連載
» 2014年11月28日 06時45分 公開

カロリーゼロを疑おう【第4回】アスパルテームへの疑惑ヘルシーライフの新常識

人工甘味料の代名詞とも言えるアスパルテーム。世界でもっとも普及している人工甘味料ですが、その人気を上回る疑惑の持ち主でもあるようです。

[ことばや/伊藤佳代子,ITmedia]

 普段、リラックスをするためにとか、口内のエチケットにと、チューインガムを愛用する人は少なくないでしょう。ビジネスマンの身だしなみと言う人もいるかもしれません。では、あなたの持っているチューインガムのパッケージをよく見てください。原料の中に「アスパルテーム」と言う名がありませんか。これが、世界でもっとも普及している人工甘味料の名前です。

 世界120カ国で認可され、ダイエット系を中心に全世界で1万品目を超える食品に使用されているアスパルテーム。日本でも1983年に厚生省から認可され、30年の間に驚くほど普及しました。試しに、コンビニエンスストアでいろいろな食品の原料を見てください。あらゆるものにアスパルテームが使用されていることが分かるでしょう。

 アスパルテームは、世界の70以上もの公的機関が安全性に太鼓判を押す信頼性の高いもの。と思いきや、その生まれ故郷であるアメリカでは大いなる論争が巻き起こっていると言います。アスパルテームほど危険なものはないと。さて、真相はどうなのでしょう。

(画像はイメージです)

世界一の人気者に囁かれる疑惑

 アメリカでは、アスパルテームによる健康被害を訴える人が訴訟を起こす例も多く、科学者や医者の中にも科学的見地からその危険性を指摘する人も少なからずいます。安全性にまつわる論争について、科学者の意見は真っ二つに割れ、「安全である」とする論文がある一方で、「致命的な健康被害をもたらす危険がある」とする論文もあります。

 そんな中で囁かれている噂があります。アスパルテームは胃潰瘍の薬を開発中に偶然発見したと言われていますが、過去にこの物質がアメリカ国防省・ペンタゴン内で生物化学兵器用の物質候補としてリストアップされていたと言うのです。

 人工甘味料と化学兵器の関係は、アスパルテームに限った話ではなく、今は使用が禁止されている「ズルチン」しかり、砂糖の1万倍の甘みを持つ最新の人工甘味料「ネオテーム」もしかり。どちらも戦争に使用する兵器を作る過程で発見されたものだと言われています。そして、アスパルテームを開発したサール薬品は、戦時中は軍に化学薬品を供給していた会社。そして、日本でアスパルテームを普及させた会社もまた、化学会社。どちらも食品会社ではありません。

うまい話には、やっぱり裏がある

 頭痛やめまい、むくみなどの軽いものから、失明やうつ、糖尿病などの深刻な症状まで、アスパルテームには多くの副作用が囁かれています。そして、前回もお話したように、人工的で有害な化学物質は肝臓に蓄積される可能性があります。完全に排除するのは難しくとも、せめて、妊婦や乳幼児には摂取させない努力をする必要があるでしょう。

 カロリーゼロなんてうまい話には、人工甘味料の危険性という裏がありました。飛びつく前にちょっと立ち止まって、じっくりとその正体を見極める冷静さが自分を守る盾になるでしょう。

 次回からは新たなシリーズに入ります。常識だと思っていたことが、くるりとひっくり返る話になるかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい