レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 公開

「EOS Kiss X7」一言レビューまとめ

[ITmedia]

EOS Kiss X7 (キヤノン)

 ボディ重量370グラムと、APS-Cサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフとして「世界最小最軽量」をうたうモデル。


永山昌克 ★★★★(4.0)

愛らしさを感じる小ぶりで丸っこいボディ

APS-Cセンサー搭載の一眼レフでは世界最小・最軽量をうたう小型軽量ボディがお見事。手が大きな筆者にとっては、小さすぎてやや構えにくく感じるが、それでも圧倒的なコンパクトボディの魅力のほうが勝っている。ライブビュー時の「ハイブリッドCMOS AF II」は、その後登場したEOS 70Dの「デュアルピクセルCMOS AF」には及ばないが、リードスクリュータイプのSTMレンズ使用時には実用的な速度が得られる。


荻窪圭 ★★★☆(3.5)

この小ささはすごい、小さいけど撮りづらくない

小さくなったと話には聞いていたけど、はじめて実物を見たときはほんとうに小さくてびっくり。小さくしただけじゃなく、グリップ周りのデザインもよく考えられていて、持った感じもあまり窮屈じゃないし軽いし、丸っこくて小さくて可愛い。まあ、一眼レフなので奥行きはあるし、レンズも太めなのでシステム全体としてはずんぐりしちゃうので、それならミラーレス一眼でもいいんじゃない? という気はするけど。


野村シンヤ ★★★★(4.0)

Kissのイイところはそのままにさらに小さく

APS-Cサイズのセンサーを搭載したデジタル一眼レフとしては世界最小で、重さも約407グラムと、とってもコンパクト。小型化されてもグリップ部分はすべりにくいよう加工されており、背面のボタンも絶妙なレイアウトで操作感は上々。最新のKissらしく高感度の画質もさらによくなっている。従来のKissユーザーで、もっと小さいものが欲しかった人にとっては大注目の製品。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」