ニュース
» 2022年05月15日 14時00分 公開

ついに生産終了が決定 CB400スーパーフォア、30年の歴史に幕 さらにVFR系やゴールドウイングまで……

あぁぁついに「決定」してしまいました……。

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン

 ホンダは、2022年11月生産分より国内向け二輪車に対して「令和2年排出ガス規制」が適用されることに伴い、一部機種を2022年10月生産分をもって生産終了とすると発表した。そこに含まれていた機種には、V4エンジンのVFR800F/X、ゴールドウイング、ベンリィ110も、そして誕生から30年の歴史を刻んだCB400SF/SBが……。

2022年10月、CB400SFの生産終了が決定 ついにCB400SFの生産終了が決定してしまった。以前からうわさにはあったが……正式発表はやっぱり悲しい
2022年10月、CB400SFの生産終了が決定 2022年10月、CB400SFの生産終了が決定 2022年10月、CB400SFの生産終了が決定 2022年10月、CB400SFの生産終了が決定 2022年10月、CB400SFの生産終了が決定 2022年10月、VFR800Fの生産終了が決定 2022年10月、VFR800Fの生産終了が決定 2022年10月、VFR800Fの生産終了が決定 2022年10月、VFR800Fの生産終了が決定 2022年10月、VFR800Xの生産終了が決定 2022年10月、VFR800Xの生産終了が決定 2022年10月、ゴールドウイング(バガースタイルの標準モデル)の生産終了が決定 ベンリィ110の生産終了が決定

CB400SF/SB、VFR系、ゴールドウイングなどの生産終了が決定

 「法規対応に伴う、Honda二輪車の一部機種の生産終了について」。そんなふうにひっそりと発表されてしまうのか……。

 多くのファンや、ドレミコレクションをはじめとしたカスタムビルダー、そしてもちろん我々ヤングマシンも存続を願ってやまなかったCB400スーパーフォア/スーパーボルドールが、その歴史に幕を下ろすのだという。

 ホンダの発表によれば、「日本国内向け二輪車に対して2022年11月生産分より『令和2年排出ガス規制』が適用されることに伴い、一部機種につきましては2022年10月生産分をもって生産終了とさせていただきます」とのこと。2022年10月生産をもって生産終了となる機種は以下の通りだ。

  • Gold Wing(リアトランクレスタイプ)※Gold Wing Tourは含まれない
  • VFR800F
  • VFR800X
  • CB400 SUPER FOUR/SUPER BOL D’OR
  • ベンリィ110

 つい最近、新排ガス規制未対応で絶滅=生産終了の危機?! [バイクのレッドリスト]ホンダ編などの記事で、存続は五分五分とお伝えしたばかりだった。その中では上記のうちCB400SF/SB、VFR800F/X、ベンリィ110について生産終了の可能性アリとしていたが、これにゴールドウイングも加わった形だ。

 とはいうものの、ゴールドウイングに関してはバガースタイル(リアトラクレスタイプ)のみの終了で、本来の姿といえるトップケース付きの「ゴールドウイングツアー」は存続するので、これについては他と一緒に考える必要はないだろう。

 いずれにしても、30年の歴史を持つ「CB400SF/SBの生産終了」は大きな衝撃だ。1992年のデビュー以来、4気筒エンジンを搭載する400ネイキッドの代表格として君臨し、クセのない乗り味で教習所でも教習車として使われ続けてきたロングセラー車。ライバル勢が次々と脱落していくなか、4気筒400として最後まで牙城を守り、近年では普通二輪免許で乗れる最高峰として君臨した。

 2008年モデルでハイパーVTECレボとFIを獲得。2018年モデルでは平成28年排出ガス規制に対応したが、ルーツは1986年のCBR400Rにまでさかのぼるため基本設計が古く、規制対応に多大なコストがかかることが懸念されていたが、ついに生産終了が判断されたのだ。

 なお、ホンダは「今後もお客様のご要望にお応えする製品をお届けできるよう、引き続き最大限の努力をしてまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます」としている。

HONDA CB400 SUPER FOUR/SUPER BOL D’ORを振り返る

 現行モデルが発売されたのは2018年11月26日。モデルイヤーとしては2019年モデルとして扱っている(関連記事)。現行400ccクラスで4気筒エンジンを搭載する唯一無二の存在だ。

2022年10月、CB400SFの生産終了が決定 【HONDA CB400 SUPER FOUR[2019 model]】■全長2080 全幅745 全高1080 軸距1410 シート高755(各mm) 車重201kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 399cc 56ps/11000rpm 4.0kg-m/9500rpm 変速機6段 燃料タンク容量18L ■タイヤサイズF=120/60ZR17 R=160/60ZR17 ●色:キャンディークロモスフィアレッド アトモスフィアブルーメタリック ダークネスブラックメタリック ●価格:88万4400円から
2022年10月、CB400SFの生産終了が決定 【HONDA CB400 SUPER BOLD’OL[2019 model]】■車重206kg ●色:アトモスフィアブルーメタリック キャンディークロモスフィアレッド ダークネスブラックメタリック ●価格:104万0600円から
2022年10月、CB400SFの生産終了が決定 4気筒400ネイキッドのロングセラーモデル
2022年10月、CB400SFの生産終了が決定 低回転で2バルブ、6000rpm台で4バルブに切り替えるハイパーVTECレボを搭載。スロットル開度とギヤ段数を検知して知的に作動し、全域でパワフルな走りと燃費も両立する

栄光あるフォースV4の血統、VFR系も35年の歴史にピリオド

 1980年代に端を発する伝統の90度V4を積むスポーツツアラー、VFR800Fの生産終了も決定。ハイパーVTECやプロアームなどを装備し、現行型は2007年に生産終了したVFRをベースに2014モデルとして復活したものだった。2017年モデルでユーロ4に対応し、2019年モデルでは1980年代風のインターセプターカラーを投入した。その後に動きはなく、欧米では先行して生産終了が発表されていた。

2022年10月、VFR800Fの生産終了が決定 【HONDA VFR800F[2019 model]】■水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 781cc 107ps/10250rpm 7.9kg-m/8500rpm ■243kg シート高789/809mm 21L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●パールグレアホワイト ヴィクトリーレッド ●価格:144万5400から
2022年10月、VFR800Fの生産終了が決定 搭載するのは名車RC30らの遺伝子を継承した、V4ユニット
2022年10月、VFR800Fの生産終了が決定
2022年10月、VFR800Fの生産終了が決定 低中回転で2バルブ、高回転で4バルブが作動し、全域で力強いハイパーVTECが魅力だ

レアなV4クロスオーバーも同じく消滅!

 VFR800Fをベースとするクロスオーバーで2017年にデビューしたVFR800Xも生産終了。5段階調整可能なスクリーンやアップハンドル、ロングレッグを与え、長旅が得意だ。Fと同様、ハイパーVTECの90度V4を備えるが、欧米では既に生産終了が発表されていた。

2022年10月、VFR800Xの生産終了が決定 【HONDA VFR800X[2019 model]】■水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 781cc 107ps/10250rpm 7.9kg-m/8500rpm ■車重246kg シート高815-835mm 20L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:キャンディープロミネンスレッド ●価格:150万400円から
2022年10月、VFR800Xの生産終了が決定 バルブ休止機構のほか、2レベル+オフが選べるトラコンを装備。独特な鼓動感と爽快なパワーが魅力だ。これをアルミフレームに搭載する

ゴールドウイングもバガースタイルモデルが生産終了

 1833ccの巨大な水平対向6気筒エンジンを搭載したツーリングクルーザー「ゴールドウイング」シリーズは、フル装備のゴールドウイングツアーと、リヤトランクなどを省略したバガースタイルのゴールドウイング(こちらが標準モデルという扱いだった)の2バリエーションがある。

 このうち標準モデルのゴールドウイングが生産終了となる。こちらについては他機種とやや異なり、バリエーションの整理といったところだろうか。

 ゴールドウイングは2018年に17年ぶりのフルモデルチェンジを果たし、2021年モデルでマイナーチェンジした際にはDCTタイプのみのラインアップとなった。2022年には新色が追加されている。

2022年10月、ゴールドウイング(バガースタイルの標準モデル)の生産終了が決定 【HONDA GOLD WING[2022 model]】■車重366kg ●色:マットジーンズブルーメタリック ●価格:294万8000円 ●発売日:2022年4月21日

EV仕様に席を譲った形か。ベンリィはエンジン車を終了

 60kgの積載が可能なリヤデッキで配送業務などで活躍してきたベンリィ110。前側バスケット付きの“プロ”もある。2018年モデルで平成28年規制に適合して以降は沈黙していたが、2020年にフル電動のベンリィ:eがデビュー。これに伴い、エンジン版は生産終了となる。

ベンリィ110の生産終了が決定 【HONDA BENLY110[2018 model]】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 107cc 7.9ps/7000rpm 0.88kg-m/5000rpm ■車重117kg(装備) シート高710mm 10L ■タイヤサイズF=90/90-12 R=110/80-10 ●色:ロスホワイト ●価格:28万6000円から

文:ヤングマシン(ヨ)(初出:2022年4月29日)
※本記事は“ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声