レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 公開

「EOS M」一言レビューまとめ

[ITmedia]

EOS M (キヤノン)

 コンパクトデジタルカメラからのステップアップを考える、入門層を対象としたエントリーモデル。シリーズ初の2色展開で、単焦点レンズを組み合わせたスナップキットも用意する。


永山昌克 ★★(2.0)

一眼レフEOSユーザーのサブカメラにうってつけ

アダプター経由でEF/EF-Sレンズが使えるので、一眼レフEOSユーザーのサブ機に最適。当初遅かったAFはファームアップによって多少改善されたが、まだ十分とはいえない。グリップ感が乏しいことや、ビューファインダーがない、内蔵ストロボがない、望遠レンズがない、液晶の可動ができない、といった点は不満。これらの物足りなさを解消するには、メイン機として一眼レフEOSを買って欲しいという同社のメッセージを感じる。


荻窪圭 ★★★(3.0)

ファームアップでAF速度は上がった あとは将来性か

キヤノン初のミラーレス一眼ということで注目したけど、発表会ではミラーレスより一眼レフに力を入れている風だったし、AFがミラーレス機としては「イマドキ、このAF速度はないだろう」という残念なレスポンスだったしで、デザインはいいけど中身はX6iをミラーレス化しただけじゃないか? ……とネガティブな印象だったが、ファームアップでAF速度が実用レベルにまで改善され、ちょっとよくなった。あとは、今後どれだけ展開してくれるかかな。


野村シンヤ ★★★☆(3.5)

EF/EF-Sレンズも使えるミラーレス

レンズ交換式のミラーレスカメラとしては後発になってしまったキヤノンだが、そこはさすがの老舗パワー、APS-Cサイズのセンサーを搭載しており写りもバッチリ。少々気になるのは、AFがややもっさりしているので、最新のファームウェアにアップデートしたい。ボディは同社のコンパクトデジカメに近いボタン配置や操作性なので、ステップアップしたい人は戸惑わなくてすみそう。また、別売のマウントを付ければ、EF/EF-Sレンズが使えるのも魅力。


NOBU ★★★★☆(4.5)

APS-Cサイズ大型センサーを搭載 期待に応える高画質

EOS Mが搭載する約1800万画素CMOSセンサーはAPS-Cサイズ。一般的なコンパクトデジタルカメラに比べ圧倒的に大きなセンサーは、あらゆる撮影シーンで期待通りの高画質を楽しめる。AF速度も新ファームウェアで快適になった。EF-M22 STMレンズは解放F2と円形絞りで明るく美しいボケ味を堪能でき、EF-M18-55 IS STMレンズ装着時でも500グラム以下と軽量コンパクト。ステレオマイクを内蔵し高画質フルHDムービー撮影も可能など、満足度の高い1台だ。


今藤弘一 ★★★★(4.0)

シャッターを押すだけで満足のいく写真が撮れる

キヤノンが満を持して発売したミラーレス一眼。APS-Cサイズのセンサーを持ち、有効画素数約1800万画素。初心者向けのユーザビリティとしては定番とも言えるタッチパネル式の液晶モニターも盛り込まれている。クリエイティブフィルターを使って撮影してもいいし、簡単撮影ゾーンで何も考えずに数を打つことでも、満足のいく写真が撮れるはずだ。逆にプログラムAEを使おうとすると設定が面倒なのは、初心者向けに作られているためか。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」