ニュース
» 2022年04月23日 17時00分 公開

岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ アイデンティティーを守りつつ進化するというカッコよさ(1/2 ページ)

驚きました! こんなに印象が変わっているなんて。スーパーカブC125、新型になって激変、めちゃくちゃ乗りやすくなっていました!

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン

 日本の道路の原風景の1つ=スーパーカブ。岡崎静夏さんもお気に入りの1台です。今回は2021年9月にリリースされた新型「スーパーカブ C125」に試乗。「大きな進化が感じられた」ようです。

岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ 「走りは別物にアップグレード!」 岡崎静夏がスーパーカブ C125をチェック
岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ 岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ テスターはレーシングライダーの岡崎静夏さん 岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ 岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ 岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ 岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ 岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ 岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ 岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ
岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ 【2021 HONDA SUPER CUB C125】初代スーパーカブC100は、本田宗一郎と藤澤武夫の直接指揮により開発され、1958年にデビュー。以降、長きにわたり愛され続けている。C125最新モデルは2021年9月登場。従来型に対し、エンジンをロングストローク化し出力特性を見直した。ABSも標準装備だ。■全長1915 全幅720 全高1000 軸距1245 シート高780(各mm) 車重110kg ■水冷4スト単気筒OHC2バルブ123cc 最高出力9.8ps/7500rpm 最大トルク1.0kg-m/6250rpm 常時噛合式4段リターン 燃料タンク容量3.7L ■タイヤサイズF=70/90-17M/C R=80/90-17M/C ●色:パールニルタバブルー パールネビュラレッド ●価格:44万円
テスターはレーシングライダーの岡崎静夏さん 【テスター:岡崎静夏】チャーミングな笑顔でも、中身はスパルタンな「バイクフリーク」。2009〜2010年のMFJレディースロードレースで2年連続王者に。全日本はGP-MONOを経て2012年からJ-GP3に参戦中。TwitterFacebookInstagramYouTube

ルックスはカブらしさキープ。走りは別物にアップグレード

 驚きました! こんなに印象が変わっているなんて。スーパーカブC125、新型になって激変してました。めちゃくちゃ乗りやすい。

岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ 【ライディングポジション】気になるところがまったくないナチュラルさ。身長158cmでもしっくり来るが、こぢんまりとはしていないので、大柄な方でも受け入れられるはず。足着き性は良好だが、シート幅が気になる人はいるかも

 すぐ気付いたのは、シフトアップ/ダウン時のギクシャク感がほぼないこと。スーパーカブはクラッチがない分、エンジンブレーキを調整しにくいんですが、気になるクセがなくなっていました。

 そして、加速がスムーズ! 従来型は発進時の元気の良さが印象的だったんですが、新型はスルスル〜ッと加速して、さらにもうひと伸びがあるんです。これは本当にビックリ!

 125ccという排気量の範囲内ではありますが、新旧モデルで明らかに違います。ファイナルをロングにしたような感じ──。例えるなら、従来型が筑波サーキット仕様だったのに対し、新型は鈴鹿サーキット仕様になったような印象なんです。分かってもらえますかね?(笑)

 実際の公道では、従来型はシフトアップのタイミングが短めで、そのたびに「後ろからクルマに追いつかれてないかな」と気になります。でも新型はシフトアップの回数が減り、伸び伸び走らせられるんです。新型に乗っている時の方が心に余裕があって、周囲に気を配ることもできるから、安全性が増しているように感じました。

岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ 驚きました! こんなに印象が変わっているなんて

 スムーズなエンジンの恩恵で、走りの安定性も高まっています。加減速時はもちろん、コーナリング時のフィーリングもかなり向上してますね。

 コーナリング中って、微妙にスロットルを開け閉めしてスピードコントロールすると思うんですが、その際のツキが滑らかなので、車体姿勢も安定するんです。

 これ、決して大げさに言うわけじゃないんですが、車体まわりやサスペンションがアップグレードしたんじゃないか、と思ったほどなんです。エンジンの改良って、こんなに効果的なんですね。今回の試乗中、何度もビックリさせられました。

 そしてもっとビックリしたのは、スペックを見比べた時! なんと数値上は、従来型の最大出力9.7psに対して新型は9.8ps。そして最大トルクは同じだったんです。

 でも、最大トルク発生回転数は新型の方が1250rpmも高まっているんですね。そういえばファイナルも変更されていてごくわずかですがロング気味になっていました。

 こういう小さなことの積み重ねで、完成度を高めているんですね。

岡崎静夏の「スーパーカブC125」試乗インプレ 【やっぱり街をトコトコ行くのが似合う】エンジンがスムーズになったので、ストリートランでのストップ&ゴーがまったく苦になりません。走りが快適だから、今までよりちょっと先まで行ってみたくなるのが高ポイント!
       1|2 次のページへ

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響