スズキ ワゴンR スマイルスズキ ワゴンR スマイル ハイト軽のユーティリティが巧みに生かされたキャビンスペース。特段豪華な造りではないが、普段使いで便利さを実感できる工夫が随所に盛り込まれている。 [写真タップで拡大]

他にもあるぞ!スズキの人気軽ラインアップ

スーパーハイト軽ワゴンの優等生

スズキ ワゴンR スマイル スペーシア 価格帯:138万500〜195万9100円

全高1785mmのボディに両側スライドドアを持つスーパーハイトワゴンで、ファミリーにも余裕の広大な室内と、自転車も積み込める大容量荷室が自慢。ノーマルのほかにカスタム、ギアと個性が際立つモデルも選べることも見逃せない。 [写真タップで拡大]

軽SUVの人気モデル

スズキ ワゴンR スマイル ハスラー 価格帯:136万5100〜174万6800円

元祖「遊べる軽」として登場し、キャッチーなデザインと高い走行性能、たっぷり積める使い勝手のいい荷室などを備えたクロスオーバーSUV。ラフロードもこなせる走破性能を持つことも強みの一つだ。 [写真タップで拡大]

スズキ軽の代表モデル

スズキ ワゴンR スマイル ワゴンR 価格帯:116万3800〜177万6500円

スズキ軽の中心的存在で、1993年に初代がデビューした人気ベーシックモデルだ。広い室内とパワフルな走りに加え、スズキ最新のエコ技術も投入されて、現行モデルでは上質感と低燃費を両立。精悍なスティングレーもある。 [写真タップで拡大]

※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」