ニュース
» 2022年01月29日 14時00分 公開

手足を離しても倒れない! 転ぶ不安を消し去るホンダの「自律バイク」とは(1/2 ページ)

バイクなのに転ばない……! バイクへのハードルを下げ、事故軽減なども期待される革新技術、ホンダの「転ばないバイク 2.0」に乗ってきました。

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン

 バイクで転びやすいのは、停止時やごく低速時。そんな状況で補助してくれるバイクをホンダが研究している。二足歩行ロボット・アシモで培った技術を生かし、前後輪でバランスを取り続けることで直立をキープ。実現すれば、バイクへのハードルを下げ、事故が減る革新技術だ。

ホンダ 転ばないバイク 手足を離しても倒れない! ホンダが研究を進めている転ばないバイク技術「ライディングアシスト2.0」
ホンダ 転ばないバイク ホンダ 転ばないバイク ホンダ 転ばないバイク ホンダ 転ばないバイク ホンダ 転ばないバイク ホンダ 転ばないバイク ホンダ 転ばないバイク ホンダ 転ばないバイク ホンダ 転ばないバイク ホンダ 転ばないバイク ホンダ 転ばないバイク

自然な乗り味を重視。操る楽しみは奪わない

 空車状態のバイクがスタンドなしで直立している。ライダーが乗り込むと、2km/hの極低速でも倒れることなく旋回していく。栃木県のテストコースでホンダが報道陣に公開した自立バイク「ライディングアシスト2.0」は驚きの技術だった。

 これは2017年のCESや東京モーターショーで公開されたライディングアシストの進化版。従来は、前輪のみ左右に動かしたりキャスター角を変動させることでアシストしたが、2.0はキャスター可変機構を廃しつつ、前輪に加え後輪にもバランス機構を追加した。

ホンダ 転ばないバイク ホンダ ライディングアシスト2.0 。空車状態、スタンドなしで直立する [写真タップで拡大]
ホンダ 転ばないバイク 【アシモの魂をインストール】アシモなど2足歩行ロボットに携わってきた本田技術研究所の秋元一志氏が開発を担当。ロボットの姿勢制御技術を応用しており、「バランスを取る物理の原則はロボもバイクもほぼ同じ」という
ホンダ 転ばないバイク 【ライディングアシスト1.0】ホンダは2017年に2輪姿勢制御技術を公開。前輪を前後左右に動かすことで自立可能だった。大きな制御が入ったが、これを2.0で解消した。なお当時話題になった自律運転機構は2.0では非装備

 従来型はステアリングに強い制御が入るため、曲がりたい時に介入がなされ、ライダーには違和感があった。一方の新型は、車体後部にサーボモーターを使い、リヤタイヤと車体を左右にスイングさせる揺動機構を採用した。前輪のステアリング制御と合わせて車体のバランスを保つ。人間も倒れそうになるときは反対側に重心を移動してバランスを取るが、理屈としては同様だ。

 この機構によって、ステアリングに影響を与えにくく自由に車体がロール可能に。20km/h以上では制御をカット。より自然でライダーの動きをジャマしない乗り味になったのだ。

 自動運転のように介入の度合いが大きければ、バイクの醍醐味である操る楽しみが失われてしまう。だが、そこはホンダ。きっちり対応してきた。

 「実用化はまだまだ先」とのことだが、この機構があれば立ちゴケやUターンなど極低速の旋回といった転びやすい状況も安心。ホンダは2050年までに事故死者ゼロを目指すと宣言したが、2輪で核となる安全技術であり、万人にバイクが身近となる。ぜひ実現してほしい!

ホンダ 転ばないバイク 【フロントはシンプル】アクチュエーターとリンク機構でステアリングを左右に切ってバランスを制御。リヤに比べてシンプルで、補助的な機構となる
ホンダ 転ばないバイク 【メーターでモニタリング】メーターパネル上で重心移動を細かくモニタリング。ちなみに大きな力やイレギュラーな状況では転倒する。こうした研究はこれからだ
ホンダ 転ばないバイク 【リヤにシステムが集中】スイングアーム以後を丸ごと交換。バイクの傾きと同方向に動かし、復元力を発生させる。後輪左側にモーターを装着して電動化したが、エンジンでも同様に自立可能という
ホンダ 転ばないバイク 【人車の傾きを一体的に検知】ライダーの重心ズレと、IMU(姿勢センサー)による車体の一体センシングによって、車体&後輪スイングを制御。さらに自動でステアリングを切るが、後輪より介入の比率は少ない。システムの重さは40kg程度という
ホンダ 転ばないバイク 1.0は前輪のみのアシストで大きくステアリングを切る必要があったが、前後アシストの2.0(画像=右)では前輪への制御が減り、動きが自然だ
ホンダ 転ばないバイク 【激しくお尻を振って車体をキープ】常に少し揺れながら自立を保ち、バランスが崩れると大きくテールを振って倒れない。「乗っていて安心感が強い」とテストライダー。リヤの動きはほぼ違和感がなく、フロントは移動量が少ないものの、動きは感じるという。実験車両はNM4がベース。ホイールベースが長く、安定感が高いことが選定理由だ。 [写真タップで拡大]

ホンダが宣言 2050年までに2輪&4輪が関与する交通事故の死者ゼロに

 ホンダは2021年11月25日の記者会見で「2輪&4輪が関与する交通事故死者を2050年までにゼロとする」という目標を掲げた。さまざまな安全技術が公開され、今回の2輪自立機構もその一環だ。4輪では、運転中の脳の状態を把握することで事故を未然に防ぐ技術、人工知能やネットワークによるアシスト技術なども公開。安全教育にも力を入れ、まずは2030年までに死者半減を目指す。

       1|2 次のページへ

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  7. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声