ニュース
» 2022年07月17日 14時00分 公開

近未来スタイルすごい バイクの“味わい”見つけたり!! BMWの電動スクーター「CE04」試乗インプレッション(1/2 ページ)

BMWの電動スクーターが第二世代のCE04へと進化。ブッ飛びの近未来デザインとともに、気になる走りの楽しさをチェック!

[Webヤングマシン]
Webヤングマシン

 BMWの電動スクーターが第二世代のCE04へと進化! 永久磁石式電気モーターならではの鋭い加速はそのままに、スロットルレスポンスに操る楽しさが加わった!?

BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック ブッ飛んだデザイン! BMWのフル電動スクーター「CE04」、その走りはどう?
BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック

ファンライドの“芽”は出た 次は車体の楽しさだ

 BMWの電動スクーターに乗るのは2015年に国内テスト導入されたCエボリューション以来。あれから約6年。後継機である「CE04」に乗ると、かなりの進化を体感できた。

 先代は正直なところ“取りあえず高速道路を含む交通社会で他のクルマに迷惑をかけない電動の乗り物ができました”というレベルだった。……とは言っても、速度/出力制御/バッテリー信頼性といった点で当時の電動バイクの中では断トツの完成度だ。ただ、純粋に乗り物として楽しいか? と聞かれるとちょっと返答に困ったのも確かだ。

 それがである。最新のCE04に乗ってみれば、アクセルを開けた瞬間しっかりとした“味わい”を感じられるまで進化していた。スロットルが単なる出力調整ツマミではなく、“スロットルを開ける楽しさ”がきちんと表現されるようになったように感じる。

BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック 【BMW CE04】■全長2285 全幅855 全高1150(ハイシールド装備時1315) 軸距1675 シート高800(各mm) 車重231kg ■電動モーター 42ps/4900rpm(定格出力:20ps) 6.32kg-m/0〜4900rpm ■タイヤサイズF=120/70R15 R=160/60R15 ●色:灰 白 ●価格:161万円 ●発売日:2022年4月22日

 残念ながら、味わい深さという意味では、レシプロエンジンとは比べられないほど浅いものだが、それでもスロットルを開けてマシンを加速させれば、そこに心躍る瞬間が間違いなくある。

 また加速も鋭く、「ダイナミック」モードで全開にすればフラットなトルク特性のまま車速は一気に100km/hオーバー。しかもモードによっては航続約130kmも走るというのだから、Cエボリューション(航続距離約100km)からするとものすごい進化である。

 一方の車体。正直に話せば、残念ながらこちらに関しては、まだバイクのような、車体を積極的にしならせて走るような乗り物にはなっていない。バッテリーという“安全対策上絶対に変形させられない大きく重い物体”を抱えている以上、仕方がないことなのかもしれないが、車体のフィーリングにいわゆる「丸太感」があるのは相変わらずといったところだ。

 スロットルレスポンス同様、“味わい”という抽象的な表現を車体の表現に使うなら、CE04の車体には、残念ながらまだ味がない。確かに現状でもワインディングを走れなくはないが、そのレベルは“安全に通過できる”という感じで、“コントロールするのが楽しいかどうか”とは、まだちょっと別の次元にある印象だ。

BMWの電動スクーター「CE04」を試乗チェック 未来を感じさせる先見的なフォルムがいかにも電動という感じ。サイドスタンドは収納時にはボディと一体化するデザインで、出すとパーキングブレーキがかかるようになっている

 バイクの車体を操る楽しさとは、加速力に制動力/重力/遠心力など、走行中にバイクが受けたり、発生させる力を複合的にコントロールするところにあると僕は思っている。バイクにかかる様々な力を使って路面に踏ん張らせたり、逆にそのバランスを崩すことで向きを変えたりもする。そんなコントロールを行うには、やはり車体のしなりが必要不可欠なのだ。

 電動スクーターという乗り物が、既存のバイクと同じ進化をたどる必要はないのかもしれない。しかし、もしバイクと同じように“操る楽しさ”を求めるのであれば、出力の“味わい”の進化に加え“しなる車体”も是非とも手に入れてほしいところ。それで電動スクーターはもっと面白くなるはずだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © NAIGAI PUBLISHING CO.,LTD. All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい