ニュース
» 2022年04月22日 12時00分 公開

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:オフロード部門【セロー涙のファイナルから2連覇】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」アドベンチャー系を含むオフロード部門の結果発表。

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン
ヤングマシン MOTY オフロード

 読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。アドベンチャー系を含むオフロード部門では、’20年で生産終了となったロングでラーモデル・セロー250が、強豪アフリカツインと競り合い、2連勝を飾った。

37年目、最後の花道を飾った!

 アドベンチャー系を含むオフロード部門は、’85年デビューのセローが涙のファイナルとなり、見事栄冠を勝ち取ったのが前回。今回はエントリーから外れると思いきや、ラインアップに残っていたため、継続参戦する事態に。結果、前年と同様またも強豪アフリカツインと競り合い、セローが2連勝を果たした。3位は全面刷新したトレーサー9GTで、ランク外から躍進。同率でスズキのアドベンチャー旗艦、Vストローム1050が3位に入った。

第1位:ヤマハ セロー250ファイナルエディション〈248票〉ラストで2連覇!

ヤングマシン MOTY オフロード [写真タップで拡大]

 “マウンテントレール”という独自の世界観で初代225が登場したのは’85年。熟成を重ねてきたが、規制強化により’20モデルで生産終了となった。ファイナル仕様は初代イメージの車体色と特製エンブレムが特徴だ。近年は’15/’18年と勝ち星を挙げており、今回で連覇も達成した。

【読者の声:万能さと扱いやすさが愛された】●なんでなくなってしまうのか、残念でならない。最高のマシン(福岡K・S) ●2台持ち可能なら絶対欲しい(東京T・H) ●愛される日本のオフローダー(北海道M・I) ●スニーカーの様に何にでも使えて扱いやすい(三重K・N) ●今後のヤマハに期待します(岩手M・M)

第2位:ホンダCRF1100Lアフリカツインシリーズ〈202票〉安定の冒険王

ヤングマシン MOTY オフロード [写真タップで拡大]

 ’16の登場から通算3勝を挙げているホンダの最高峰アドベンチャー。’20で1000→1100に強化し、さらに戦闘力と人気を高めた。セローが消えた次回以降、長期政権を築くか?

【読者の声:性能に絶賛集まる】●大型でもオフが楽しめる(兵庫M・H) ●素晴らしさは乗った人間しかわからない。一度乗ると、他のアドベンチャーは選択肢に上がらなくなる(群馬A・T) ●山で遊ぶってなったらこれかな!(北海道R・K)

第3位:ヤマハ トレーサー9GT〈133票〉刷新で大躍進!

ヤングマシン MOTY オフロード [写真タップで拡大]

【読者の声】●新型となり出来がよかった(京都D・Y) ●コスパが良いから(千葉T・F) ●豪華装備とデザインがすばらしい(神奈川A・M)

第3位:スズキ Vストローム1050/XT〈133票〉旗艦が意地の表彰台

ヤングマシン MOTY オフロード [写真タップで拡大]

【読者の声】●デザイン良いしお値段もいい感じで欲しい(岡山K・Y) ●積載量が他のバイクを凌駕するしなにより燃費が凄まじい(和歌山S・M)

MOTY オフロード部門 1〜5位

ヤングマシン MOTY オフロード [写真タップで拡大]

※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響