東大ラノベ作家の悲劇

「東大ラノベ作家の悲劇」の連載記事一覧です。

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:

よりによって、なぜ今日なのか。

【鏡征爾 , ねとらぼ】()
東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:

誰かに認めて欲しかった。存在を認めて欲しかった。

【鏡征爾 , ねとらぼ】()
東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:

彼の名は、講談社ラノベ文庫編集部の副編集長・庄司智。

【鏡征爾 , ねとらぼ】()
東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:

作家志望者が作家死亡者にならないために。

【鏡征爾 , ねとらぼ】()
東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:

そんな無茶な……。

【鏡征爾 , ねとらぼ】()

綺麗であることは、彼女にとって、同時に呪いを意味していた。

【鏡征爾 , ねとらぼ】()

誰にも愛されず、誰も愛することのできなかった少年が、小説にめぐり逢い、棺桶にいれられるまで。

【鏡征爾 , ねとらぼ】()