自分の好きなゲームが世間ではクソゲーと言われている人インタビュー

「自分の好きなゲームが世間ではクソゲーと言われている人インタビュー」の連載記事一覧です。

どんなゲームにも“楽しむためのポイント”があるのです、たぶん。

【今藤祐馬 ねとらぼ編集部 , ねとらぼ】()

難易度の低さとボリュームの少なさなどから悪評価を受けているソフト。

【ねとらぼ】()

リアルなゲームが作れるようになった現在では当たり前の技術が、35年以上前の作品なのに使われているとか。

【ねとらぼ】()

本質を理解せずに悪評価を下すのは「『メタルギアソリッド』は強行突破できないからクソゲー」と言うようなもの。

【ねとらぼ】()

チャットシステムが良く、「ノリが良ければどこまでも楽しめるタイプのゲーム」だったとか。

【ねとらぼ】()

「欠点とされる部分もひっくるめて魅力的」で、個人的にはシリーズ最高傑作だとか。

【今藤祐馬 , ねとらぼ】()

「『エクストリーム』はやり込みという形で、プレイヤー自身が冒険をするゲームなのです」。

【ねとらぼ】()

音声がなく言葉が聞こえない1周目。音声アリの2周目で描かれる言葉の無力さ。

【ねとらぼ】()

「流れが来ているときは命中率10%でも連続して当たる」が本当に起こったとか。

【ねとらぼ】()

「説明書では“使わないボタン”で発生するイベントがある」など今なお発見があるとか。

【ねとらぼ】()

「スマブラ」などとは違う、何とも言いがたい独特な面白さがあるとか。

【ねとらぼ】()

「クソゲーだからってつまらないとは限りません」。

【ねとらぼ】()

“アップデートによる改良”が当たり前の現代のゲームにはない魅力。

【ねとらぼ】()

「キャッキャはしゃいでるだけのヤツは、床屋さんでも行って原作読んでこい!」

【ねとらぼ】()

「老若男女が楽しめるものだと思うので、ぜひ食わず嫌いせずに」。

【ねとらぼ】()

「多大な時間を本作のRTAに費やしEDも10回以上は見ました」というRTA走者さんにお話を伺いました。

【ねとらぼ】()

ヒロインのグラフィックがアリ/ナシで、評価が分かれそう。

【今藤祐馬 , ねとらぼ】()

「星をみるひと」関係者への取材を行っている方にお話を伺いました。

【ねとらぼ】()

ロード時間の長さも有名ですが、現在は改善された移植版も配信されているもよう。

【ねとらぼ】()

「評価の低さにとらわれず、ぜひクリアまで遊んでみてほしい名作です」。

【ねとらぼ】()

アーケード版「グラディウス」と同年に登場した“スクロールRPG”。

【ねとらぼ】()

「私のゲーマーの血が騒ぎに騒いだ中毒性の高いゲームでした」。

【ねとらぼ】()

執筆時点で世界8位の記録保持者(1時間16分52秒)。

【今藤祐馬 , ねとらぼ】()

「クソゲーには程遠い良作だと考えています」。

【ねとらぼ】()

プレイしても理解できなかったけど大丈夫か? → 『エルシャダイ原作小説』を読めば大丈夫だ、問題ない。

【ねとらぼ】()

2人にお話を伺ったが、共通して「“すぐ死ぬ”は同作の魅力」。

【ねとらぼ】()

「目隠し状態でプレイしてコンテニュー数を10回以下にできる」レベルでやり込んでいるとのこと。

【ねとらぼ】()

「頑張ってエピソードIIIまでプレイしてみませんか?」

【ねとらぼ】()

「パーフェクトクローザー」RTA走者・ソードフィッシュさんにお話を伺いました。

【ねとらぼ】()

今の麻雀プレイヤーなら“ガチさ”を評価できる可能性。

【ねとらぼ】()

「自己のベストを尽くし、力を出し切ってからの『運』ではないでしょうか?」

【ねとらぼ】()

「発売日から遊び始めたファン」と「クソゲーという評判を見てから遊び始めたRTAプレイヤー」にインタビュー。

【ねとらぼ】()

RTA in Japan 2019で同作を走ったEiP25さんによる解説。

【ねとらぼ】()

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙