ニュース
» 2022年07月02日 14時00分 公開

【大鶴義丹・54歳、迷走の果て Vol.1】空冷カタナを自宅リビングに飾って、たまに乗る(1/2 ページ)

大鶴義丹さんが「GSX-1100Sカタナ」を購入。「自宅のリビングルーム」で保管し、溺愛しています。今カタナを手に入れた理由、思いとは……?

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン

 俳優・大鶴義丹さんがスズキGSX-1100Sカタナを入手。最近はビッグアドベンチャーでハードなオフロード遊びがメインだったが、そこに空冷カタナを買い足した理由とは……?

大鶴義丹さんが手に入れた「GSX1100S カタナ」 大鶴義丹さんが手に入れた「GSX1100S カタナ」
大鶴義丹さんが手に入れた「GSX1100S カタナ」 最近のハード林道遊びの相棒はスズキ Vストローム1050XTだった 大鶴義丹さんは「GSX1100S カタナ」を自宅のリビングルームで保管する 大鶴義丹さんの愛車「GSX1100S カタナ」 大鶴義丹さんの愛車「GSX1100S カタナ」 GSX1100S カタナとは?

大鶴義丹(おおつる・ぎたん)/1968年4月24日生まれ。俳優、作家、映画監督など幅広いジャンルで活躍。バイクは10代の頃からモトクロスに没頭。その後、ハヤブサやGSX-Rシリーズでカスタム&サーキット走行も楽しみ、最近はハードなオフロード遊びがメイン。2012年に公開された映画「キリン」では脚本監督を手がけた。映画「キリン」から10年が経過し、スズキGSX1100Sカタナを入手した。


「カタナという原風景」

 この春にカタナを買った。言うまでもなく新しい水冷カタナではない、空冷GSX1100S、1990年式のアニバーサリーと呼ばれるモデルだ。縁あって我が家に来ることになったこのマシン、幾つかの部分をカスタムされてはいるが、基本ノーマルという極上モノである。

 千葉のスズキ系有名店、テクニカルガレージRUNで、前オーナーが長い期間フルメンテを委託していたもので、同店を介して私が新たなオーナーとなった。タイミングとしても、この手の絶版大型空冷バイクは高騰を続けているので、今を逃したら次はないと決断した。

最近のハード林道遊びの相棒はスズキ Vストローム1050XTだった 最近のハード林道遊びの相棒はスズキ Vストローム1050XT。詳細はYouTubeで

 空冷カタナの原風景というものを考えると、80年代の青春を過ごした世代としてはどうしても「バリ伝・ヒデヨシ」と「あいララ・首都高キング」の2台に戻ってしまう。奇しくもその2台はナナハンなのだが、当時の社会背景では、1100は存在自体が非現実的であったから仕方がないだろう。

 個人的には可哀そうなビデヨシよりも、崇高な感じのするキングの青いカタナが好きだった。しかし、「バリ伝」「あいララ」「キリン」にしても、カタナというマシンは、いつもどこか暗い影を持っているライダーが乗っているのはどうしてなのであろう。

 そんな印象もあり、あの時代、私にとってカタナに乗るということは、どうしてなのか現実的なことではなかった。あえて言うと、私は単なる「カタナオタク」ではない。空冷カタナに対する思いは複雑というか、単なる好き嫌いでは言葉にできない存在のようで、簡単に口にしたらバチが当たるような神々しさがある。

 極端な話、カウンタックなどと同次元の凄みと存在感だ。それに乗る資格を問われるのが怖くて、いつかは乗りたいという気持ちを、仲間にも告げずにいた高校生の一人であった。

 そんな高校生だった私が今から10年前、映画キリンにおいて、プロデューサー・監督・脚本・スタントライダーと、尋常ならぬ領域で深く関わることになる。

 しかしその映画を作った原動力と言うのは「カタナ映画」を作りたかった訳ではない。そんな不純なものではなく、規制が本格的に厳しくなる前に、日本最後の「公道実写撮影」でのバイク映画を作りたかっただけだ。故に、映画を発表して以後、あらためてカタナオーナーになるまでには、10年という心の整理の時間が必要であった。

 大人の財布にとって、空冷カタナを買うこと自体は特別なことではないだろう。今の時代、それ以上に高額のバイクも、それ以上高性能で大排気量のバイクも巷にあふれ返っている。

 また20年以上前に、とある縁で某有名カタナ専門ショップのフルノーマルカタナを1カ月ほど乗り回していたことがある。当時はエンジンまでチューニングしたフルカスタムハヤブサに乗っていた時期で、普通のバイクに感じた。高校生のときから、ずっと持ち続けていた憧れがボヤけたような気がした。

 だが不思議なもので、そのカスタムハヤブサにもその後飽きてしまい、さらに高性能なスーパースポーツに乗り換えたがそれもサーキットで廃車にしてしまい、先祖返りで油冷1100も2台ほど嗜み、今に至るという迷走の果てだ。

ここ数年は巨大なアドベンチャーマシンでのハードなオフロード遊びがメインであった。現在もスズキVストローム1050XTで林道は当然、獣道まで走破している。そんな私が再び空冷カタナを買い足す理由とは。

       1|2 次のページへ

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい