ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「子供」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コージーコーナーのこどもの日に向けた動物ケーキがのほほんかわいい 子どもの成長をワイワイみんなでお祝いするのにぴったり
友達を呼んでパーティもよし、家族で祝ってもよし。(2019/4/19)

育児中の体調不良は「THE・地獄!!」! しんどくても寝てられないつらさを訴える漫画に共感
体調が悪くても子どものお世話が……。(2019/4/17)

PR:子ども向けじゃないのかよ!?  SCRAPが作った『おしりたんてい』の謎解きは尻に火がつく難しさ
それでは、失礼こかせていただきます……。(2019/4/16)

賛否両論:
スマホは子どもの精神と脳の脅威、ならばどうする?
利便性と時代の流れを理由に学校へのスマホ持ち込みを安易に解禁することは、日本の子どもたちの精神の健康と脳発達にとって大きな脅威となる。徹底的にその害毒を教え込むことができるか、さもなくば禁止のままのほうがずっとマシだ。(2019/4/15)

「めっちゃ可愛いじゃん!」 グラドル天木じゅん、130センチの“子ども服”着用で魅力が倍増する
母親の思い泣ける。(2019/4/11)

富裕層に有利な高等教育システム:
入試はセレブの“カネ”次第 米名門大「裏口」と「通用口」
米国で3月、大学入試をめぐる過去最大のスキャンダルが発覚した。有名女優や会社経営者、弁護士らセレブが子供を有名大学に入学させるため、仲介者を通じて試験監督やスポーツチームのコーチらに賄賂を支払っていたのだ。こうした不正行為とは別に米大学の多くは伝統的に、巨額の寄付金と引き換えに子供の入学を認めてきたとされる。経済格差への不満が広がる中、富裕層に有利な側面がある高等教育システムをめぐり議論が紛糾している。(2019/4/11)

【オタ母あるある漫画】子どもの入学準備の買い出しで、まさかの“推しグッズ”と遭遇
こんなところで出会うとは……!(2019/4/4)

子どもが書いたスプラトゥーンへのファンレターに返事が 任天堂のていねいな対応にほっこり
スプラトゥーンのイラスト入りで、お子さん大喜び。(2019/4/4)

子どもにおすすめのケータイとスマートフォン+覚えておきたい設定まとめ
そろそろ子どもにスマートフォンを持たせるべきか――。季節の変わり目を迎え、悩む家庭も多いはず。子どもに安心してスマートフォンを持たせるには、どうしたらよいのだろうか。(2019/4/4)

パパとママのためのプラレール構築術(3):
子どもを夢中にさせる「プラレール」レイアウトの作り方 「Uターン」「デルタ線」で永遠に見ていられるレイアウトが簡単に作れる
「プラレール」をもっと楽しめるように、ガチ勢が教える「パパとママのためのプラレール構築術」第3回。(2019/4/7)

自動運転技術:
中高生向けの自動運転車の開発、99ドルのボードで「AIの可能性を知って」
NVIDIAがユーザーイベント「GTC 2019」(2019年3月19〜21日、米国カリフォルニア州サンノゼ)で発売を発表した組み込みAI(人工知能)の開発者キット「Jetson NANO」。使い道にひときわ関心を寄せたのは、子どもを持つGTC参加者たちだ。(2019/4/2)

半径300メートルのIT:
「令和」時代の親たちへ――SNSのインフルエンサーに憧れる子どもたちを、犯罪からどう守るのか
平成に生まれたSNSが、社会にとてつもなく大きな影響を与える存在になりました。多くのインフルエンサーが子どもたちの憧れを集める一方、ユーザーの「承認欲求」に付け込む犯罪が出てきています。新元号「令和」が幕を開ける今、もう一度セキュリティを振り返ってみませんか。(2019/4/2)

スマホの利用時間長くても勉強時間は短くならない LINEと神奈川県が青少年のネット利用実態を調査
スマホの利用時間が長くとも、勉強時間や睡眠時間が短くなることはなかったとのデータも。(2019/4/1)

名付けに影響を与えた出来事は……:
子供の名前「平成史」 30年間で8回トップの名前とは?
明治安田生命保険は、平成時代の子供の名前に関する傾向と移り変わりについて発表。「生まれ年別の名前調査」で最多回数のトップを獲得した名前は「大翔(ひろと)」と「美咲(みさき)」だった。(2019/3/29)

子どもの衝撃行動を集めたハッシュタグ「育児衝撃画像」が大盛況 「ドライヤーにたくあん詰め込み」「ガラス越しに変顔ぶちゅーっ」
大変でもあり、いとおしくもあり。(2019/3/29)

子どもが褒められたら一緒に喜んでほしい 親に呼びかける漫画に「自己肯定感を育てる大切さ」を考えさせられる
全大人必読!(2019/3/27)

PR:失敗できるってステキなこと 子どもの挑戦を応援する遊園地「モートピア」の動画が胸熱
失敗は「できた!」の母。(2019/3/21)

「私の子であって私とは違う一人の人間」 子どもを尊重する母親描いた漫画に「距離感は大事」と共感の嵐
親子でも一定の距離感は必要。(2019/3/18)

「子ども電話科学相談」が2019年4月からレギュラー番組に
先行特別番組も。(2019/3/15)

子ども向けってスペックじゃねぇぞ! ブガッティ、本格的すぎるスーパーキッズカーを発売 価格は370万円
リミッター解除したアダルトモードも搭載。(2019/3/14)

「子どもの実の父親である彼とともに」 浜田ブリトニー、お笑い芸人と結婚発表 ギャルらしい家族目標も
おめでとうございます!(2019/3/13)

ソフトバンク、「ジュニアスマホ」対象機種にiPhoneを追加
ソフトバンクは、最新スマートフォンの中身を子供向けの仕様に変更して利用できる無料サービス「ジュニアスマホ」対象機種へiPhoneを追加。専用ホームは対象外となる。また、Android搭載スマートフォンも対象機種を拡大している。(2019/3/12)

なぜそれを…… 「子どもは親の会話を何気に聞いている」漫画にあるあるが止まらない
ば、バレてーら……。(2019/3/12)

Google、インドの子どもたち向けAI採用英語学習アプリ「Bolo」リリース
Googleが、インドの小学生向けにヒンディー語と英語を音読しながら学習するAndroidアプリ「Bolo」を公開した。音声認識とテキスト読み上げ技術を採用し、AIアシスタントのディアが勉強を手伝う。(2019/3/11)

オムロン オートモーティブエレクトロニクス:
子どもやペットの車内置き去り事故の低減に貢献する「呼吸時体動検知センサー」
オムロン オートモーティブエレクトロニクスは、自動車内における乗員の存在をより正確に検知できる「呼吸時体動検知センサー」を開発した。(2019/3/11)

“迷子”の居場所、QRで連絡 高齢者や子供に
持ち物に付けたQRコードを発見者が読み取ると、現在地が家族などに連絡される仕組みだ。(2019/3/8)

Amazonからキッズ向けFireタブレット登場 1万4980円で子ども向けコンテンツ数千種類が1年間使い放題
3月19日より出荷開始。(2019/3/7)

Fitbit、160ドルの「Versa Lite」や70ドルのトラッカーなど4つの新製品
Fitbitがウェアラブル新製品を発表した。約1万8000円のスマートウォッチ「Versa Lite」、「Alta」に代わる「Inspire」シリーズ、子ども用フィットネスバンド「Ace 2」だ。「Inspire」と「Ace 2」はいずれも約7800円。(2019/3/7)

子供向けコンテンツ使い放題「Amazon FreeTime Unlimited」発表 Fireタブレット限定で
アマゾンが子供向けのデジタルコンテンツが月額で使い放題になるサービス「Amazon FreeTime Unlimited」を発表。(2019/3/7)

ディズニーいっぱいのお稽古雑誌「ディズニー おけいこだいすき」が学研プラスから初刊行 付録も豪華で子どもが喜んでくれそう
小さいころ、こういうの欲しかったな……。(2019/3/5)

天才的発想……! 寝転がっていると子供が勝手にマッサージしてくれるTシャツに「人類の進歩」と称賛の声
「かたみぎ」駅に急行電車が参ります。(2019/3/5)

「ただのフェイクニュース」 恐怖映像で子どもに自殺を促す「モモ・チャレンジ」はデマだった
一部では警察が注意を促すなどの騒動に。(2019/3/4)

TikTok、子どものプライバシー侵害で6億円超支払い 米国で
アプリに年齢制限も導入。(2019/3/1)

YouTube、児童の性的搾取防止で追加対策
YouTubeは子どもたちの性的搾取への対策をさらに追加した。(2019/3/1)

洗濯物を干している間に子どもがカギを ベランダに締め出された実録漫画 「自分もやられた」「幼い頃やった」共感の声
育児あるある案件。(2019/3/1)

「今すぐ助けるニャー!」 飼い主の子どもが壁に引っ掛かっていると思い込んで助けようと頑張る猫ちゃん
大きな愛を感じます。(2019/3/1)

子どもが自分で片付けられるようになる! ひと目でどこに何をしまうか分かる「かぞく収納めじるしシール」が便利
これで整理整頓もバッチリ(2019/2/28)

「より多くの子どもたちに『工作のたのしさ』を伝えたい」 YouTuberになった「ワクワクさん」デビューした理由を聞く
ワクワクさんは今でもワクワクさんでした。(2019/3/3)

食品アレルギーをかわいいイラストで知らせるワッペンに賞賛の声 「分かりやすくてカワイイ」「大人用にも欲しい」
「アレルギーで苦しみ困っている子供たちが、少しでも明るい気持ちになれたら」(2019/2/27)

紺野あさ美、第2子となる男児を出産 赤ちゃんの写真とともに健康を報告
紺野さん「子供達と共に親も成長していけるよう頑張って行きます」。(2019/2/26)

通勤ラッシュに“子育て応援車両”を―― 「満員電車にベビーカーで乗車」問題で市民団体が小池都知事に要望
子どもにとって安全とは言いがたい満員電車。どう変えていくべきなのか?(2019/2/26)

旅行ジャーナリストに聞いた:
10連休、学びを意識した旅へ 広がる「旅育」とは?
「10連休」が予定される今年のゴールデンウイーク。家族旅行をする人も多いはずだが、親の働きかけ方ひとつで、子供の学びの場にもなり得る「旅育(たびいく)」という考え方が広がっている。昨夏、「旅育BOOK 家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ」(日本実業出版社)を出版した旅行ジャーナリストの村田和子さんに「極意」を聞いた。(木ノ下めぐみ)(2019/2/22)

最大の“売り”が裏目に:
「ねるねるねるね」が再成長 “健康に悪い”イメージを払拭できたワケ
発売から30年以上経った今も、多くの子どもから親しまれるお菓子がある。これまで8億個以上も売り上げてきた「ねるねるねるね」だ。そんなねるねるねるねがいま、再成長を遂げてる(2019/2/22)

蛇口をひねるとカルピスが出てくる! 子どもたちをお祝いする「『カルピス』じゃぐち」が登場
カルピスを出す「じゃぐち君」とともに全国を巡回します。(2019/2/21)

子どもの「居場所確認」と「病院の予約」にニーズあり 子育て世代の母親がIoTに求めることは?
MMD研究所が自社で行った調査をもとにしたコラム「子育て世代(30-40代)の母親の育児をIoTで支えるために必要なことは?」を公開。IoTで育児や子育てに取り入れたいことは、働く母は「子どもの病院の予約」、専業主婦は「子どもの居場所確認」がともに高く、安全確認を非常に気にかけていることがわかった。(2019/2/20)

auのキッズケータイ「mamorino5」登場 子供の居場所を連続通知 1万6200円(税込)
KDDIは、2月22日にキッズ向けケータイ「mamorino5」を発売。防犯ブザーや「居場所通知」「連続居場所通知」機能をはじめ、子供の在宅を保護者に通知する「おうちだよ通知」も搭載。防水・防塵・耐衝撃性能を備え、音声で端末を持つよう促す機能も利用できる。(2019/2/18)

「子供の未来を奪わないで」 木村カエラ、子育ての持論に共感の声集まる「暗いニュースが無くなりますように」
木村さんは2児の母。(2019/2/16)

MVNOの深イイ話:
格安SIMでも18歳未満は「フィルタリング」必須 有効化の基準は?
インターネット上では、青少年の健全な育成を阻害するような有害情報が存在します。そのため、青少年がインターネット上の特定情報のアクセスを防止することを義務付ける法律が存在します。今回は、青少年保護とMVNOの関わりについてお話しします。(2019/2/15)

あんしんAI機能もアップデート:
トーンモバイルの新スマホ「TONE e19」登場 石田社長「iPhone1台分の価格で3世代使える」
トーンモバイルが新スマホ「TONE e19」を3月1日に発売する。前モデル「m17」から性能を向上させながら、価格は1万9800円に抑えた。AIが子どもを守る機能「TONEあんしんAI」もアップデートした。(2019/2/14)

子ども達「パパー!ジブリ飯作って!」→「そうじゃない」 お父さんが本気で作った「王蟲ライス」が話題に
がってん承知!(2019/2/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。