ニュース
» 2022年05月26日 19時00分 公開

来ました自動車税の季節 日本の重課税(13年/18年)と欧米のクラシックカー優遇を比べてみると…… 多事走論 from Nom(1/3 ページ)

もうすぐ期限(原則5月31日)……毎年気が重い「自動車税納付」の季節。そういえば、日本ってなぜ「旧車」だと重課税されてしまうのでしょう。

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン

 すでに多くの読者のお手元に納税通知書が来ていることと思います。毎年、気が重くなるお知らせですが、日本では製造から13年、または18年を経過すると税金が高くなることをご存じでしょうか。サステナビリティが叫ばれる昨今ですが、2009年に作られた現代的なバイクがもう旧車扱いとは……。

なぜ日本の自動車税は「旧車」だと高くなるのか 日本では製造から13年、または18年を経過すると税金が高くなることをご存じでしょうか?
なぜ日本の自動車税は「旧車」だと高くなるのか 日本の旧型バイクに課せられる重量税 英国の税制だと免除となる1981年登場のCBX400 2009年発売のCBR1000RR 2009年発売のZXR1200DAEG 2004年発売のCBR600RR 2004年発売のZEPHYR750

製造から13年、さらに18年経過すると税金が高くなると知っていますか?

 毎年4月の末か5月の初めに届くのが自動車税の納税通知書です。

 バイクは市区町村、クルマは都道府県と納付先は異なりますが、毎年4月1日時点のバイク、クルマの所有者にあまりうれしくない納税通知書が送られてくることになっています。

 もちろん、今年(2022年)も送られてきたのですが、家人から「そういえばウチのクルマ、もう13年以上経ったんじゃないの?」と聞かれました。初度登録から13年以上(18年以上でもう一段階高くなる)経過したクルマは自動車税が重課税(つまり、通常より税金が高くなる)になることを思い出し、慌てて車検証を確認。

 筆者の車両は初度登録が平成22(2010)年9月。経過年数はまだ12年弱で、重課税となるのは再来年からと分かりひとまずホッとしたのですが、バイクは自動車税の重課税こそありませんが、登録時または車検ごとに支払う“重量税”には「13年以上(〜18年まで)」と「18年以上」の重課税があります。

 ここのところ、にわかに旧車ブームが再燃しています。13年前のバイクなんてついこの間、発売されたもののような気がして、ホンダのサイトで13年前の2009年に発売されたバイク(重課税の対象となる251cc以上のバイク)を検索してみました。

日本の旧型バイクに課せられる重量税 バイクの場合、自動車税の13年/18年重課税はないが、車検ごとに発生する「重量税」は13年/18年経過で重課税される

 列挙すると、電子制御式コンバインドABSブレーキを装備したCBR1000RR、CBR600RR、シルバーウイングGT(400/600)、DN-01、VT1300CX、シャドウファントム(750)、CB1300ST/SF/SUPER BOLD’ORでした。

 さらに2008年までさかのぼると、シャドウ(750)、シャドウ・スペシャルエディション(400)、ビルトインタイプのナビゲーションを採用したゴールドウイングなども入ってきました。

 さらに18年経過の2004年までさかのぼると、CB750やCBR1000RR(SC57)、VFRなどがありました。

 確かに、古いと言えば古いバイクではありますが、CB1300ST/SF/SUPER BOLD’ORなどは人気モデルだっただけに一定数の車両がまだまだ現役のように思えますし、CB750は人気モデルとあって100万円を超す価格が付いた中古車もあるようです。

 そういうバイクに乗る人や、欲しいと思う人は、そのものだけが持つその時代特有の価値観や風情に魅かれて、言ってみれば新しいからいい、ではない価値観を持っているのだと思います。

 古いものだからと手放しで礼賛するつもりはありませんが、バイクでもクルマでも旧車に魅かれる人が一定数いるということは、やはりバイク文化/自動車文化の大事な遺産として、そういう古いバイク/クルマをとらえている側面があるのだと思います。

 バイクやクルマが基幹産業の日本ですから、巷間、名車とうたわれる車両はたくさんありますが、その大半以上は初年度登録から13年/18年以上経過したモデルがほとんどです。(それに重課税するとは)まるで「そんな古いバイクやクルマに乗っていないで、新しいものに乗換えなさい」と言わんばかりの仕打ちにあっているのです。

 そこにはSDGsなんていう観点はみじんもないように感じてしまいます。

 もちろん、CO2の排出量削減や、さらに進んだカーボンニュートラルへの取組が地球規模で進む中、環境性能に優れているとは言えない古いバイク、クルマはその流れに逆行しているかもしれませんが、この日本の13年/18年経過による重課税には寂しい気持ちを感じざるを得ないのです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/24/news020.jpg よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  2. /nl/articles/2206/25/news001.jpg 犬「お風呂いやあああああ!」 風呂に入らないために抵抗するゴールデンレトリバーがかわいい 【スペイン】
  3. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  4. /nl/articles/2206/22/news217.jpg 人生29年でいまさらエヴァ旧劇場版を見たら1時間ベッドで呆けた話 「こうする以外に、道はなかったのだろうか……」
  5. /nl/articles/2206/23/news005.jpg 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  6. /nl/articles/2206/24/news120.jpg めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  7. /nl/articles/2206/23/news188.jpg “BIG BOSS”新庄剛志、山田勝彦コーチへの中傷に反論 心ない言葉に断固たる姿勢「即ブロック」「shinjo freedomに来なくて良い」
  8. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  9. /nl/articles/2206/24/news206.jpg これは着こなせない……! 工藤静香、体形くっきりのスーツ姿に「お腹ぺったんこ!!」「凄い細い」と驚きの声
  10. /nl/articles/2003/17/news132.jpg アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」