まとめ
» 2014年09月05日 12時00分 公開

「Xperia Z3」は買い? Xperia Z1/Z2との違いまとめ

ソニーが発表したこの秋の最新Androidスマートフォン「Xperia Z3」はどんな点が前の機種と変わっているのか、「Xperia Z2」や「Xperia Z1」と比べてみました。

[園部修,ITmedia]
Xperia Z3
プロフィール

 ドイツ・ベルリンで開催中の展示会「IFA 2014」のプレスカンファレンスでソニーが発表したフラッグシップスマートフォン「Xperia Z3」。2014年秋以降に日本でも発売予定とのことで、はやくも気になっている方は多いのではないでしょうか。

 「Xperia Z」の名を冠するAndroidスマートフォンは、2013年1月から年初のInternational CESと秋口のIFAで後継モデルが発表されています。初代「Xperia Z」は2013年2月に日本で発売されましたので、そろそろ買い換えを検討している方もいるのではないでしょうか。「Xperia Z1」は2013年10月発売、「Xperia Z2」は2014年5月の発売なので、まだ買い替えるには早いかもしれませんが、進化の度合いによっては心揺れ動く方もいるかと思います。そこで今回は、Xperia Z3が過去2モデルからどのくらいパワーアップしているのか、大きく5つの点でまとめてみました。

形の変化は意外に大きい

 ぱっと見の印象はあまり大きく変わっていないように感じるかもしれませんが、特に大きく違うのが側面の形です。平らな部分がないので、握ったときの感覚が違うようです。手に持ったときに角が当たるのが気になっていた人は注目の変化でしょう。幅はZ1が74ミリ、Z2は73.3ミリでしたが、Z3は72ミリです。高さはZ1が144ミリ、Z2が146.8ミリ、Z3は146ミリ。厚さはZ1が8.5ミリ、Z2が8.2ミリ、Z3が7.3ミリとなっています。Z2とZ3との差は厚さ以外はわずかですが、Z1からはけっこう変わっていると感じられます。重さはZ1が170グラムだったのに対し、Z2は163グラム、Z3は152グラム。随分軽くなっています。

5.2インチディスプレイはZ2とほぼ同じ

 Xperia Z3が採用した、5.2型トリルミナスディスプレイ for mobileは、Z2に採用されていたものと解像度(1080×1920ピクセル)や名称は同じです。Z1のときは5.0型のトリルミナスディスプレイ for mobileでしたので、Z1からはサイズが少し大きくなっています。画像処理エンジン「X-Reality for mobile」の性能が向上していて、明るさやコントラストを自動調整する機能が高機能になり、ディスプレイはZ2より見やすくなっているとのこと。

バッテリー容量はあまり変わらずも省電力性能はアップ

 Xperia Z3のバッテリー容量は、公式発表では3100mAhとなっています。Xperia Z2は3200mAh、Xperia Z1は3000mAhでしたので、Z2からは減っていることになりますが、省電力機能が向上しているため、Z3の連続待受時間はLTEで約790時間です。ちなみにZ2ではLTEで約640時間、Z1ではLTEで約760時間でした。バッテリーの持ちは良くなっているようですが、大きな違いはなさそうです。

カメラは高感度に、画角は広角寄りに

 カメラにコンパクトデジタルカメラと同等の1/2.3型CMOSセンサー、Exmor R for mobileを採用する点はZ2と同じですが、高感度性能が改善されていて、最高でISO12800まで感度が上げられるようになりました。Z2やZ1ではISO6400までの対応だったので、暗いシーンなどにさらに強くなったと言えます。またレンズの画角が35ミリフィルム換算で27ミリ相当から25ミリ相当へ、さらに広角寄りになりました。すこし周辺部分はゆがみやすくなりますが、Z2やZ1よりもより広い範囲が写せるようになっています。

スペック面ではZ1からの進化点が多数

 そのほか主なスペックの違いを書き出しておくと、Z3のCPUはSnapdragon 801 2.5GHz。一方Z2はSnapdragon 801 2.3GHz。やや高速化していますが、体感上大きな差はなさそうです。Z1はSnapdragon 800 2.2GHzで、Z3とZ1では世代が変わっていることが分かります。メインメモリは3Gバイトで、Z3とZ2は同じ。Z1は2Gバイトでした。そのほか気になるところでは、防塵(じん)性能が向上しました。Z3はIP6X対応で、Z2やZ1のIP5Xよりも強力な、一切粉塵(じん)が中に入らない設計になっています。また、ゲーム好きな人にとってはPS4の「リモートプレイ」が注目の新機能です。ハイレゾ音源の再生に単体で対応した点も、音楽好きには見逃せないポイントではないでしょうか。


 こうしてみると、Xperia Z3は、Xperia Z2から買い替えるほどではないものの、Xperia Z1からの進化点は多いことが分かります。Xperia Z1は発売からまだ1年弱しかたっていませんが、1年でいろいろな進化が起こるのは、デジタルガジェットなら当然と言えば当然です。日本での発売が今から楽しみですね。

Xperia Z3

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」