ニュース
» 2022年02月27日 14時00分 公開

JAFがガソリン高騰に対して声明発表 この機会にガソリン価格について真剣に考えてみよう 多事走論 from Nom(1/2 ページ)

ガソリン価格が高騰しています。追い打ちをかけるように世界的緊迫事態も……。元売りに国から補助金も出ているといいますが、なぜ実売価格は下がらないのでしょうか。そもそもなぜこんなに高いのでしょうか。

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン

 ガソリン価格の高騰は止められないのか……。産油国の事情や先物取引に翻弄されるだけでなく、地球温暖化防止策として世界が脱炭素・脱石油へと大きく舵を切ったことも原因になっていますが、これに輪をかけてガソリンの高値を誘導しているのは不可解な税制です。これに対し、JAFが声明を発表しました。

ガソリン価格が高騰しています ガソリン価格の急騰が止まらない(写真:PhotoAC)
ガソリン価格が高騰しています ガソリン税の税率 ガソリンの二重課税の仕組み

ガソリン価格の急騰が止まらない バイクでも満タンで4000円……なんていうケースも

 ガソリン価格の急騰が止まらない。

 2021年になってから上がり始めたガソリン価格(レギュラー1リットル・全国平均価格)は、2月に140円台になってから、3月末に150円台、10月に160円台、12月には170円台に突入しました。

 2022年になっても、依然として160円台後半から170円台と高止まりの状態が続いていて、経済産業省資源エネルギー庁の最新の調査では、171円/1Lとなっています(2022年2月14日発表時点)。

 さらに、輸入車や高性能スポーツバイクに指定されているハイオクに至っては、2020年5月に135.7円(1L・全国平均価格)を記録して以降、ずっと上昇を続けて、2022年1月24日にはついに180円台を突破し、2月14日時点で182円/Lとなりました。

 ガソリンを入れるたびに「高い!」と思ってしまっているはず。クルマよりタンク容量の小さなバイクでも、大型バイクではレギュラーでもハイオクでも満タン給油すると4000円を超えてしまうような状況です。

ガソリン価格が高騰しています 筆者が普段使っている近所のガソリンスタンドでは、2月16日時点のレギュラーガソリン価格が164円/Lだった。他と比べても価格の安いスタンドだと思っているが、それでもこの価格だ

 この事態を受けて、日本自動車連盟(以下、JAF)は2022年2月7日に声明を発表しました。

 「今こそ、ガソリン価格を抑えるために『当分の間税率の廃止』および『Tax on Taxの解消』を、という見出しから始まるその声明の内容は、

  1. ガソリン税等に上乗せされ続けている「当分の間税率」を廃止すべき
  2. ガソリン税に消費税が課税されている「Tax on Tax(二重課税)」という不可解な仕組みを解消すべき

 というものです。

 今回のガソリン価格の急騰にあたって、政府は価格抑制のために石油元売り会社に補助金を支給することにしました。これは、レギュラーガソリンの価格が1Lあたり170円を超えた場合、ガソリン価格のそれ以上の上昇を防ぐために170円との差額分を政府が補助するという時限処置です。その額は2022年2月15日現在、1Lあたり5円です。

 とはいえ、その補助金分、ガソリン価格が安くなっているかというと、はっきり言ってその効果はほとんど見られず、相変わらずの高止まりの状況が続いています。

なぜ補助金分の価格抑制がかなわないのか

 では、なぜ補助金分の価格抑制がかなわないのか。

 石油元売り会社は、政府からの補助金を全額、卸売価格に還元していると言いますが、私たちユーザーがガソリンを購入するガソリン小売店、つまりガソリンスタンドでの小売価格は、石油元売り会社が決めるものではありません。

 ガソリンの小売価格の決定権は個々のガソリンスタンドにあって、それぞれの販売店の経営戦略や、地域性、周辺のガソリンスタンドとの競争など、さまざまな要素が加味されて価格が決められています。卸売価格が下がったからと言って、その減少分がすぐさま価格に反映されるかどうかは販売店の判断次第になっています。

 さらに、ガソリンスタンドが在庫しているガソリンが、補助金が助成される前に仕入れたものであれば、その補助金分を差し引いた小売価格にするとガソリンスタンドにとっては損失が生じてしまいます。

 このように、石油元売り会社からガソリン小売店にガソリンが輸送され、それがユーザーに販売される過程でタイムラグが生まれてしまうことも、補助金の効果が如実に表れていない一因のようです。

 つまり、今回の補助金はガソリンの小売価格上昇を抑制する効果は少ないと言わざるを得ないのです。

 JAFの声明にあるように、確実にガソリン価格上昇を抑制するにはより効果的な手段を取るべきだと、常識的に考えると誰もが思うはずです。

       1|2 次のページへ

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声