WEBヤングマシン

「WEBヤングマシン」の連載記事一覧です。

ひと昔前に比べれば絶対視されなくなったとはいえ、「速さ」がバイクのパフォーマンスを示す重要な指標であることに変わりはない。そこでヤングマシンが長年に渡って取り続けている実測走行データを総ざらい。本記事では停止状態から400mまでの加速タイムを競う「ゼロヨン」の歴代ランキングをお届けする。

【Webヤングマシン】()

昨今のリバイバルブームの決定的な火付け役となったZ900RS。でも、角Z・FX、ゼファー、GPz・Ninja、ローソンレプリカ……。カワサキの名作リバイバルモデル、まだまだ他にもほしいぞ! 「予想イメージCG」付きでどうぞ。

【Webヤングマシン】()

ついに正式発表! 価格は100万円以下、2022年春登場か……!?

【Webヤングマシン】()

レッドバロンが会員限定で提供する、保険会社と連動したオリジナルドライブレコーダーを紹介。

【Webヤングマシン】()

3年連続クラスNo.1と絶大な支持を集めているZ900RS。確かにカッコいいバイクだけど、なんでそんなに売れるのか!?

【Webヤングマシン】()

ロイヤルエンフィールドが、新エンジン&新フレームを採用した新型「クラシック350」を発表。

【Webヤングマシン】()

ライダーの間でコスパ最強ブランドとして浸透した感のあるワークマン。早くも秋冬向けの新作アイテムが発表された。防寒アイテムのさらなるスペックアップ、そしてワークマン史上最暖の電熱ベストが登場するなど、今からチェックしておけば買い逃す心配なし!

【Webヤングマシン】()

カワサキが2021年8月24日に欧州で公開したティーザー動画『Retrovolution is coming』を見た我々は、チラ見せしたマシンの造形からZ650RSの可能性が高いと推測していたが、さらに公開された第2弾でそれは確信に変わった。だって、旧Z650が置いてあるんだもの!

【Webヤングマシン】()

BMWモトラッドが電動バイクのコンセプトモデル「Concept CE 02」を発表。

【Webヤングマシン】()

東京オリンピックの実施期間中、首都高速でバイクを含む乗用車に通常から+1000円の値上げが行われた。さらに今後こうした「ロードプライシング」を普段から行う方針が明らかに。値上げは即実行するのに、一方で「システム改修が困難」として割高な2輪料金の値下げは後回しにされてきた…。怒りも込めつつ関係者を直撃した!

【Webヤングマシン】()

今も絶大な人気を誇る‘80年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末永く楽しんでいくには何に注意し、どんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回は’80〜’90年代の2スト全盛時代を象徴する名車・ホンダNSR250R[MC18]を紹介。本記事ではモトールエンジニア・藤田浩一氏のインタビューとおすすめモデルをお届けする。

【Webヤングマシン】()

ホンダが英国のカスタムビルダーとコラボした限定モデル「CB1000R 5Four」を発表。

【Webヤングマシン】()

モンキー125×Hot Wheelsコラボダイキャストモデルが発売。

【Webヤングマシン】()

ならばバイク専用料金を!

【Webヤングマシン】()

ホンダの「ジャイロ」といえば、配達などでも人気のある、原付3輪スクーターの代表的な存在だ。すでに日本ではビジネス用“電動”3輪スクーターが走っており、ホンダは後発になってしまったが、いよいよ電動版ジャイロが発売された!

【Webヤングマシン】()

先週の総合アクセスTOP10