まとめ
» 2014年10月02日 07時00分 公開

今選ぶならコレ――迫力ある映像が撮れるおすすめアクションカム5選GoProだけじゃないんです

普通のカメラでは難しい場面でも、臨場感のある映像が撮影できる。

[山口恵祐,ITmedia]

 今やスマホで誰もが気軽に動画を撮る時代になった。何気ない日常はもちろんのこと、テレビを見ていると一般人が撮影したスクープ映像が頻繁に流れていたりする。動画サイトの普及などもあり、「動画」がより身近になった今、こだわるあなたは映像で他人とどう差をつければいいのだろう。それは、普通のカメラで撮影できないような映像を撮ればいいのだ!

 

 今回ご紹介する「アクションカム」と呼ばれる製品は、耐衝撃・防水/防塵(ぼうじん)に優れた小さなビデオカメラだ。動きの激しいアウトドアスポーツなどで、通常のカメラでは設置できないような個所にアクションカムを設置すれば、臨場感のある映像を撮影できる。そこで今回は「アクションカムを買うならこれ!」という製品を5つ集めてみた。自転車、ウィンタースポーツ、マリンスポーツ、モータースポーツなどを楽しんでいるなら、ぜひアクションカムで迫力のある動画を残してみてはいかがだろうか。

GoProシリーズ

 Woodman Labsの「GoPro」はアクションカムの代名詞的存在で、圧倒的なシェアを誇る老舗ブランドだ。実績が多く、「これを買っておけば間違いない」という安心感がある。撮影スタイルに合わせた豊富な周辺アクセサリーが魅力的で、現在は「GoPro HERO3」シリーズが主流。10月に発売される新モデルでは、4K映像を30fpsで撮影できる「GoPro HERO4 BLACK」、ディスプレイを搭載しその場で映像を確認できる「GoPro HERO4 SILVER」、フルHDまでの撮影が可能で2万円台と安価な「GoPro HERO」が登場する。

HDR-AS100V

 ソニーの「HDR-AS100V」は画像処理エンジン「BIONZ X」、有効画素数1350万画素の裏面照射型CMOSセンサー、電子式手ぶれ補正、超広角のカールツァイスレンズなどを搭載するなど、ソニーらしさが光る人気モデルだ。手首に装着して映像を確認できるライブビューモニターなど、周辺機器も充実してきている。他には単体でUstreamに配信できる機能や、内蔵GPSを使って映像に移動経路やスポードをオーバーレイ表示する機能も面白い。

ADIXXION GC-XA2

 JVCケンウッドの「ADIXXION GC-XA2」は、本体にディスプレイを装備しているのが最大の特徴だ。いざ撮影する場面になると、画角の調整だったりその場で映像が確認したくなることは多々ある。さらに、他社モデルではウォータープルーフケースを装着しなければ防水/防塵・耐衝撃性などは得られないが、GC-XA2はケース無しの本体だけでそれら機能を実現できる。本体一つですべて済んでしまうので、初めてアクションカムを触る人でも今までのカメラに近いイメージで使えるのが魅力的だ。価格もこなれてきているのでコストパフォーマンスの高さにも注目。

HX-A100

 パナソニックの「HX-A100」は他のアクションカムとは異なり、レンズ部分と本体部分がケーブルで分かれている個性的なモデルだ。カメラを頭に固定するイヤーフックで装着し、本体部分は腕に固定する。いわゆるウェアラブルカメラと呼ばれる製品になる。通常のアクションカムを身体に装着すると、見た目が大げさになり本体の固定にも手間取る。しかし、HX-A100ならカメラ部分がスマートなので見た目も自然だ。装着者目線からの映像を撮影したい時には一番使い勝手が良い。ただ、設定などにスマートフォンが必須になるのは要チェックポイント。価格も手頃なので用途に合えばぜひ検討したい。

ContourROAM3

 GoProなどに比べあまり知名度はないが、コンツアーの「Contourシリーズ」も人気のアクションカムだ。10月に発売する「ContourROAM3」は手袋などをしたままでも操作しやすいスライドスイッチを備え、ケースなしで水深10mまでの防水に対応する。そしてなんといってもヘアライン仕上げで高級感のあるアルミニウムボディが美しい。使い勝手も見た目も気にするならぜひ注目したい製品だ。GPSなどを搭載した高機能モデル「Contour+2」も。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10