まとめ
» 2014年07月10日 17時03分 公開

海のレジャーに持っていきたい防水デジカメ5選

ちょっとした磯遊びからシュノーケリングにダイビング、海に行くなら持っていくカメラは防水を選びたい。海のレジャーに適したデジカメをご紹介。

[渡邊宏,ITmedia]

 ちょっとした磯遊びからシュノーケリングにダイビング、海に行くなら持っていくカメラは防水を選びたい。海のレジャーに適したデジカメをご紹介。

STYLUS TG-3 Tough

 タフネス系デジカメでは最高峰に位置する1台のひとつ。水深15メートルの防水性能はもちろん、25ミリ相当の広角でF2.0からの明るいレンズは、画角が狭まり、明るさを確保できない水中では強い味方になる。各種コンバーターレンズや耐水深を45メートルにするプロテクターなどオプションも豊富。

Nikon 1 AW1

 レンズ交換式(ミラーレス)カメラで防水という唯一の製品。水中撮影用モードも備えており、防水は15メートル。対応レンズを組み合わせないと防水にならないが、いかにもアウトドアなデザインではなく、豊富なNikon 1レンズを使用できるので普段使いのミラーレスカメラとして選択するのもアリだ。

STYLUS TG-850 Tough

 ダイビングショップでの定番、オリンパスTG-8xxシリーズの最新モデル。防水は10メートルと一般的な数値だが、21ミリからの広角レンズに自分撮りできる180度回転チルト液晶は水中でもさまざまな撮り方を可能にしてくれる。チルト液晶が不要ならTG-835という選択も。

DSC880DW

 隠れたヒットモデル。人気の秘密は前面と背面、2つ用意された液晶ディスプレイで、水中での自分撮りが容易に行える。防水性能は水深3メートルなのでダイビングには不向きだが、乾電池で駆動し、実売8000円程度という低価格もうれしいところ。

PowerShot D30

 ハウジング(プロテクター)なしで水深25メートルまでの水圧に耐える、“世界最深”モデル。高い耐水性を持ち、GPSも搭載しながらもサイズはコンパクトかつ軽量なので、携行の邪魔にもならない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10