ニュース
» 2022年04月11日 16時00分 公開

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:ストリートスポーツビッグバイク部門【隼が総合部門との2冠を達成】

読者投票で人気ナンバー1を選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツビッグバイク部門の結果発表。

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン
ヤングマシン MOTY マシン・オブ・ザ・イヤー バイク

 読者投票で人気ナンバー1を選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツビッグバイク部門ではスズキのハヤブサが選ばれ、総合部門と同時受賞を果たした。

やっぱり強い、隼が余裕のV

 例年、各部門では総合部門とは異なるマシンが選ばれ勝利するのだが、今回は総合部門に続いて復活のハヤブサが2冠を達成。根強い人気を見せつけた。以降3位まで総合と同じ順番で、Z900RS/CB1100が続いた。特にCBは前回の圏外から大幅にランクをアップしての表彰台だ。

 前回3位のYZF‐R1、6位のCBR600RRらSS勢が圏外となり、メグロK3や全面刷新を受けたMT‐09がランクイン。たびたび部門勝利を飾ったニンジャH2は’21でラストだが、票を集めきれず8位でフィニッシュした。

第1位:スズキ ハヤブサ〈298票〉堅実な姿勢を読者も支持!

ヤングマシン MOTY マシン・オブ・ザ・イヤー バイク [写真タップで拡大]

 人気のZに大差をつけてゴール。3代目は従来型をベースにしながら、エンジンの内部パーツをほぼすべて一新するなど異例の手法で実用域のトルクを増強。隼らしさを堅持しつつ、空力性能を追求した点などが支持された。

【読者の声:憧れであり、唯一無二の存在!】●年間バイク35台試乗して、一番興奮した(東京T.K.) ●「継続は力」の体現者。メーカーと開発陣に敬意を表したい(千葉J.M.) ●ハヤブサらしさは維持されつつ、より洗練さ、カッコよさが増したように感じたから(東京T.T.) ●ZX-14Rがない今、国内メガスポーツとして唯一無二の存在だから(愛知S.M.)

第2位:カワサキZ900RSシリーズ〈171票〉部門別でも王座目前

ヤングマシン MOTY マシン・オブ・ザ・イヤー バイク [写真タップで拡大]

 前年から順位を1つアップした現代版Z。デビューイヤーの’18年に同部門で優勝して以来、王座から遠ざかっているが、’22年は待望のSEが発売され、50周年記念車も登場。そろそろ2勝目なるか?

【読者の声:カッコよすぎ&バランスよし!】●2輪業界を引っ張り続けている(愛知T.H.) ●注文している。ネイキッドに興味なかったが、かっこよすぎ(山形M.S.) ●人生の最後に乗るなら昔ながらのバイクと思い、選択(神奈川T.M.) ●すべてにおいてバランスが良い(東京K.E.)

第3位:ホンダCB1100シリーズ〈130票〉爆アゲで有終の美!

ヤングマシン MOTY マシン・オブ・ザ・イヤー バイク [写真タップで拡大]

 現行唯一の空冷直4モデルだったが、’21年10月に生産終了が発表。11年の歴史に幕を降ろした。ファイナル仕様は注文が殺到し、注文が早期終了するほどの人気に。長い歴史を持つ空冷直4を惜しむ声が多数寄せられた。

【読者の声:「残念」「マジか」の悲鳴が……】●鷹揚というコンセプトがドンピシャの味わい深いバイク(栃木T.K.) ●空冷4発という奇跡(群馬A.T.) ●CB750フォアから半世紀にわたり続いた4気筒空冷E/G搭載CBシリーズの集大成にふさわしい(三重S.O.)

MOTY ストリートスポーツビッグバイク部門:1〜10位

ヤングマシン MOTY マシン・オブ・ザ・イヤー バイク [写真タップで拡大]

※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声