連載
» 2015年02月13日 06時00分 公開

知らなきゃ損する、ファスティング――きっちりやれば、身体はここまで変わる!ヘルシーライフの新常識

断食期間をしっかりと耐え、復食期間をきっちり守ったら、ファスティングは無事に終了。あなたの身体に大きな変化が訪れていることでしょう。え、実感できない? でも大丈夫。身体の中はここまで変わっています。

[ことばや/伊藤佳代子,ITmedia]

 断食をして、食べなかった分だけやせる。ファスティングがそんな単純なものなら、食事を通常に戻したら、あっという間に身体も元に戻ってしまうはずです。けれど、正しくファスティングのステップを踏んだ人は、元の木阿弥なんてことにはなりません。

 なぜなら、「食べないからやせた」わけではないからです。では、ファスティング後の身体には、どんな変化が起こっているのでしょうか。

毒素を出して、身体をリセット!

 ファスティングの目的のひとつに、現代的な食生活で慢性的に酷使されている胃腸をリフレッシュさせることがあります。人間も、働きすぎれば頭の回転も鈍りますし、本来のポテンシャルを出すことはできません。不規則な食生活や添加物の多い食事、腹八分目を忘れた食べすぎな食事情などで疲弊した胃腸は、本来持っている機能が鈍っています。

 ファスティングで回復するのが、この胃腸本来の機能。消化や吸収がしっかりでき、栄養をきちんと摂り込めるようになるのもいい変化のひとつですが、注目をしたいのは、排出機能が活発になること。デトックス効果が期待できると言うことです。

 デトックス効果には、もうひとつ大切なファクターがあります。それが酵素。人間の体内にはもともと酵素がある、というお話を以前にしました。そして、この酵素は「消化・吸収」と「代謝」の2つの役割に分割されるとも言いました。ファスティング中は「消化・吸収」に酵素をほとんど使いません。つまり、体内酵素をまるごと「代謝」に割り当てられます。

 代謝が促進されることで、排出機能はさらに高まります。身体に溜まっている毒を出し、体内をキレイにデトックスする。これこそが、ファスティング後の身体に起こる変化なのです。

蓄積された脂肪は、燃やしてサヨウナラ

 体内に溜まっているのは、毒素だけではありません。脂肪も溜め込んではいませんか? けれど、あなたがファスティングをしたのなら、その脂肪は確実に減っているはずです。

 溜め込んだ脂肪、いわゆる「体脂肪」を減らすとは、すなわち燃やすこと。そのためには、肝臓などに備蓄されている「グリコーゲン」などのエネルギーを使い切る必要があります。ファスティング中の身体は絶対的なエネルギー不足になりますから、まず備蓄エネルギーが消費され、その後、体脂肪も強制的に燃焼されていきます。

 毒出しをしてすっきり。体脂肪が燃えてさらにすっきり。この効果を聞けば、ファスティングをしたくなる人は少なくないでしょう。けれど、それだけではありません。実は、長生きの秘訣でもある、というお話を次回はしていきたいと思います。

関連キーワード

酵素 | 体脂肪 | 食事 | 食生活


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する