ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アトランティカ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アトランティカ」に関する情報が集まったページです。

ユニットコム、「マビノギ英雄伝」推奨モデルなどミニタワーゲーミングPC計3製品
ユニットコムは、同社製ゲーミングPC「PASSANT」シリーズのラインアップにCore i5搭載のミニタワー型ゲーミングPC計3モデルを追加した。(2014/4/25)

TSUKUMO、オンラインRPG「アトランティカ」特典付きの推奨ゲーミングPC
Project Whiteは、ゲーミングPC「G-GEAR」シリーズのラインアップにオンラインRPG「アトランティカ」推奨モデルを追加。デスクトップPCモデルとノートPCモデルを用意した。(2014/4/3)

8月20日夜、ネクソン全タイトルでイベント開催
ネクソンがサービスするすべてのタイトルが8月20日にさまざまなイベントを実施する。(2011/8/19)

ネクソン、ゲームサービス&サポートサービス再開へ
各タイトルでは停止期間中の補償についても発表されている。(2011/3/23)

ネクソン、「千葉ロッテマリーンズ」日本シリーズ優勝を祝して記念イベント実施
ネクソンがサービスする全9タイトルで経験値アップ等の感謝イベント開始。(2010/11/8)

オンラインゲーム最新イベント情報:
まだ間に合うクリスマス対策
クリスマスイベントが終わるとたぶん(いや、きっと)正月イベントです。(2009/12/22)

新傭兵「ファラン」登場――「アトランティカ」
(2009/7/28)

オンラインゲーム最新イベント情報:
どうかまた来年も……
今日は七夕ですから、お願いしておきましょう。(2009/7/7)

新ダンジョン追加など――「アトランティカ」大型アップデート実施
(2009/6/19)

「アトランティカ」は梅雨入り
(2009/6/8)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ひと花咲かせる
今年はなかなか桜が満開になりませんね。(2009/3/31)

オンラインゲーム最新イベント情報:
この春デビューする人へ
デビューに向けた準備は万端ですか?(2009/2/24)

「アトランティカ」、新規B級用兵「気候師」など大型アップデート
(2009/2/24)

オンラインゲーム最新イベント情報:
“甘い”勅令に従う
3種類の勅レートがランダムで手に入る。(2009/2/10)

「アトランティカ」、正式サービス後初の大規模アップデートを実施
(2009/1/22)

オンラインゲーム最新イベント情報:
乱世にデビューしませんか?
期間限定で新規ユーザーをバックアップします。(2008/10/28)

もっとオンラインゲームは多彩なジャンルがあっていいはず――「アトランティカ」開発者インタビュー
10月28日よりオープンβテストが始まる「アトランティカ」の開発者・NDOORSのキム・テゴン氏とネクソンジャパンの運用チーム・森山浩文氏とアン・スヒョン氏に話をうかがった。(2008/10/24)

東京ゲームショウ2008 海外パビリオン:
海外パビリオン─北京編
東京ゲームショウ初ブース出展となる北京パビリオン。5社のブースは他国のパビリオンに比べてやや活気に欠けるが、PCゲームをメインにピックアップしてみた(2008/10/11)

ITmedia +D Games枠で500名募集:
「アトランティカ」クローズドβテスターを募集開始
ネクソンジャパンは、オンラインRPG「アトランティカ」のクローズドβテスター募集を開始した。そこで、ITmedia +D Gamesでもβテスターを募集する。(2008/9/2)

ネクソンジャパン、「アトランティカ」の日本展開決定
ネクソンジャパンは、オンラインRPG「アトランティカ」の日本でのサービス展開に関し、NDOORS Corporationと契約を締結した。(2008/8/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。