ニュース
» 2022年01月22日 14時00分 公開

最新メカニズム&装備で超絶進化! 新型ノア&ヴォクシー、ついに登場 性能・装備のポイントを解説

ファミリー層に人気! トヨタ「ノア」「ヴォクシー」がフルモデルチェンジ。早速気になるスタイルと装備を解説します。

[月刊自家用車WEB]
月刊自家用車WEB

TNGA技術に連なる、GA-Cプラットフォームを採用

 ファミリーユーザーから絶大な人気を集めるトヨタ・ノア&ヴォクシーが待望のフルモデルチェンジを実施。4代目となる新型は、最新ミニバンと名乗るにふさわしい、多くの武器が与えられていることが特徴だ。

トヨタ ノア ヴォクシー トヨタ「ノア」「ヴォクシー」(価格帯:ノア 267万〜389万円/ヴォクシー 309万〜396万円
トヨタ ノア ヴォクシー トヨタ ノア ヴォクシー トヨタ ノア ヴォクシー トヨタ ノア ヴォクシー トヨタ ノア ヴォクシー トヨタ ノア ヴォクシー トヨタ ノア ヴォクシー トヨタ ノア ヴォクシー トヨタ ヴォクシー ヴォクシー

 まず注目したいのはクルマの骨格となるプラットフォームの刷新。近年登場した多くのトヨタ車と同様に、TNGAプラットフォーム(GA-C)を初採用。新型は、初代から受け継ぐ優れた「パッケージング」と「使い勝手」に加えて、動的質感の面が強化されたことが予想できる。

プレミアムキャラを意識した、内外装の質感向上も見どころ

 ボディスタイリングは、ノアは標準ボディとエアロボディ車、ヴォクシーにはエアロボディ車を設定。ノアには「堂々・モダン・上質」と「王道・アグレッシブ」の2つのキーワードを、ヴォクシーには「先鋭・独創」をキーワードとした、個性的な3つの世界観を持つモデルを用意する。

 キャビンのセカンドシートも、仕様が異なる3タイプ(キャプテンシート:7人乗り、ベンチシート:7人と8人乗り)が設定。キャプテンシート車には、クラス初となるオットマン機構とシートヒーターに加え、折りたたみ式大型サイドテーブルなども装備される。歴代モデルから受け継ぐ広大なキャビン空間という魅力に加えて、上級ミニバンに匹敵する快適性の充実も意識されていることも見逃せない。

トヨタ ノア ヴォクシー ブラックアウトしたスリムなフロントピラーや水平基調で低くワイドに構えたインストルメントパネル、ドアトリムに加え、アシストグリップやエアコン吹き出し口など機能的に配列したルーフ周りが、スッキリとした見晴らしの良い開放的空間を実現。 [写真タップで拡大]
トヨタ ノア ヴォクシー キャプテンシート車は、ストレート超ロングスライド(スライド量745mm)を実現。快適性や利便性の良さも追求している。 [写真タップで拡大]
トヨタ ノア ヴォクシー 3人掛けベンチシートタイプの6:4分割チップアップシートを採用。パッケージオプションとして、手すり付きの専用2人掛けベンチシートタイプも選ぶことができる。 [写真タップで拡大]
トヨタ ノア ヴォクシー パワースライドドア装着車に「ユニバーサルステップ」(助手席側)を設定。パワースライドドア開閉と合わせて、ドア下部からステップを展開・格納する構造を持つ。 [写真タップで拡大]

注目集まる、駐車支援機能も大幅に強化

 トヨタセーフティセンスの強化に加えて、駐車支援機能「アドバンストパーク(リモート機能付)」も設定。他モデルでも採用されているバック駐車機能に加えて、前向き駐車に対応。さらに前向き/バック出庫も可能になっている。

 ハイブリッド車には、ドライバーがスマートキー携帯時に車外から専用アプリをインストールしたスマートフォンを操作することで、駐車および出庫が可能なリモート機能もトヨタ車として初採用。子供や高齢者の方を広い場所で乗り降りさせてあげたい時やトランクから荷物を取り出す際など駐車時の使い勝手を向上している。

トヨタ ノア ヴォクシー 駐車支援機能も大幅に強化。スマホ操作で駐車・出庫ができる

ハイブリッドも改良ユニットを採用。動的性能にも期待大

 パワーユニットは、2リッターガソリン車と1.8リッターハイブリッド車を設定。ガソリン車はダイナミックフォースエンジンの搭載、ハイブリッド車は改良が加えられた最新ユニットに進化したことで、スペック数字はもちろんのこと、リアルワールドでの力感や実燃費なども強化されていることが予想できる。

トヨタ ノア ヴォクシー 1.8L直列4気筒DOHCエンジン(2ZR-FXE)を採用した新世代ハイブリッドシステムは、全ての電動モジュールを刷新。モーター・バッテリーの高出力化とシステムの高効率化により、ミニバンにおいても心地よい加速と優れた燃費性能を高次元で両立。※WLTCモード走行燃費23.4km/Lを達成。 [写真タップで拡大]

ウェルキャブ(福祉車両)モデルのラインアップを拡充

トヨタ ノア ヴォクシー ウェルキャブ(福祉車両)は、多彩な仕様を型式指定自動車として設定。持ち込み登録の手間が省け納車までの時間を短縮できるという。要望の高いハイブリッド車にも設定されている。 [写真タップで拡大]

文/まとめ:自家用車編集部(初出:2022年1月14日)
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。


トヨタ ヴォクシー ヴォクシー (参考)トヨタ純正/MODELLISTAカスタムパーツを装着した「新型ノア MODELLISTA」(東京オートサロン2022出展車)

おすすめ記事

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声