ニュース
» 2022年03月06日 14時00分 公開

昔のクルマは「タイヤ」もカッコよかった?

「昔のクルマはよかった」という人は多いです。雰囲気のあるクラシックカーの秘密、実は……。

[月刊自家用車WEB]
月刊自家用車WEB
クラシックカーのカッコイイ雰囲気はタイヤにもあった クラシックカーの雰囲気の秘密は当時装着されていたバイアスタイヤにある
クラシックカーのカッコイイ雰囲気はタイヤにもあった ラジアルタイヤとバイアスタイヤ、デザインの違い バイアスタイヤデザインのクラシックカー向けラジアルタイヤ バイアスタイヤデザインのクラシックカー向けラジアルタイヤ

バイアスタイヤとラジアルタイヤの違い、気づいてましたか?

 「今のクルマには魅力がない。昔のクルマは良かった……」と言う人は多い。そんな人たちに気づいて欲しいのは「昔のタイヤはカッコよかった」ということ。

 今ではラジアルタイヤが主流だが、その昔はバイアスタイヤを履いていた。ジグザグだけのトレッドパターンに、コーラ瓶のようなシルエットはバイアスタイヤの特徴だ。

ラジアルタイヤとバイアスタイヤ、デザインの違い ラジアルタイヤとバイアスタイヤのデザインは、サイドウォールの刻印だけでなくトレッド面やシルエットも大きく異なる

 だからクラシックカーにラジアルタイヤを履くと、足元だけ現代風になってしまう。例えるならヴィンテージジーンズにエアマックスを履く感じ。ま、それを1990年代風だとあえて狙うニッチな上級者は別として、やっぱり1950〜1970年代のクルマには、当時の雰囲気のタイヤを履きたいというもの。

 しかし、ゴムでできたタイヤには寿命があって消耗品。しかも命を預ける重要なパーツだ。だから当時モノを履くことは現実的でないし、無理というもの。そこで、拘りのクラシックカーマニアのために復刻版バイアスタイヤが発売されており、当時の雰囲気を維持することも可能である。

「見た目バイアス、中身はラジアル」の夢のクラシックカー用タイヤ!

 しかし、バイアスタイヤはラジアルタイヤに比べて安定性と高速性能が低いことは、当時から言われていた。ラジアルタイヤに履き替えれば性能はアップするが、見た目が現代的だし、当時の純正とはサイズも異なる。

 「ならばバイアスタイヤのデザインを、ラジアル構造でつくればいいじゃない」と、クラシックカーオーナーの思いを実現したのが、大阪の空冷VWショップ「ガレージビンテージ」が発売したAUTOBAHN《R》(アウトバーン・アール)タイヤだ。

バイアスタイヤデザインのクラシックカー向けラジアルタイヤ このAUTOBAHN《R》タイヤは、バイアスのカタチだけどラジアル構造という夢のタイヤだ

 空冷ビートルの新車時タイヤのデザインをできる限り忠実に再現しながら、構造はスチールベルト・ラジアルを実現。しかも価格は同サイズのバイアスタイヤよりも低く抑えた。

 ラジアルとはいえ接地面が細くハイトの高いタイヤは性能が低いのではないかと疑問を抱くが、乗ってみると一般的なラジアルよりも乗り心地がよく、ハンドルも軽くて運転しやすい。

 バイアスではわだちにハンドルを取られたり、高速走行で不安定に感じる場面があるが、ラジアル構造になることで安定性がバツグンに向上。タイトな峠道も、首都高の高速コーナーも、100km/h巡航も、タイヤに不安を感じることはない。現代の公道の流れに乗って走るならば、これがベストマッチなのだ。

バイアスの雰囲気を知ってしまった旧車オーナーは今後も注目だ!

今後、クラシカルなホワイトウォールも発売予定。 [写真タップで拡大]

バイアスタイヤデザインのクラシックカー向けラジアルタイヤ 今後、クラシカルなホワイトウォールも発売予定

 2022年現在、AUTOBAHN《R》タイヤは空冷ビートルサイズの5.60R15ブラックウォールをラインアップ。さらに、ひときわクラシックな雰囲気を放つ5.60R15ホワイトウォールと、VWバス用の6.40R15ブラックウォールの追加が2021年のStreet VWs Jamboreeにて発表された。どちらも2022年春の発売を予定している。

 VWではなくても15インチのホイールに装着可能。ポルシェ356、MGA、オースチン、ジャガー、ヒルマンミンクス、トヨペットクラウンなど、近いタイヤサイズのクラシックカーをお持ちの方も必見である。

 なお「ガレージビンテージ」ではバイアスタイヤも多数取り扱っている。ラインアップは同社Webサイトをチェックしてほしい。


文/まとめ:ストリートVWs編集部(初出:2022年2月3日)
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

おすすめ記事

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響