ニュース
» 2022年04月24日 16時00分 公開

2022年春夏ワークマンの新作・注目「バイク用アイテム」7選(1/2 ページ)

「ひゃーこの値段で?」 夏も快適に走れそう、2022年春夏ワークマンの「バイク向け」注目新製品を早速チェック!

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン

 バイク用品のみならずスポーツやアウトドアへの進出が話題のワークマンが、「2022春夏モデル」のカタログをリリースした。今回はその中から、ライディング用とうたったり、バイクを意識していると思われる新製品をピックアップしてお届けしたい。(カタログ掲載品が店頭に並ぶタイミングは記事掲載と前後することがあります。ご注意ください)

ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 「ワークマン」2022年春夏のライダー向けウェア新製品をチェック
ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品

バイク用ウエアとして定番になりつつあるワークマン

 ワークウエア/ギアの人気メーカーで、リーズナブルな価格や機能性の高さといった得意分野を他ジャンルのウエア作りに持ち込んだワークマン。最近ではバイク用品の開発でも支持され、特に透湿防水のレインスーツは専門メーカー製にも引けを取らない性能と、高いコストパフォーマンスで知られている。

 毎年のように続けられる改良と、それでも価格を維持しているところや、キャンプツーリングが楽しみになるアウトドア/キャンプ用品を拡充する(関連記事)など、思い切った戦略はとどまるところを知らない。

 そんなワークマンだが、2019年からはバイク用品の公式アンバサダーにヤングマシン誌テスターでもおなじみの大屋雄一さんを起用。さまざまなバイク用品をあらゆる条件でテストしてきた大屋さんならではのノウハウが反映され、バイク用品はさらなるラインアップの広がりと充実した機能の実装を推進してきている。

2022春夏コレクションの見どころは、新製品「オーロラメッシュジャケット、メッシュパンツ、防水透湿レインスーツ」

 2022年3月にWebで公開されたオンラインカタログ「ワークマン 2022春夏コレクション(WORKMAN 2022 SPRING / SUMMER COLLECTION)」では、さまざまなカテゴリーのウエア&用品を掲載。その中でライディング用として紹介されているもの、そして“ライディングでも使えそう”なものもある。今回はこれらライダーが便利に使えそうなライディング向け新製品/定番商品をセレクトしてお届けしたい。

 見どころは、3Dオーロラメッシュ&7つのプロテクターポケットを搭載するコーデュラユーロジャケットの新製品、メッシュパンツなど。もちろん防水透湿レインスーツも健在だ。

ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 ワークマン公式アンバサダーを務める大屋雄一さん。カタログではコーデュラユーロシリーズなどに開発協力の記載がある

7つのプロテクターポケット搭載! 3Dオーロラメッシュ採用の「コーデュラユーロ“デュアル”」

 通気性の高い3Dオーロラメッシュに加え、内側に7つのプロテクターポケットを搭載した2022年新作モデルの「デュアル3Dメッシュジャケット」が登場する。

 こちらは、涼しさを保ちながら安全面に配慮し、夏場の環境でのパフォーマンスをサポートするジャケットだ。3Dオーロラメッシュ素材は2021年に登場、その前年までのモデルの本体生地と比較して通気性20倍の実現をうたう新素材だ。同じくコーデュラ採用のユーティリティーベストにも2022年モデルが登場している。

コーデュラユーロ デュアル3Dメッシュジャケット

 コーデュラユーロ デュアル3Dメッシュジャケットは、両肩・両肘・背中・両胸にプロテクター装着可能な7つのポケット新たに採用した(プロテクターそのものは付属しない)。

 背中にA4サイズのノートも入る大型ポケット(本体が丸ごと収納できるポケッタブル仕様としての機能も)を備え、サングラスやペン型ライトなどの収納もしやすい胸ポケットまわり、そして肩と肘には耐摩耗性に優れたCORDURA(コーデュラ)ナイロンを装備する。脇ファスナーを開くと半袖になる2WAY機能、取り外し可能な撥水フードも備えている。

ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 コーデュラユーロ デュアル3Dメッシュジャケット【RD101】●サイズ:M、L、LL、3L(オーロラブラックはS、4Lあり) ●素材:本体/メッシュ部分=ポリエステル100% 肩・肘部分=ナイロン(CORDURA)100% 裾・袖部分=ポリエステル65%・綿35% フード部分=ポリエステル100% ●色:オーロラホワイト、オーロラブラック、オーロラダークグリーン ●価格:3900円

コーデュラ ユーティリティベスト

 18のマルチポケットと、内側に2つのギミックポケットを備えたユーティリティーベスト。本来は作業用のラインアップだが、バイク用としても使えそうだ。A4サイズがゆったり入る背中の大容量ポケットもあるほか、コードで巻いてコンパクトにまとめておくことも可能だ。

ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 コーデュラ ユーティリティベスト【UJ006B】●サイズ:M、L、LL、3L(ダークマスタードは3Lなし) ●素材:本体/ギミックポケット部分=ポリエステル65%・綿35% メッシュ部分/内ポケット・背あて部分=ポリエステル100% ギミックポケット別布部分=ナイロン(CORDURA)100% ●色:ブラック、ダークマスタード、ダークグリーン ●価格:2900円

エアダクトアジャスターシステムを搭載! 「メッシュジャケット&メッシュパンツ」も2022年モデルに

 コーデュラ素材を採用し、“フィールドコア”ブランドで展開するライダースメッシュジャケットとライダースメッシュパンツが刷新。エアダクトアジャスターシステムを搭載し、より涼しく快適になった。こちらはアンバサダーの相京雅行さんとRurikoさんが開発協力し、レディースモデルはワークマンオンラインストアで限定発売される。

ライダースメッシュジャケット【限定生産】

 胸に大型ベンチレーションを備え、背中にメッシュを採用することで風の通りは抜群。袖口アジャスターで手首のフィット感を調節可能だ。肘にはプロテクターポケットを備え、プロテクターも付属。レザー調のほかデニムネイビーもラインアップする。

ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 ライダースメッシュジャケット【RD103】●サイズ:M、L、LL、3L(F.レザーブラック・デニムネイビーはS、4Lあり) ●F.レザーカラー素材:本体=合成皮革 メッシュ部分=ポリエステル100% 肘部分=ナイロン(CORDURA)100% 裾裏部分=ポリエステル100% ●デニムネイビー素材:本体=綿65%ポリエステル20%・ナイロン(CORDURA)10%・ポリウレタン5% メッシュ部分ポリエステル100% ●色:F.レザーホワイト、F.レザーブラック、F.レザーダークグリーン、デニムネイビー ●価格:3900円

ライダースメッシュパンツ【限定生産】

 ニーパッド付きで膝上にはエアダクトシステムを備え、腰には蛇腹設計を用いることでバイク特有の前傾姿勢を取りやすくしている。EUROアジャスターでちょっとした裾上げ調節が可能なのもバイク乗りに便利そうだ。

ワークマン、2022年春夏のライダー向けウェア新製品 ライダースメッシュパンツ【RD104】●サイズ:M、L、LL、3L(F.レザーブラック・デニムネイビーはS、4Lあり) ●F.レザーカラー素材:前身頃上部・ベルト部分=合成皮革 後身頃上部=ポリエステル95%・ポリウレタン5% メッシュ部分=ポリエステル100% 膝・股部分=ナイロン(CORDURA)100% 膝裏部分=ポリエステル85%・ポリウレタン15% 裾部分=ポリエステル65%・綿35% ●デニムカラー素材:本体=綿65%・ポリエステル20%・ナイロン(CORDURA)10%・ポリウレタン5% メッシュ部分=ポリエステル100% ●色F.レザーブラック、F.レザーデニムブラック、F.レザーダークグリーン、デニムネイビー ●価格:3900円
       1|2 次のページへ

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響