ニュース
» 2022年04月18日 12時00分 公開

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:ストリートスポーツ250cc部門【クラス唯一の4気筒が2年目の快挙】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」ストリートスポーツ250cc部門の結果発表。

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン
ヤングマシン MOTY マシン・オブ・ザ・イヤー バイク

 読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ250cc部門ではカワサキのニンジャZX-25Rがデビューイヤーに続き2連覇の快挙。“250cc4気筒”という独自の地位を築き上げて、’21年も根強い人気を誇った。

唯一の4気筒が底力。最多得票で一人旅!

 ’20モデルでデビューした現行唯一のニーゴー4気筒=ZX-25Rが、前年に続き2連覇を飾った。得票数は全部門を通じて最多。前回1位を飾った総合部門では奮わなかったものの、やっぱり強い! これに続くCBR250RRは、’21で3ps増の41psを達成したものの人気はZX-25Rに及ばず、’20年と同じ順位。ツイン勢ではトップの成績だ。3位はジクサーSF、5位にはCB250Rが入り、シングル勢も根強い支持があることを証明した。

第1位:カワサキ ニンジャZX-25Rシリーズ〈739票〉2年目も人気は健在!

ヤングマシン MOTY マシン・オブ・ザ・イヤー バイク [写真タップで拡大]

 バリオスII以来13年ぶりに登場した250cc4気筒として、’20年の台風の目になった本作。2年目も支持は圧倒的で、2位に5倍もの大差をつけて2連勝を挙げた。サウンドやスポーツ性能など、エンジン面が称賛されたのはもちろん、カワサキの心意気を評価する読者も多かった。’22年2月、SEに新色が登場し、ワンメイクレースも継続予定だ。

【読者の声:存在すること自体が素晴らしい!】●サーキットで全開を味わいたい(神奈川J.S.) ●4気筒マルチながら抑えられた価格。女性でも扱いやすいマルチな才能がある(宮城Y.S.) ●その昔、一世を風靡したクォーターマルチの再来。カワサキに感謝です(愛知M.H.) ●250唯一の4発エンジン。この環境下で市販してる時点で賞賛に値する(千葉T.N.)

第2位:ホンダCBR250RR〈145票〉実力は一線級!

ヤングマシン MOTY マシン・オブ・ザ・イヤー バイク [写真タップで拡大]

【読者の声:未だクラス最強の呼び声も高い】●SS乗りの入門指導者(車)と私は呼びたい(東京T.K.) ●個人的にクラス最強と思います。クイックシフター装着すれば破格の走り(広島S.S.) ●元の愛車。絶対250クラスで一番楽しい(茨城M.M.)

第3位:スズキ ジクサーSF250〈131票〉逆襲の油冷!

ヤングマシン MOTY マシン・オブ・ザ・イヤー バイク [写真タップで拡大]

【読者の声:安い、燃費ヨシ、カッコイイ】●燃費モンスターであるところ(北海道K.H.) ●油冷復活が嬉しかった。単気筒とは思えない走りとフォルムに惹かれた(秋田M.A.) ●安い(東京S.A.) ●油冷エンジンに胸が熱くなります(東京T.M.)

MOTY ストリートスポーツ250cc部門 1〜5位

ヤングマシン MOTY マシン・オブ・ザ・イヤー バイク [写真タップで拡大]

※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響