ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう(1/2 ページ)

不意打ちずるい。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-
advertisement

 ヨハネス・フェルメールの絵画「牛乳を注(つ)ぐ女」を、PCに取り込んでCG化した動画が秀逸です。テーブル上のパンもツボも、牛乳を注ぐメイドも、描かれていなかった裏側まで完璧に(?)補完。

牛乳を注ぐ女 左が元絵で右が3D版。自由に拡大・縮小・回転できます
牛乳を注ぐ女 パンのカゴを裏側から
牛乳を注ぐ女 テーブルの上も俯瞰できます

 作者はメディアアーティストの坪倉輝明(@kohack_v)さん。元絵の物体や人物をBlenderで3Dモデルに起こし、Unityで動きをつけています。

 「見えてない裏側を作る必要があるのでテクスチャが一番面倒だった」と言いながら、坪倉さんはパンのカゴを裏側から見たり、テーブルを上から見たりできるよう、細部まで3D化。これはメイドの裏側もさぞすごいことに……と期待がかかるところですが、実は人物だけハリボテなのでした。

牛乳を注ぐ女 メイドだけ単なるカキワリだった……!

 不意打ちのようなオチに、Twitterでは笑ってしまう人が続出。坪倉さんはさらに「3D空間で牛乳を注ぐ女に変身できるアバター」を作り、絵画の中に入り込んで大暴れしてさらなる笑いを呼んでいます。

動画提供:坪倉輝明(@kohack_v)さん

 

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る