まとめ
» 2014年07月08日 12時04分 公開

カメラ中級者が買うべきデジタル一眼レフ5選

中級デジタル一眼レフのオススメ5モデルをピックアップ。

[渡邊宏,ITmedia]

 カメラ任せの撮影で物足りなくなったら、レンズバリエーションの追加と同時にボディも中級機以上を検討したい。スポーツなど動きモノの撮影にも適した、中級デジタル一眼レフのオススメを5モデル、ピックアップしてみた。

D610

 ニコンの35ミリフルサイズセンサー搭載機ではローエンドながら、秒6コマの連写が可能。「D4」「D800/800E」など上位機に迫る性能も多く備え、もちろんファインダーも視野率約100%、メモリカードスロットもダブルと装備も充実。名作と言われた「D7000」と操作性の共通点も多く、ニコン派のフルサイズ入門として最適な1台。

EOS 6D

 35ミリフルサイズセンサー搭載機としては最軽量で、豊かな描写を気軽に楽しめる1台。暗い場所でのAF性能も高く、また、上位機「EOS 5D Mark III」でも備えないWi-FiやGPSも内蔵しており、付加価値の高い1台。キットレンズ設定のある「EF24-70mm F4L」は簡易マクロ機能を有しており、テーブルフォトにも向く。

D7100

 名作と言われた「D7000」の後継。51点AFや装着レンズの約2倍の画角で撮影できるクロップ機能などを備えており、長い焦点距離が欲しい場合にはフルサイズ機よりもこちらを選ぶほうが現実的な解になることも多い。18-300ミリの超高倍率レンズをセットした「スーパーズームキット」の存在もうれしい。

EOS 70D

 フルサイズの「EOS 6D」が先行して登場し、発表時にライブビュー撮影時のAF速度向上がアピールされるなど、間の悪い機種であった気もするがいわゆる「フタケタ EOS」としての完成度は非常に高く、EOS Kissの次として選ぶには最適なモデル。タッチパネルでシャッターが切れる一眼レフは少ないので、そうした意味でも貴重。

Df

 価格的には中級向けより上級向けといえるが、最上位機「D4」と同一のセンサーを搭載し、ダイヤルを多用したクラシカルなデザインはDfをデジタル一眼レフの中で希少価値の高い存在にしている。ちなみにニコンのフルサイズ機ではこのDfが最軽量モデル。MFでの撮影が快適に感じる、ファインダーの見えも特徴のひとつ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  6. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  7. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  8. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  9. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10