ニュース
» 2022年06月19日 14時00分 公開

生産終了! ヤマハの白バイ、FJR1300の次はどうなる? ホンダはNT1100ってうわさだけど……(1/2 ページ)

白バイといえばヤマハのFJRとホンダのCB。でもFJR1300は生産終了です。ヤマハ製白バイ、今後何になるのでしょう。

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン

 ヤマハは、2022年モデルをもってFJR1300シリーズの生産を終了すると発表している。そこで気になるのは「ヤマハ製の白バイが今後どうなるのか」ということ。ホンダはNT1100の白バイ仕様が登場するといううわさもあるなか、全国を走る白バイの姿はどのように変化していくのだろう?

ヤマハの白バイ、今後どうなるのかを解説 ヤマハの白バイ、今後どうなる……?
ヤマハの白バイ、今後どうなるのかを解説 ヤマハの白バイ、今後どうなるのか、何になるのかを解説 ヤマハの白バイ、今後どうなるのかを解説 ヤマハの白バイ、今後どうなるのか、何になるのかを解説 ヤマハ製の次期白バイはトレーサー9? 次期白バイはトレーサー9? ヤマハの白バイ、今後どうなるのか、何になるのかを解説 ヤマハの白バイ、今後どうなるのか、何になるのかを解説 ヤマハの白バイ、今後どうなるのか、何になるのかを解説 ヤマハの白バイ、今後どうなるのか、何になるのかを解説 ヤマハの白バイ、今後どうなるのか、何になるのかを解説 ヤマハの白バイ、今後どうなるのか、何になるのかを解説

現在、日本の白バイといえばホンダ「CB1300P」とヤマハ「FJR1300AP」

 白バイ。世界でいえばポリスバイクと呼ばれたりして、各国でデザインもさまざま。いずれにも共通するのは、違反車両を追いかけるのに十分なエンジン出力と威風堂々としたたたずまい、そしてライダーたちの手本になるような運転技術を持った警察官が颯爽と走らせてるということだろう(一部に例外もあるような気はするけれど)。

ヤマハの白バイ、今後どうなるのか、何になるのかを解説 2014年型国内仕様をベースとしたFJR1300AP。電サスや電子シフトのない標準グレードがベースだ

 だから、白バイには基本的に大型バイクを使用していて、その他の用途に原付二種などの警察車両が配備されていることもある、という感じになる。ちなみに海外では、サブ的に使われる車両にはスクーターが使用される例も少なくないようだ。

 日本国内の白バイといえば、現行車両はホンダ「CB1300P」とヤマハ「FJR1300AP」だ。古くは有名なメグロK2やホンダCB450、CB750フォアといった白バイから多様な車種を経て、ホンダはVFR800Pに代わり2009年にCB1300Pが配備された。ヤマハはFJR1300Pが2014年に配備された。なお、既に生産を終えているスズキ製のGSF1200P(2004年に配備開始)もあるが、現存稼働している車両はどれだけあるのか分からない絶滅危惧種になっている。

ヤマハの白バイ、今後どうなるのかを解説 2014年の白バイ大会にて。現行CB1300Pもマフラーを除く基本的な形は変えることなく継続採用されている

 バイク乗りの立場からすれば、運転しているときにはあまり喜んで近付きたい対象ではないかもしれないが、そうは言っても停めてあればカッコイイし、ついつい観察してしまったりするもの。CB1300Pがマイナーチェンジで勇ましい排気音を出すようになったことも、多くの方がご存じなのではないだろうか。

FJR1300の生産終了が発表されちゃったけど……

 ヤマハは、2018年にマイナーチェンジした現行型FJR1300(市販車)に「誕生20周年記念モデル」を設定し、2022年2月に発売。これをもって生産終了することを発表した。となると、白バイはどうなるのか……。

ヤマハの白バイ、今後どうなるのか、何になるのかを解説 「ナイケン」は欧州で自転車競技の先導に使われたりしている。白バイっぽいイメージを想像できなくもない……? 背後にいるのはFJR1300の現地警察仕様だ

 ヤマハの現行モデルで次期白バイの候補になりそうな排気量のマシンといえば、MT-10、ナイケンGT、トレーサー9 GTあたりだろうか。欧州ではTMAXやトリシティの警察車両もあるようだが、日本の典型的な(交通機動隊の)白バイの姿は想像しにくい。となれば、上記3車ということになるだろうが、MT-10はオーバースペックかつ正義の味方っぽくない面構え(失礼!)だし、ナイケンも特殊と言わざるを得ない。

 というわけで、候補の筆頭はトレーサー9 GTになるだろうか。実は欧州では既に以前のモデルで警察車両として採用例があり、日本での白バイ姿もイメージしやすい。FJR1300Pほどのトルク&パワーはないが、軽量で機動性が高く、電子制御による安全装備も満載。さまざまなオプション装着を前提にしていて発電能力には余裕がありそうだし、なにより長時間の走行でも疲れない。2021年にフルモデルチェンジして最新の排出ガス規制に適合しており、この先も長く活躍できるはずだ。

ヤマハ製の次期白バイはトレーサー9? 欧州で2015年に登場したMT-09トレーサー・ポリス。大型スクリーンや青色のフラッシングライト、リヤボックス&サイドケース、コンフォートシート、補助バッテリー、消火器ホルダーなどを追加装備している。新型ではさらにシャープな印象になりそうだ
次期白バイはトレーサー9? MT-09トレーサー・ポリス
       1|2 次のページへ

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」