WEBヤングマシン

「WEBヤングマシン」の連載記事一覧です。

この価格で〜!? と驚きのワークマン・アウトドア用品。今回は「キャンプやってみたい!」という人におすすめの、総額1万1060円(!)で買えるキャンプ基本セットを紹介します。

【Webヤングマシン】()

大鶴義丹さんが「GSX-1100Sカタナ」を購入。「自宅のリビングルーム」で保管し、溺愛しています。今カタナを手に入れた理由、思いとは……?

【Webヤングマシン】()

アルパインスターズの春夏最新ライディングウェアカタログ。

【Webヤングマシン】()

休日はゆっくり自宅でクルマ・バイクいじり! なぜそこがナめやすいプラスネジなのよ、しかもこんなやつに限ってめっちゃ固ぇ…。今回はナめちゃいそうで怖い「ガンコなプラスネジ」0円解決テクを紹介します!

【Webヤングマシン】()

レブイットの春夏最新ライディングウェアカタログ。

【Webヤングマシン】()

こ、これはもしかして市販車に搭載されるかもしれない新技術かー!? 「シームレスミッション」とは何かを解説します。

【Webヤングマシン】()

バイクにも「スマホ連携」に対応した車種が増えてきました。これ何? 最新のバイク×スマホ連携「2大トレンド」を解説します。

【Webヤングマシン】()

ついに生産終了が決まってしまったロングセラーバイク・CB400SF。それなのに何の花道もなしにフェードアウトなんてさびしすぎます……。せめて「ファイナル」出してくださいホンダさん!

【Webヤングマシン】()

昔から叫ばれるバイクやスクーターの「駐車場少なすぎ」問題。二輪業界が目指す規制緩和は、駐車禁止区間の「二輪を除く」ですが……増えてくるのでしょうか?

【Webヤングマシン】()

スズキと天竜浜名湖鉄道のコラボレーションにより、2019年9月15日から運行している天浜線「KATANA ラッピング列車」が新色にリニューアル。

【Webヤングマシン】()

2023年に開催予定の東京モーターショーは「JAPANオールインダストリーショー」に改名。

【Webヤングマシン】()

他ジャンルのメディアに携わって20年ほどの私が、ひょんなきっかけでバイクメディアに関わるようになったのは2年ほど前のこと。その当時、一番驚いた表現が実は「バイク女子」だった。男性・女性だけに限らない、セクシュアリティの多様化が認知されている現代においてメディアでの表現は常に変化している。それを体感してきたからこそ、この言葉がひっかかったのだ。そして今、バイクに乗るようになって思う「バイク女子」について少し考えてみた。

【Webヤングマシン】()

もうすぐ期限(原則5月31日)……毎年気が重い「自動車税納付」の季節。そういえば、日本ってなぜ「旧車」だと重課税されてしまうのでしょう。

【Webヤングマシン】()

休日はゆっくり自宅でクルマ・バイクいじり! 「この残念なサビを何とかしたい」そんなときはこれを使ってみてはいかがでしょう。

【Webヤングマシン】()

あぁぁついに「決定」してしまいました……。

【Webヤングマシン】()

“絶滅危惧”バイク、ヤマハ編。

【Webヤングマシン】()

23年ぶりに復活したかわいすぎる注目の新型バイク「ダックス125」! 初代ダックスの誕生には、あの本田宗一郎氏が当然深〜く関わっています。初代ダックスをデザインしたレジェンドに話を聞きました。

【Webヤングマシン】()

カフェレーサースタイルのホンダ「ホーク11(HAWK 11)」が正式発表。

【Webヤングマシン】()

電動キックボードの規制緩和を含む改正道交法が成立しました。

【Webヤングマシン】()

休日はゆっくり自宅でクルマ・バイクいじり! 「あ、やべ、ネジナメたー!!」そんなときはこのテクニックをぜひ。

【Webヤングマシン】()

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」スクーター部門の結果発表。

【Webヤングマシン】()

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」アメリカン部門の結果発表。

【Webヤングマシン】()

「ひゃーこの値段で?」 夏も快適に走れそう、2022年春夏ワークマンの「バイク向け」注目新製品を早速チェック!

【Webヤングマシン】()

驚きました! こんなに印象が変わっているなんて。スーパーカブC125、新型になって激変、めちゃくちゃ乗りやすくなっていました!

【Webヤングマシン】()

スーフォアはどうなっちゃうの……!! 生産終了の危機にある「バイクのレッドリスト」まとめ。まずはホンダから。

【Webヤングマシン】()

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」アドベンチャー系を含むオフロード部門の結果発表。

【Webヤングマシン】()

4月28日いよいよ発売!! 注目モデル・Z650RSの試乗インプレを早速お届け!

【Webヤングマシン】()

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」ストリートスポーツ50〜125cc部門の結果発表。

【Webヤングマシン】()

ひょぇぇ、Ninja ZX-25Rに「ターボ」付けちゃったぁぁぁ! 「怒涛(どとう)の加速力」だそうですよ……。

【Webヤングマシン】()

バイクは普通車の半額に! 高速道路の「休日二輪車割引」がついにはじまりました。注意点、条件、想定利用シーンを実際に利用して検証しました。

【Webヤングマシン】()

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」ストリートスポーツ250cc部門の結果発表。

【Webヤングマシン】()

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシンオブザイヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ400cc部門の結果発表。

【Webヤングマシン】()

4月2日、高速道路の「休日二輪車割引」がいよいよ始まりました! ま、手続きがちょっとメンドーなのでここも何とかしてよ…ですが、ともあれバイク乗りの人は要チェックです!

【Webヤングマシン】()

読者投票で人気ナンバー1を選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツビッグバイク部門の結果発表。

【Webヤングマシン】()

読者投票で人気ナンバー1を選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー」。排気量/ジャンルを問わない’21モデル全295車から頂点を決める総合部門の結果発表。

【Webヤングマシン】()

胴長短足スタイルがめっちゃかわいい〜期待のレジャーバイク。写真でじっくり解説します。バイクのAT限定免許でも乗れちゃいますよ。

【Webヤングマシン】()

バイクは2輪でバランスを取って操る乗りもの。あれ、でもそういえば……「しっかり左右対称」というわけではありません。それなのになぜ真っすぐ走れるのでしょう?

【Webヤングマシン】()

26万円台からと安い! タイのバイクメーカー・GPXから新型110ccバイクが日本上陸。かなりスーパーカブっぽいけれど、かっこいいほんわかレトロスタイル。おぉぉ〜。

【Webヤングマシン】()

125ccトップクラスという燃費性能と高い実用性で刷新された“隠れベストセラー”な原付二種スクーター。新年度の通勤快速車にいかがですか?

【Webヤングマシン】()

カッコイイ……! ヤマハのスポーツヘリテージのMC版「XSR700」が登場。詳細をチェックします。

【Webヤングマシン】()

この価格で! と話題のワークマンキャンプギア。これからの季節用の「春夏モノ」から、年内発売予定という開発中モデルも要チェックです。

【Webヤングマシン】()

話題沸騰中のハーレー新型「スポーツスターS」に試乗! ついに水冷化した伝統のVツインと魅惑のスタイル、そして気になる乗り味をチェックします。

【Webヤングマシン】()

2022年3月、電動キックボードの規制緩和を含む道交法改正が閣議決定されました。歓迎の一方、危険視・不安・疑問の声も。警察庁からの回答は……。

【Webヤングマシン】()

スポーツ系ネオクラシックの雄=ヤマハXSR900がフルモデルチェンジ。ワルっぽい雰囲気が漂う新型をじっくりチェックします。

【Webヤングマシン】()

この価格で! と話題のワークマン・アウトドア用品。テント、シュラフ、タープも……! 実際にひと晩キャンツーして実力チェックしました。

【Webヤングマシン】()

ガソリン価格が高騰しています。追い打ちをかけるように世界的緊迫事態も……。元売りに国から補助金も出ているといいますが、なぜ実売価格は下がらないのでしょうか。そもそもなぜこんなに高いのでしょうか。

【Webヤングマシン】()

この価格で! と話題のワークマン・アウトドア用品。4900円(!)のツーリングテントに続き、数百円台から多々用意するキャンプ調理系グッズの使い勝手をチェックしました。

【Webヤングマシン】()

近年、2輪界で「中国メーカー」の存在感がグッと増しています。ミラノで行われた国際バイクショー EICMA2021で目を引いた注目中国バイクブランドの今を紹介します。

【Webヤングマシン】()

法改正があるという電動キックボードの規制緩和。免許不要、メット不要、歩道なども通行可能になるようですが、釈然としないところも……。

【Webヤングマシン】()

2021年モデルで全面刷新したヤマハの官能“ザ・ロデオマスター”MT-09。上位版「SP」は特に熱く濃い刺激が得られそうです。

【Webヤングマシン】()

4月28日発売の注目マシン「Z650RS」、今なお超人気の「Z900RS」。やっぱり気になる兄弟車、どこが違うのか、どちらがよさそうか、分かりやすく見比べてみましょう!

【Webヤングマシン】()

かわいく楽しくカッコイイ125cc、モンキー125とスーパーカブC125がモデルチェンジ。どこが進化したのか、何が楽しいのかをズバッとチェックします!

【Webヤングマシン】()

ワークマンから出るキャンプ製品で特に注目度が高い、何と「4900円(!)」のツーリングテント。実際に−1.5度の中でソロキャンして使い勝手を確かめました。

【Webヤングマシン】()

4900円(!)のツーリングテントをはじめ、ワークマンがリリースする「びっくり価格」のキャンプグッズ。気になる内容は……?

【Webヤングマシン】()

原付二種スクーター「リード125」がモデルチェンジ。PCX系の新エンジンで進化した「通勤快速スクーター」気になる変更点は……?

【Webヤングマシン】()

ハーレーダビッドソンが2022年モデル全18車種を発表。やっぱかっこいいなぁぁ! それぞれのカテゴリーの特徴と変更点をチェックしていきましょう。

【Webヤングマシン】()

バイクなのに転ばない……! バイクへのハードルを下げ、事故軽減なども期待される革新技術、ホンダの「転ばないバイク 2.0」に乗ってきました。

【Webヤングマシン】()

カワサキが公開した「Z 誕生50周年記念サイト」。じっくり見ると、Zを名乗ったことがない車種の姿も。これはもしかして……。

【Webヤングマシン】()

CB400SF生産終了のうわさに大反対! ヤングマシン誌で行った「CB400の多機種展開総選挙」で多くの支持を集めたのは……?

【Webヤングマシン】()

2021年に刷新した250ccの快走スクーター、ホンダ フォルツァ。快適性と利便性はどれだけ向上したのか、便利に使えそうか、詳細をチェックします。

【Webヤングマシン】()

ビッグバイクとしては近年まれに見るヒット作になったカワサキ Z900RS。何がそんなにいいのでしょう? いま一度じっくり試乗してみました。

【Webヤングマシン】()

フル電動で17万円台から! 通勤通学や買い物などで気軽にチョイ乗りできる電動スクーター、気になる乗り味と使い勝手をチェックします。

【Webヤングマシン】()

世界中で話題騒然、カワサキの新型レトロスポーツ「Z650RS」。でも、4気筒ではなく「コレジャナイ」の声も。その裏にあるカワサキのしたたかな戦略とは?

【Webヤングマシン】()

相変わらずの超絶的人気を誇る「最強の猛禽類」スズキ ハヤブサ。旧型2代目と徹底比較!

【Webヤングマシン】()

格別な「自由」を堪能できるバイクでのソロキャンプ。今回はキャンプの華=焚き火を楽しむためのライダー向け焚き火台の選び方と使い方を紹介します。

【Webヤングマシン】()

いわゆる中免(普通二輪免許)ライダーがフルに楽しめるスーパースポーツモデル! シビれるカッコよさです。

【Webヤングマシン】()

何だこの、初めてと思えないほどの完成度の高さは!! 驚きの完成度を見せつけたハーレー新世代の“アドベンチャー”モデル、ディテールをじっくり解説します。

【Webヤングマシン】()

今も絶大な人気を誇る「1980年代の名車」たち。2021年中古車相場は300〜600万円、クラス初のDOHC並列4気筒を搭載した爆発的ヒットモデル「Z400FX」を紹介します。

【Webヤングマシン】()

快走快適125ccスクーターの王者「ホンダ PCX」、新型投入で攻める「ヤマハ NMAX」。令和の原付二種HY戦争、勝つのはどっちだ……?

【Webヤングマシン】()

創業120周年を迎えたロイヤルエンフィールドは、モーターサイクルによる南極走破プロジェクト「90° SOUTH Quest for the Pole」を実施すると発表した。

【Webヤングマシン】()

カワサキモータースジャパンは、2022年モデルのニンジャZX-10Rをレース専用モデル(レース用ベース車)として特別販売することを発表しました。

【Webヤングマシン】()

カワサキモータースジャパンは、「W」ブランドの最新進化系となるW800/W800ストリート/W800カフェの2022年モデルを発表。

【Webヤングマシン】()

競争激しい250ccスポーツモデルの中で、他メーカーとは一線を画す独自路線で存在感を発揮しているのスズキ・GSX250R。スズキ成分はどれだけ濃いのでしょうか。

【Webヤングマシン】()

本格的クルーザーに乗るのはほぼ初体験という岡崎静夏さん。レブル1100DCTの新鮮な乗り味に「車とバイクのいいとこ取りね!」と大盛り上がり。DCTの賢さにも驚きながらの試乗でした。

【Webヤングマシン】()

ホンダが欧州で新型スポーツツーリングモデル「NT1100」を発表。旅や長距離移動ラクラクな快適ツアラーを求めている人は要チェックです!

【Webヤングマシン】()

あの「ZX-25R」をターボ化ですとぉぉぉ! 「何馬力出るのか、見当もつかない」……という激ヤバそうなマシンが登場しちゃいます。

【Webヤングマシン】()

XPD X-ROAD H2OUT2021最新ライディングシューズ&ブーツ。

【Webヤングマシン】()

2021年4月の登場早々売れ筋モデルとなった「GB350」と派生モデル「GB350S」。実は「STDとSには意外に大きな差があった」!。乗り比べインプレッションをどうぞ。

【Webヤングマシン】()

今も絶大な人気を誇る1980年代の名車たち。今回は2ストローク車の歴史を変えたヤマハRZシリーズの最高峰「RZV500R」を紹介します。

【Webヤングマシン】()

TCX2021最新ライディングシューズ&ブーツ。

【Webヤングマシン】()

ソールはミシュランが設計! イクソン2021最新ライディングシューズ。

【Webヤングマシン】()

ひと昔前に比べれば絶対視されなくなったとはいえ、「速さ」がバイクのパフォーマンスを示す重要な指標であることに変わりはない。そこでヤングマシンが長年に渡って取り続けている実測走行データを総ざらい。本記事では停止状態から400mまでの加速タイムを競う「ゼロヨン」の歴代ランキングをお届けする。

【Webヤングマシン】()

昨今のリバイバルブームの決定的な火付け役となったZ900RS。でも、角Z・FX、ゼファー、GPz・Ninja、ローソンレプリカ……。カワサキの名作リバイバルモデル、まだまだ他にもほしいぞ! 「予想イメージCG」付きでどうぞ。

【Webヤングマシン】()

ついに正式発表! 価格は100万円以下、2022年春登場か……!?

【Webヤングマシン】()

レッドバロンが会員限定で提供する、保険会社と連動したオリジナルドライブレコーダーを紹介。

【Webヤングマシン】()

3年連続クラスNo.1と絶大な支持を集めているZ900RS。確かにカッコいいバイクだけど、なんでそんなに売れるのか!?

【Webヤングマシン】()

ロイヤルエンフィールドが、新エンジン&新フレームを採用した新型「クラシック350」を発表。

【Webヤングマシン】()

ライダーの間でコスパ最強ブランドとして浸透した感のあるワークマン。早くも秋冬向けの新作アイテムが発表された。防寒アイテムのさらなるスペックアップ、そしてワークマン史上最暖の電熱ベストが登場するなど、今からチェックしておけば買い逃す心配なし!

【Webヤングマシン】()

カワサキが2021年8月24日に欧州で公開したティーザー動画『Retrovolution is coming』を見た我々は、チラ見せしたマシンの造形からZ650RSの可能性が高いと推測していたが、さらに公開された第2弾でそれは確信に変わった。だって、旧Z650が置いてあるんだもの!

【Webヤングマシン】()

BMWモトラッドが電動バイクのコンセプトモデル「Concept CE 02」を発表。

【Webヤングマシン】()

東京オリンピックの実施期間中、首都高速でバイクを含む乗用車に通常から+1000円の値上げが行われた。さらに今後こうした「ロードプライシング」を普段から行う方針が明らかに。値上げは即実行するのに、一方で「システム改修が困難」として割高な2輪料金の値下げは後回しにされてきた…。怒りも込めつつ関係者を直撃した!

【Webヤングマシン】()

今も絶大な人気を誇る‘80年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末永く楽しんでいくには何に注意し、どんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回は’80〜’90年代の2スト全盛時代を象徴する名車・ホンダNSR250R[MC18]を紹介。本記事ではモトールエンジニア・藤田浩一氏のインタビューとおすすめモデルをお届けする。

【Webヤングマシン】()

ホンダが英国のカスタムビルダーとコラボした限定モデル「CB1000R 5Four」を発表。

【Webヤングマシン】()

モンキー125×Hot Wheelsコラボダイキャストモデルが発売。

【Webヤングマシン】()

ならばバイク専用料金を!

【Webヤングマシン】()

ホンダの「ジャイロ」といえば、配達などでも人気のある、原付3輪スクーターの代表的な存在だ。すでに日本ではビジネス用“電動”3輪スクーターが走っており、ホンダは後発になってしまったが、いよいよ電動版ジャイロが発売された!

【Webヤングマシン】()

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」