メディア

【呪術廻戦 152話 ネタバレ】次回から「死滅回游」本格始動! 直哉の「辞世の句」や禪院家の壮絶な最期に「呪術本誌」で考察の声多数

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

※本記事には『呪術廻戦』についてのネタバレが含まれています。

 毎週月曜日にTwitter上で盛り上がるハッシュタグ「#呪術本誌」には、週刊少年ジャンプで連載されている『呪術廻戦』の最新話の感想やファンアートが投稿されています。

画像は「週刊少年ジャンプ」公式サイトより引用

 151話では禪院家最強の術師集団「炳(へい)」など、禪院家との戦いで消耗しながらも、「炳」の筆頭である直哉と真希が一騎打ち。天与呪縛によるフィジカルギフテッドに成った真希は、直哉のその圧倒的なスピードに翻弄されますが、投射呪法の仕組みを見破り、見事直哉を組み伏せました。

 それでは休載前最後の『呪術廻戦』152話がどのような内容だったのかを振り返っていきます。

advertisement

母親の言葉の意味

 『呪術廻戦』152話は禪院家の土間と思われる場所から始まりました。父である扇や禪院家の精鋭たちを壊滅させた真希に怯える真希の母。そんな母に対して「母さん」「お願い、聞いて」と諭すように話す真希は、148話「葦を啣む」にて忌庫に向かう真希を止めた真意を聞きます。

 しかし、母は何も知らないようで怯えるばかりでした。次のコマでは血が飛び、真希が母を手にかけたような描写がされました。

 真希と真依の母は、138話で直哉が初登場した時から、直哉に「で、死んだん? 真依ちゃん」と二人を間違えて問われたことや、死にかけているのは真希であると伝えると「べっぴんさんやけど真希ちゃんはアカン。アレは男を立てられへん。三歩後ろを歩かれへん女は背中刺されて死んだらええ」という言葉に対して感情を押し殺して黙っている「男を立てられる女」でした。

 一方、151話にて真希の一撃で沈んだ直哉は「クックックッ ツメが甘いんじゃ、クソ女ぁ」と屋敷内を這いずり回っていました。そこに現れたのは、包丁を持ち、首と口から出血がある真希の母。倒れている直哉を包丁で刺し、最後は「あ゛ぁ……産んで……よかった」と娘二人を思いながら息を引き取りました。

advertisement

呪力が練られない?

 真希の母がなぜ首を切られても、直哉を刺せたのかは不明ですが、真希の天与呪縛の異変によって真依の死に気付き、死の間際に最後の力を振り絞って復讐したのかもしれません。

 そして気がかりなのが「刺された直哉が呪力を練られなかった」という点です。呪術師は死ぬときに死後呪いに転じることがあり、基本的には呪力で殺すという基本があります。刺された直哉が呪力を練ることができなかったのは、大きすぎるダメージによるものなのか、真希の母が持っていた包丁が何かしらの呪具だったのか……(これが「天逆鉾」では? と一瞬頭をよぎりましたがたぶん違う)。

 真相は現在のところ分かりませんが、個人的には真希の母親が保身や真希と真依のために呪具を隠し持っていたのではないかと思っています。結果的に「三歩後ろを歩かれへん女は背中刺されて死んだらええ」という言葉の意趣返しになっている点には驚かされました。みなさんはどう思いましたか?

 ネット上ではさまざまな声が見られ、「真希は母が『何の事?』と答えた事で踏ん切りがつき母を手にかけたけど、母はこの展開を狙って意図的にそう答えたんじゃないかと……」という声や「真希の母の『産んでよかった』って①母性からの情、②禪院家の中で一番強い子供を作れたことに結果的になったから、③禪院家から解放してくれたから、どれだろ? どの感情も複雑に含んでる気がする」「真希母あれだけ大騒ぎあったのに普通に台所で食事の支度してることが一番驚いたんだけど普通逃げない?」といったコメントがあり、真希の母親の行動を考察している人が多いようです。

advertisement

直哉の「辞世の句」が話題

 禪院直哉が殺されたのかは不明ですが、真希の母親に刺された直後の「ざっけんなや! (呪力が練れん!) ドブカス……がぁ!」という言葉が話題となっています。こちらのセリフを整理すると「ざけんなや 呪力が練れん ドブカスが」と五七五のリズムになっていることからTwitterトレンドには「辞世の句」がランクイン。Twitterでは「最期のセリフが辞世の句とか言われててめっちゃ笑うw」「最期まで最高かよ直哉くん。あとトレンド入りおめでとう直哉くん」と、みんな直哉が好きなようです。愛されキャラですね。ちなみに「ドブカス」もトレンド入りしていました。

 ということで、『呪術廻戦』152話を紹介してきました。今週から約一カ月の休載に入る『呪術廻戦』ですが、次回からは本格的に「死滅回游」の内容が描かれます! 芥見下々さんにはゆっくり休んで頂いて、万全の状態で復帰してもらいたいですね。

 「再開後は新連載のつもりで頑張ります」というコメントは、本当にガラッと作品の色が変わっていそうで楽しみですね! でもしれっと「呪術高専だより」で狗巻棘の腕が本当に無くなっていると知らせてくるのも、行動を共にしていないなどちょっと不穏な空気を匂わせてくるのはズルいと思います。

 ハッシュタグ「#呪術本誌」のRTランキングは次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.