連載
» 2015年01月11日 01時22分 公開

ウェアラブルはディックの夢を見るか――ソニーのスマートイヤフォン「Smart B-Trainer」妄想ウェアラブルの午後

先日のCESで発表されたばかりのソニーのスマートイヤフォン「Smart B-Trainer」。「現在のウェアラブルの弱点」をカバーしたように思えるこの製品だが、思い出すのは――。

[杉本吏,ITmedia]
ソニー「Smart B-Trainer」

連載:「妄想ウェアラブルの午後」とは

近年急速に普及し始めたウェアラブルデバイス。腕時計型やメガネ型などさまざまな種類が登場してきているが、それらが「人々の生活をどう変えるか」についてはまだまだ議論の余地が残されている。本連載では、製品のスペックや機能比較にとらわれず、ウェアラブルの正しい(?)未来を「妄想」することに全力を注ぐ。


ソニー「Smart B-Trainer」

 ソニーのランナー向けイヤフォン「Smart B-Trainer」は、先日行われた世界最大の家電見本市「2015 International CES」で発表されたばかりの新製品だ。単体でミュージックプレーヤーの機能を備え、心拍計やGPSなどの各種センサーも搭載している。ランニングの速度に合わせて最適なテンポの曲を自動で再生したり、心拍数のデータを読み取って「ペースが速すぎますよ」などの音声でコーチングをしてくれる機能も。

 その多くが「スマホ連携必須」のウェアラブルデバイスの中で、単体で利用できる点はなかなか魅力的(確かに、走りに行くときにはできるだけ余分なものは持ちたくない)。価格などは現時点では未定だが、2015年中の発売を目指しているという。

動画が取得できませんでした

ウェアラブルはディックの夢を見るか?

 使用者の身体データを計測し、自動で最適な音楽を選んでくれる――そんなコンセプトを聞いて筆者が思い出したのは、「情調(ムード)オルガン」というガジェットだった。SF界の鬼才、フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」に登場する、いわゆる感情調節マシーンとでもいうべき代物だ。

 ムードオルガンでは、特定のナンバーにダイヤルをセットして眠りにつくと、晴れやかな気分で目を覚ましたり、あるいは逆に意図的に暗い気分になってふさぎこむことができる。設定次第で、大らかな気持ちにも、絶望的な心情にもなれる。何よりも恐ろしいのは、ダイヤルをセットする気にさえなれないときのために、「ダイヤルをセットする気分になるダイヤル」まで用意されているということだ。

イヤフォンを着けてランニングに出発
「心拍数が高すぎます」の音声メッセージ

 近年、雨後の筍のように登場し始めたウェアラブルデバイス群を見て、ずっと気になっていることがあった。これらのガジェットを使いこなすには、センサーによって提示された各種データを「読む」力が使用者に強く求められるということだ。今日歩いた距離が分かった、心拍数が分かった、レム睡眠の時間が分かった――それで? もっと“より良く”振る舞うために、自分は具体的にどうすればいい?

 現状では、ウェアラブルデバイスとそこに搭載されたセンサーによってさまざまなデータの取得が容易になった一方で、そのデータを読み、活用する段階にまで多くの使用者が至っていない、というのが筆者の実感だ。そして、その点に対する解決策のひとつが、デバイスやサービス自体による「コーチング」であり「提案」であり「自動調節」なのだろう。

 取得したデータを基に音声でコーチングをし、最適な音楽をチョイスしてユーザーの気分を動かす。そんなインテリジェンスなデバイスの登場を心待ちにしていた一方で、自分を自分たらしめる感情までデバイスのコントロール下に置かれてしまうかもしれないことに、一抹の恐ろしさも覚える。ならば使わなければいい、と言うのは簡単だが、いつの日か「デバイスを使いたくなるようなコーチング」をされたそのとき――自分はどんな風に振る舞えるだろうか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい