連載
» 2014年11月13日 11時00分 公開

身体を張って検証しました:ウェルネスダイニング「たんぱく制限減塩食コース」でやせる! (2/2)

[小林誠,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ご飯抜きで7食分を冷凍庫に収納。量は少なめだが種類は豊富

 さて届いた食事だが、前述の通り、ご飯は無しでおかずのみ。冷凍食品が7食なので、筆者の小さな冷凍庫では不安だったが、ご飯抜きということもあり、全部収納しても若干余裕がある。

冷凍庫に収納すると若干の余裕がある。ただし他の冷凍食品が入っていると収納は大変かもしれない
各パッケージには原材料や栄養成分が表記。とくにメイン食材が明記されていると豚や牛、魚のシールが貼られている

 どのパッケージを見ても、表記を見ると1食270〜290kcalくらいで、おそらく誤差を含めて「1食300kcal」をうたっているのだろう。おかず4品が容器内で分けられている。メインのおかずによって「魚」や「豚肉」「牛肉」のシールが貼られているものの、正直、どれも量が少なくメインと言っていいものか、と感じる。

 ただし味付けやおかずの種類はバラエティに富んでいる。もともと定期注文では「100種類以上のメニュー」とうたっていて納得だ。電子レンジで温める時間はすべて4分となっていた。どんな内容か、冒頭の1食を除き、6食を紹介しよう(一部料理名を分かりやすくしている)。

「鶏肉のカレー風味焼」「大根とナスのあんかけ」「ほうれん草の和え物」「サツマイモとリンゴの煮物」。カレーの香りは強いが、カレーの味はしない。リンゴは煮てほしくないが、高齢者のことも考えて柔らかくしているのだろうか
「和風ハンバーグ」「イカや大根の煮物」「ゴボウの煮物」「キャベツの和え物」。ハンバーグは非常に柔らかく、低たんぱくミートを使っている。味はちゃんとハンバーグ。イカと大根の煮物は薄味だが、ゴボウは香ばしくしょっぱい。キャベツは塩っ気がまったく無し
「鯵と野菜のフライ」「じゃがいもの炒め煮」「小松菜の和え物」「春菊の和え物」。フライは小さいものの、ちゃんと揚げ物だ。野菜はナスとオクラ。炒め煮と2品の和え物は、量が少ないものの美味しく、「少し薄味かな?」という程度
「豆腐の卵とじ」「キャベツなど野菜の炒め煮」「カボチャの和え物」「ほうれん草の和え物」。豆腐は高野豆腐に近い印象だが、味はしっかり染みている。カボチャは溶けきって形が無い……
「牛肉とねぎの甘辛炒め」「スパゲティー」「リンゴとサツマイモの煮物」「味わらび」。甘辛炒めは薄い味のすき焼き風。再びリンゴを煮ている……不味いわけではないが、そのまま食べたい。味わらびはわらびの漬物。今回一番しょっぱかったが、それでも普通の漬物レベルだ
「スナップえんどうの卵炒め」「豚肉とかぶの炒め煮」「マカロニグラタン」「大根の和え物」。卵炒めはトロトロ。マカロニグラタンのマカロニは非常に短く、量も少ない。和え物の大根は薄く柔らかく、出汁が効いている干瓢のような食感

 ところでパッケージの原材料名を見ると「MCTパウダー」という見慣れない表記がある。検索してみると、MCT=Medium Chain Triglyceridの略で、中鎖脂肪酸油、「たんぱく質を含まない油脂」のこと。

 MCTパウダーでは中鎖脂肪酸を含み、効率よく分解し、すぐにエネルギーになるという。今回は「たんぱく制限食」だから、たんぱく質不足でエネルギーが足りなくならないよう、含まれているようだ。

謎の「MCTパウダー」を検索したり、本当は難しいことを考えずに低意識に徹してダイエットをしたいのだが、自然と食事や健康関連の情報に興味、関心が出てくる。これも食事配達サービスのメリットかもしれない

 さて体重は初日81.9キロから、最終日は80.8キロと1.1キロ減。まあ誤差の範囲とも言えるがとりあえず成功だ。普段は82キロ前後で、増減はあるもののこの4週間で少しずつ体重は下降傾向にあるようだ。

(左)初日は81.9キロ。(右)最終日は80.8キロ。服を脱げば80キロを切りそうな日もあった
この4週間の体重の推移(1日データを失念したが)。誤差の範囲という人もいるかもしれないが、82キロが当たり前だった筆者にとっては効果を実感しつつある

 もちろん今回のウェルネスダイニング(11/2〜8)だけでなく、セブンミール(10/13〜18)、食宅便(10/20〜25)、宅食(10/26〜11/1)と続けてきたからだろう。それにやはりこういう食事をしていると、他の食事も気を使い始める。それにもうひとつの記事「やせる(?)アプリ、試します」も続けているので、この1カ月はその前の生活よりも「健康な生活」ではあるのだろう。

 問題は本当に「この程度のこと」で効果が出続けるのか? という点だが、とりあえず次回メイプルフーズの「美健倶楽部」を注文し同じように食べていこうと思う。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.