ニュース
» 2022年06月04日 14時00分 公開

【バイク駐車問題】地域の実情を踏まえた駐車環境整備に向けて、警察庁から通達が再発出

昔から叫ばれるバイクやスクーターの「駐車場少なすぎ」問題。二輪業界が目指す規制緩和は、駐車禁止区間の「二輪を除く」ですが……増えてくるのでしょうか?

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン
長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は…… 長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題に進展はあるか……
長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は…… 長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は…… 長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は…… 長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は…… 長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は…… 長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は…… 長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は……

 2022年3月24日、警察庁から警視庁ならびに各道府県警察本部長宛てに、「地域の実情に応じた自動二輪車等に係る駐車環境の整備に向けた継続的な取組の推進について」という通達が出された。簡単に言うと、警察庁から各県の警察本部に対して、「地域の実情に応じた駐車環境の整備に取り組んでね」という内容だ。5年前にも「自動二輪車等に係る駐車環境の整備の推進について」という通達が出されており、3月末で有効期間が終わるため、再び発出されたものだ。今回はこの通達について考える。

長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は……

 3月23日、自民党オートバイ議連の逢沢一郎会長と公明党オートバイ議員懇話会の北側一雄会長から二之湯智(にのゆさとし)国家公安委員長へ「自動二輪車に係る駐車環境の整備の推進について」の通達を再発出するよう要望書が手渡された。その後、オートバイ政治連盟・吉田純一会長/全国オートバイ協同組合連合会・大村直幸会長/自工会関係者らを交え、二輪駐車環境の現状や課題を踏まえた要望がなされた。

 要望を出した翌日、3月24日に通達が出た。5年前の通達内容と大きくは変わらないが、この通達があるかないかで行政等の判断に大きな違いが出る。

長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は……
長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は…… 2022年3月24日に発出された通達(出典:警察庁通達「自動二輪車等に係る放置駐車違反の取締り等について」

通達を活用する動きを!

 最初に、これだけは言っておきたい。こうした通達は過去に何度も出ている。そのたびに「バイクの路上駐車が可能になる」とか「取締り基準が緩和される」といった報道が出るのだが、それは間違い。これは警察庁から各県警への「協力お願い」にすぎず、目標値もなければ達成期限もない。期待する相手を間違っている。

 そもそも、警察(都道府県公安委員会)が駐車に関して所管するのは、規制の場所/区間/時間、そこにどのような道路標示や標識を設置するかということぐらいだ。通達でも、駐車規制の見直し推進にあたり、駐車規制の廃止、駐車方法の指定、時間制限駐車区間規制(パーキングチケットなど)の実施検討、地方公共団体/道路管理者/民間事業者等と協議して駐車需要を把握し関係機関と連携する…、といった指示がなされているが、これを地域の警察が積極的にやることはない。というか、やれない。

長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は…… 警察官に放置車両確認標章を貼られた原付一種スクーター。原付でも油断できないのが現状(東京都千代田区で撮影)

 道路管理者というのは、国道なら国、県道なら県、市道なら市といった地方公共団体等のことだが、歩道も含め、路上への駐車スペース設置に関する権限の多くはそうした自治体にある。商業施設に駐車場の設置を定める附置義務条例も、市町村が定めるものだ。警察は都道府県に置かれており、はなから縦割り行政なのだ。

 二輪業界が目指している規制緩和のひとつに、駐車禁止区間の「二輪を除く」があるが、前回の通達時にも期待されながら、東京都内でも一向に増えていない。全ての市町村(東京なら区も)がバイク駐車の必要性を認識し、駐車場や駐車施設に関して協議の場を設けているわけではない。

 「二輪を除く」の補助標識はめったに見ない。これが現実だ。通達をいかに活用するか、この5年間が正念場となる。

長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は…… 2006年から始まった放置駐車違反取締りの民間委託。今回の通達が彼らや警察官の取締りに影響することはない
長年課題となっている「二輪車の駐輪場少なすぎ」問題は…… 「二輪を除く」の補助標識はめったに見ない。これが現実だ

通達まかせでは環境は改善しない

 この通達は自治体など関係機関とやりとりする上では重要なツールとなる。警察を含めた地域行政に、サイレントマジョリティーたるライダーの声をどう届けるのか。前通達時と同じく、自らが動かなければ何も変わらない。しかし役所や警察に要望する際などに活用すれば、必ずその効果を発揮できるはずだ。



文・写真:ヤングマシン編集部(田中淳磨)(初出:2022年5月23日)
※本記事は“ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」