ニュース
» 2022年04月30日 14時00分 公開

旧スポーツスターの正統後継機、現る! ハーレーダビッドソンの新型「ナイトスター」を早速チェック

新世代となる水冷ハーレーの2機種目も登場! クラシカルスタイルにリヤ2本サス、スポーツスター本来の姿を好むファンのモヤモヤを払拭してくれそうなモデルになりそうです。

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン

 空冷エンジンに別れを告げ、パワフルな水冷60度Vツインを搭載する「スポーツスターS」の登場とともに新世代へ移行したハーレーのスポーツスターシリーズ。その水冷シリーズ2機種目となる「ナイトスター」は、クラシカルなスタイルにリヤ2本サスを備えた、空冷スポーツスターの正統後継機と呼べそうなスタイルが最大の特徴だ。

ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 新世代の水冷ハーレー第2弾「ナイトスター」
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」

水冷Vツイン+2本サスの新スタイル!

 新世代の水冷エンジン「レボリューションマックス」を搭載する新世代スポーツスター「スポーツスターS」(関連記事)が登場したのは2021年のこと。その後、2022年登場の「フォーティーエイト・ファイナルエディション」をもって、連綿と続いてきた空冷スポーツスターの歴史に終止符が打たれたことは記憶に新しい。

 しかし、新世代の1機種目となったスポーツスターSは、そのフォーティーエイトをモダンに進化させたかのようなカスタムライクな車両だった。クラシカルなルックスを持ち、軽快なハンドリングでワインディングが楽しい「ハーレーで最もスポーティなモデル」という、スポーツスター本来の姿を好むユーザーにすれば複雑な心境だったに違いない。

 今回、水冷スポーツスターの2機種目として登場した「ナイトスター」は、そんな従来型スポーツスターファンのモヤモヤを払拭してくれそうなモデルになるだろう。リヤの2本サスやピーナッツ型タンクを備えたシンプルでクラシックな外観は、XL883Rや1200Rといった、従来の空冷シリーズで最もスポーティだった機種に通じるものだし、前100/90-19/後150-80-16というタイヤサイズも、2004年以降、スポーツスターのベーシックサイズとして継承されてきたものだ。

ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 従来型スポーツスターのクラシカルなルックスも継承した「HARLEY-DAVIDSON NIGHTSTER[2022 model]」

 搭載されるエンジンはスポーツスターSにも搭載される水冷60度Vツインの「レボリューションマックス」。しかし、排気量はスポーツスターSの1252ccに対し、初出となる975ccとされるのが特徴。ボア×ストロークは1252cc版の105mm×72.3mmから97mm×66mmへと変更され、90hp/7500rpm・95Nm/5000rpmを発揮(スポーツスターSは121hp/7500rpm・125Nm/6000rpm)。フラットなトルク曲線を求めて吸気系などをチューニングし、さらにバランサー機構の最適化で「モーターサイクルが生きている」かのような鼓動感も実現しているという。

 車体はレボリューションマックスの特徴でもある、エンジンがフレームの一部を兼ねるフレームレス構造として軽量化と高剛性を実現。しかし燃料タンク(容量11.7L)をシート下に備えるのはナイトスターだけの特徴だ。正立式フロントフォークはデュアルベンディングバルブを備えるショーワ製の41mm径で、リヤサスペンションはプリロード調整を持つ2本リヤショックと鋼管製スイングアームの組み合わせ。このリヤショックが接続されるリヤセクションはアルミ材を用いており、車両重量はスポーツスターSより7kg軽い221kgを公称する。

 また、705mmのシート高(無負荷状態)による良好な足付き性に加え、ABSや走行モード切り替え機能(「スポーツ」「ロード」「レイン」の3モード)やトラクションコントロール、過度のエンジンブレーキによる後輪スリップを抑えるドラッグトルクスリップコントロールシステムといった電子制御により、安全性や乗りやすさも追求している。

 カラーバリエーションはビビッドブラック、ガンシップグレー、レッドラインレッドの3色で、ユーザーへの納車は5月以降となる。価格は188万8700円〜191万9500円だ。

HARLEY-DAVIDSON NIGHTSTER[2022 model]

主要諸元■全長2250 全幅836 全高1108 軸距1556 シート高705(各mm) 車重221kg■水冷4ストロークV型2気筒DOHC4バルブ 975cc 90hp/7500rpm 9.69kg-m/5000rpm 変速機6段 燃料タンク容量11.7L■タイヤサイズF=100/90-19 R=150/80B16 ●価格:188万8700円から ●色:黒、灰、赤 ●発売日:2022年4月13日(納車時期は2022年5月以降)

ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ビビッドブラック(188万8700円)
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ガンシップグレー(191万9500円)
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 レッドラインレッド(191万9500円)
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 11.7L容量の燃料タンクはシート下に配置
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 ヒンジ式のシートを跳ね上げると給油口が現れる
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 足回りは正立フォーク+リヤ2本ショックの組み合わせ
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 シングルディスクのフロントブレーキはフローティングディスクにブレンボ製キャリパーを組み合わせる
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 メーターは指針式の速度計に液晶パネルを組み合わせる
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」 バーエンドミラーもナイトスターの特徴。吸気系が収まるダミータンクはスチール製とされる
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」
ハーレーダビッドソンの新世代モデル第2弾「ナイトスター」


【動画】ハーレーNEWモデル登場「ナイトスター」 水冷Vツイン搭載!![WITH HARLEY ウィズハーレー チャンネル]



文:ヤングマシン編集部(初出:2022年4月13日)
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。


Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響