ニュース
» 2022年02月12日 14時00分 公開

ホンダ「新型モンキー125&スーパーカブC125」試乗比較インプレッション 味わいは不変。さらに上質に進化

かわいく楽しくカッコイイ125cc、モンキー125とスーパーカブC125がモデルチェンジ。どこが進化したのか、何が楽しいのかをズバッとチェックします!

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン

 2021年3月に発売された新型グロムに続き、同系のエンジンを搭載するモンキー125とスーパーカブC125がモデルチェンジした。平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合するため、ボア×ストロークを変更した新型エンジンを搭載しているのが最大のポイントで、モンキー125はグロムと同様にミッションを4段から5段へと増やしている。小排気量車にとって新排ガス規制の影響はどれほどのものか、じっくり試乗比較を行なった。

新型モンキー125&スーパーカブC125試乗インプレッション モデルチェンジした「モンキー125」と「スーパーカブC125」をチェック
新型モンキー125&スーパーカブC125試乗インプレッション 新型モンキー125&スーパーカブC125試乗インプレッション 新型モンキー125&スーパーカブC125試乗インプレッション 新型モンキー125&スーパーカブC125試乗インプレッション
新型モンキー125&スーパーカブC125試乗インプレッション 【テスター:大屋雄一】セロー最終型に乗り換えたことで小排気量空冷シングルの楽しさに目覚めたモーターサイクルジャーナリスト。スーパーカブを買い増しするにあたり、今回の試乗は有意義だったという。

モンキー125:イメージは変わらずモンキーらしさ健在

 まずは変更箇所の多い「モンキー125」からチェックしよう。従来はタイプ設定としてABSの有無が選択できたが、新型はABSのみとなった。

 ハンドクラッチ式のマニュアルミッションを採用するエンジンは、グロムと同様に4速から5速となった。各ギヤの変速比はグロムと共通で、2次減速比のみが異なるが、これはタイヤの外径の違いを補正するものだろう。

 新型グロムに試乗したときにも感じたが、発進加速は力強い。1速での吹け切りがやや早くなっているようにも感じたが、小気味良くシフトアップしていけば流れの速い幹線道路でも遅れることはないし、ギヤを固定したまま巡航している際のスロットルレスポンスも申し分なし。従来のイメージがそのままだったことに少し安堵した。

新型モンキー125&スーパーカブC125試乗インプレッション 【2021 HONDA MONKEY 125:エンジンは新型に、走りはモンキーのまま】モンキー125は、前後8インチ&50cc時代の走りの雰囲気を抽出しながら、現代の交通事情に合うよう絶妙にアレンジされており、そのサジ加減が素晴らしいと感じた。新型はその流れを完璧に受け継いでおり、価格据え置きも立派。 [写真タップで拡大]

 さて、注目の5速化について。最高出力が9.8psから10psへと微増したグロムの方は、こまめにシフトして中高回転域を維持するというスポーティーな楽しみ方ができる。5速化は大正解だと感じた。

 これに対して9.4psのままのモンキーは、高回転域まで引っ張ってもグロムほどの力強さは感じられず、その手前でシフトアップしたくなるのだが、タイミングが早いと加速が弱まるので、ギヤのつながりがスムーズでないと感じることがあった。とはいえ、低中回転域では街乗りに十分なトルクがあるので、せわしなくシフト操作する必要はないのでご安心を。

 ハンドリングについて、影響しそうなスペックの変更はホイールベースの10mm短縮ぐらいだ。それとアナウンスはないものの、リヤショックのスプリングがシングルレートからダブルレートになっており、その影響を受けてかシート高が1mmアップしている。とはいえ、基本的な操縦安定性のイメージは大きく変わっていない。グロムよりも軸距が55mm短く、クイックに向きを変える特性は50cc時代の雰囲気をうまく再現している。着座位置が後ろ寄りのため、常に前輪荷重が少ないように感じられるが、法定速度の上限60km/hでギャップを通過しても車体の振られはすぐに収束するし、特に問題ない。

 標準装備となったフロントのみが作動する1チャンネルABSは、ドライ路面であればまず介入することはないはず。わざとレバーを強く握って作動させてみたが、ビギナーを驚かせるような挙動はなし。継続生産車は2021年10月からABSが義務化されたためモンキーも……という流れだが、エントリーユーザーが少なくない原付二種だからこそこれは素直に歓迎したい。

スーパーカブC125:4速より3速を多用。さらに上質さがアップ

 続いては、遠心クラッチ&4段ミッションを採用する「スーパーカブC125」だ。

 モンキー125やグロムは5速化に伴い、クラッチ機構をクランク軸からメイン軸に移すなど大胆に手が加えられたが、C125は4段のままであり各ギヤの変速比も従来型から変更なし。ストロークが伸ばされたことでクランクが新規となり、その影響を受けてか1次減速比が変わっているが、同時にリヤスプロケットを36Tから35Tにしているので、総減速比はほとんど同じといって差し支えない。

新型モンキー125&スーパーカブC125試乗インプレッション 【2021 HONDA SUPER CUB C125:ラグジュアリーさにさらに磨きをかける】ケーブル類の露出を極力抑えた外観、スマートキーの採用など、シリーズの中でも上質さで群を抜くC125。あえて5速化しなかったのは、現状のシフトフィールを崩したくなかったからでは、などと思ってしまうほどに素晴らしい。 [写真タップで拡大]

 1速にシフトし、スロットルを徐々に開ける。遠心クラッチのつながりは早く、そこからスルスルとスムーズに加速する。シフト操作時の滑らかさや節度の良さは、専用のシフトドラムベアリングやシフトアームラバーなどの採用によるもので、大排気量車でもここまで質感のいいシフト操作を味わわせてくれるモデルはそうそうない。

 そして、モンキー125と同系の横型エンジンとは思えないほど微振動が少なく、高回転域ほどその差が顕著に。付け加えると、新型はその印象がさらに強まっており、特にスロットル全閉から開けたときのレスポンスがわずかながら優しくなっているように思う。

 最高出力は9.7psから9.8psへと微増しているが、その違いは分からずじまい。一方で気になったのは、従来は4速までシフトアップしたらあとはオートマ感覚で走れていたのに、新型は無意識に3速を多用していたこと。最大トルク10Nmは変わらないが、その発生回転数が5000rpmから6250rpmへと高回転側に移動していることから、その影響も考えられよう。

 このスーパーカブC125、これまでABSはタイプ設定すらなかったのだが義務化に伴いついに標準装備された。モンキー125と同様に1チャンネルだが、握りゴケを減らせるという点では大きな安心材料となろう。

 なお、両車に共通する小さくないメリットとして、新型エンジンのオイルエレメント新設が挙げられる。これまでは遠心分離式のオイルフィルターとオイルポンプのすぐ近くにある金属のネットのみだったが、新型は一般的なエレメントを追加。より微細な不純物を取り除けるようになり、結果的に長寿命につながることは間違いない。

 走りのイメージを変えずに厳しい排ガス規制に対応した2台。今回のモデルチェンジにホンダの執念を見た。

文:ヤングマシン編集部(大屋雄一)、写真:真弓悟史(初出:2021年1月15日)
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。


Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声