特集
» 2014年05月08日 07時00分 公開

“無理やりじゃない”やる気の出し方4選大型連休明けだからこそまとめて読みたい

大型連休が終わってはや2日。あなたやあなたの周りの人、やる気を失っていませんか? 今回は無理せずやる気を引き出す方法を紹介します。

[渡辺まりか,Business Media 誠]

 新年度に上がったテンションが5月の連休明けから反動で下がってしまい、何となくやる気を失ってしまう――。そんな5月病のシーズンを乗り切るための、“やる気の出し方”をまとめた。

どうすれば“やる気”ってくじける?

“やる気”のくじき方入門

 あることに対しては情熱的に取り組めるのに、それ以外のことに対してはやる気が出ない――。そんな人は、自分でやる気をくじいてしまっている可能性がある。そんなときにはやる気のくじき方を知り、それをやめれば自然とやる気が出てくる。

 本記事では8つの“やる気”のくじき方を連載で紹介している。ただし、決して誤用しないように。

やる気を無理やり出そうとしない

やる気は「出す」ものではなく「出る」もの

 目標を掲げればやる気が出ると思ったら大間違い。やる気は感謝の言葉や褒め言葉を掛けてもらったとき、自然に「出る」ものなのだ。この記事では、褒めるのが苦手な人でも、同じ効果がある言葉をかけられる方法を指南している。

ごほうびより効果的なやる気の出し方

仕事のやる気を高めるには、どうすればいいの――捉え方で変わる方法

 やる気を高めるための動機づけには、「これさえ終われば、ご褒美が待っている」という外発的なものと、「楽しいからやる」「好きだからやる」という内発的なものがある。やる気を長続きさせるには、より思いが強い内発的な動機づけができるほうがいい。

 でも、全く好きではない仕事に取り組んでいる場合には、どう動機づけすればいいのか?――実例を挙げた解説は必見。

そのスイッチ、間違ってるかも

仕事の“やる気スイッチ”は5タイプに分けられる

 一緒に働いている後輩や部下のやる気が出ないとき、どうすれば“やる気スイッチ”をオンにできるだろうか? 人によってそのスイッチは違うため、全員に当てはまる方法などはない、というのがその答えだ。しかし、ここで紹介しているタイプ別「5つのやる気スイッチ」をマスターすれば、やる気を引き出せるかもしれない。

関連キーワード

やる気 | 連休 | | 不調


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」