ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドワンゴ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ニコニコ、使えるクレカがJCBのみに ダイナースクラブでの有料会員支払いを一時停止へ
ドワンゴは5月22日、同社の動画共有サービス「ニコニコ」の有料会員「プレミアム会員」において、Diners Club(ダイナースクラブ)での料金支払いを24日から一時停止すると発表した。24日以降、利用できるクレジットカードブランドはJCBのみとなる。(2024/5/22)

ちょっと昔のInnovative Tech:
YouTuber or VTuber どちらで配信する方が支持される? 明治大などの研究者らが比較調査
明治大学やソフトバンク、NTTドコモ、ドワンゴに所属する研究者らは、動画配信における顔出し、2DCGアバター、3DCGアバターの3種類の配信スタイルが視聴者にとってどれほど影響があるのかを比較調査した研究報告を発表した。(2024/5/17)

ニコニコ、Visaでの有料会員支払いを一時停止へ Mastercard、American Expressに続き
ドワンゴは、同社の動画サービス「ニコニコ」の有料会員「プレミアム会員」において、Visaでの料金支払いを5月10日から一時停止する。同社は2023年11月にMastercard、24年3月にAmerican Expressでの支払いを停止しており、10日以降利用できるのはJCBとDiners Clubのみとなる。(2024/5/9)

ニコ動の「@ピザ」機能が5月下旬に終了 16年の歴史に幕 ユーザー驚愕「まだ使えたの?」
ドワンゴは15日、PC版「ニコニコ動画」で提供していた「@ピザ機能」を5月28日をもって終了すると発表した。(2024/4/15)

ライブドアとドワンゴが協業 ライブドアニュースでニコニコ動画の切り抜き紹介
ライブドアとドワンゴがパートナーシップ契約を結んだ。「ニコニコ」に投稿された動画の切り抜きを、ライブドアニュースで紹介できるようにする。(2024/2/27)

「推しの子」が「ネット流行語 100」を席巻 「ネット界に広く影響」とドワンゴ
ドワンゴとピクシブは13日、今年の「ネット流行語 100」を発表した。年間大賞は、アニメも大ヒットした漫画「推しの子」に決まった。(2023/12/14)

ゲーム発売日や“推し”の誕生日に堂々と休める「記念日休暇」、ドワンゴが導入へ
ドワンゴは12日、新しい「記念日休暇」制度を2024年1月1日から導入すると明らかにした。有給休暇を1日増やし、記念日の前後1カ月ならいつでも休めるという。(2023/12/12)

ニコニコの「プレミアム会員」が値上げへ 導入から16年で初
ドワンゴは、動画コミュニティーサービス「ニコニコ」のプレミアム会員料金を値上げすると発表した。(2023/12/4)

ニコニコ、Mastercardでの決済を突如停止 原因は“猫の動画”? 「カードブランドとの不和」疑う声も
動画投稿サイト「ニコニコ」は11月8日、一部Mastercardを使った決済を一時停止したと発表した。事前告知がなかったことからSNS上では「ニコニコの運営会社であるドワンゴと、Mastercard側との不和が原因では」などと臆測を呼び、話題になっている。(2023/11/9)

「ニコ動」収益化、インボイス登録は「強制ではない」 ドワンゴ、案内を訂正
ニコニコ動画の収益化サービス利用者に出した案内が「インボイス番号の取得が必須であると受け取られるものだった」としてドワンゴが訂正・訂正。(2023/10/3)

ニコ動、そごう・西武ストライキを生中継 店舗前活動を定点観測
百貨店大手のそごう・西武の労働組合がストライキを実施している件を巡り、ドワンゴは臨時休業している西部池袋本店前の様子をニコニコ動画で生放送している。(2023/8/31)

「ゆっくり茶番劇」騒動がほぼ決着 無効審決が出る
ドワンゴは、2022年2月に登録された商標「ゆっくり茶番劇」について、7月12日付で無効審決が出たと発表した。一定期間内に審決取消訴訟が起こされなければ確定する。(2023/7/24)

「KADOKAWAドワンゴ情報工科学院」誕生 専門校「バンタンテックフォードアカデミー」が名称変更
「バンタンテックフォードアカデミー」が「KADOKAWAドワンゴ情報工科学院」に名称変更。産学連携などに取り組んでいく。(2023/7/21)

自分で作ったオリジナル曲、音楽サブスクに一括配信 ドワンゴから「楽曲収益化サービス」
ドワンゴは、クリエイターが作成した楽曲を、音楽サブスクリプションサービスやSNSなどに一括配信する「楽曲収益化サービス」を、7月25日に開始する。ニコニコ動画だけでなく、各種配信サービスで音楽クリエイターの収益化が可能になる。(2023/7/14)

“ABC予想証明”の欠陥発見に賞金1.4億円 ドワンゴ創業者の川上さんが設置
数学の未解決問題「ABC予想」を証明する理論の欠陥を指摘できれば賞金1.4億円──一般社団法人日本財団ドワンゴ学園準備会は、そんな取り組みを始めると発表した。(2023/7/7)

「サ終前に言ってくれればいいのに……」 “危ないアピール”はむしろサービスの寿命を縮める ドワンゴ栗田COOが語る現実
企業のサービス終了告知が出ると「危なくなった段階で言ってほしい」という反動がよく見られる。しかし、ドワンゴの栗田穣崇COOによると“危機アピール”はサービスの寿命をさらに縮めるという。(2023/6/29)

オンライン大学「ZEN大学」 ドワンゴと日本財団が開学へ 「教育格差解消を」
ドワンゴと日本財団は、日本発の本格的なオンライン大学「ZEN大学」(仮称)を25年4月に開学する計画だ。(2023/6/5)

ドワンゴ、特許裁判でFC2に勝訴 一審から逆転勝訴となった決定打は?
ドワンゴが、米FC2との間で争っていた特許権侵害訴訟で勝訴した。ドワンゴはニコニコ動画で使っているコメント配信システムの特許をFC2が侵害しているとして提訴。賠償額は1101万5517円で、コメント配信システムの差し止めも認められた。(2023/5/26)

東北ずん子プロジェクトの投稿作品だけで作り上げるテレビアニメ「ずんパラ」、ドワンゴとSSSが作るのだ!
ニコ動をテレビで放送しちゃうのだ!(2023/5/26)

ドワンゴ従業員がクリエイターを揶揄する発言 取締役が謝罪「従業員に厳重注意してツイートを削除させた」
Twitter上で「配慮に欠けた発言」として謝罪。(2023/5/9)

ドワンゴ栗田氏が謝罪 画像生成AIの議論巡り「従業員がクリエイター揶揄した」
ドワンゴの栗田穣崇COOが、従業員がSNSでクリエイターを揶揄(やゆ)するような発言をしていたとして謝罪した。「クリエイターへの配慮に欠けた発言であり、対象従業員に厳重注意の上ツイートの削除を行った。責任者として深くおわびする」(同氏)(2023/5/9)

ニコニコ超会議、リアル参加者は約12万人 4年ぶりの歓声も
ドワンゴは4月30日、幕張メッセで開催した「ニコニコ超会議 2023」の来場者が2日間で11万8797人だったと発表した。昨年の9万6160人を上回った。(2023/5/1)

3DS版「ニコニコ」BGMが無料配布 「せめてもの思い出に」
ドワンゴが、携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」版「ニコニコ」で使っていたBGMの無料配布を開始。「サービス終了を惜しむ声があり、せめてもの思い出にと配布を始めた」という。(2023/4/13)

「ゆっくり実況」商標の出願拒絶に「喜ばしい進捗」とドワンゴ 「弊社の見解とおおむね一致」
特許庁がドワンゴによる「ゆっくり実況」「ゆっくり劇場」「ゆっくり解説」の文字商標登録を拒絶した件を巡り、同社が「喜ばしい進捗」とコメントした。(2023/2/16)

「ゆっくり実況」などの商標出願に拒絶通知 ドワンゴが「誰も登録できないと明らかにする」と出願
特許庁が、ドワンゴによる「ゆっくり実況」などの文字商標登録を拒絶した。同社は「ゆっくり茶番劇」騒動を巡り「誰も商標登録できないことが明らかにする」としてゆっくり実況などを商標出願していた。(2023/2/15)

“AIが出力しただけ”の作品は収益化NG ニコニコが基準表明 「クリエイター支援の目的にそぐわない」
ドワンゴが、ニコニコにおけるAIを活用した作品の収益化基準を明示した。AIの生成物をそのまま投稿し、収益を得ることはNGとした。(2022/10/14)

栗田ニコニコ代表、トークソフトになる 無料で適当なことを喋らせられるように
ニコニコの運営代表を務めるドワンゴの栗田穣崇専務取締役COOが、自身の声をベースにしたトークソフトを無料で提供すると発表した。文章を入力すれば、栗田代表の喋り声を再現できる。(2022/9/28)

KADOKAWA角川歴彦会長の逮捕でも「ニコニコの運営に影響ない」 ドワンゴ取締役の栗田穣崇さんが明言
ドワンゴはKADOKAWAの完全子会社です。(2022/9/14)

パイロットワークショップも実施:
メタバースの学校とは? Metaが次世代XRクリエイター育成プログラムを日本でも展開 角川ドワンゴ学園と連携
Meta(Facebook Japan)が、日本でもVR/AR技術の育成プログラム「Immersive Learning Academy」を展開することになった。日本での展開に当たっては角川ドワンゴ学園の協力を得ることになっており、同学園のN高等学校/S高等学校の生徒とのパイロットワークショップも実施された。(2022/9/12)

ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
FC2高橋氏から持ちかけられたという「和解」の内容についても言及が。(2022/8/8)

ドワンゴ、FC2に対する「コメント表示機能」の特許侵害訴訟で勝訴
損害賠償請求などが認められました。(2022/7/29)

ニコニコ、10時間に渡るメンテナンス予告 6月15日午前2時〜正午は全サービス停止
ドワンゴが、6月15日午前2時から正午にかけて、「ニコニコ」の全サービスをメンテナンスする。期間中は「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」といったサービスが利用できなくなる。(2022/6/8)

ニコニコ、【ゆっくり茶番劇】投稿祭を開催 賞品に「おまんじゅう詰め合わせ」など
ドワンゴは、動画投稿プラットフォーム「ニコニコ動画」で「【ゆっくり茶番劇】投稿祭」と「ゆっくり動画投稿祭」を開催すると発表した。同人ゲームなどで知られる「東方Project」などの二次創作キャラクター「ゆっくり」を使った動画を募集する。(2022/6/3)

ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標権放棄されても「無効審判請求行う」
「ゆっくり茶番劇という表示は商標として登録されるべきではなかった」ことを明らかにするため。(2022/6/2)

「ゆっくり茶番劇」登録取り消しを特許庁が受理 ドワンゴは無効審判請求の姿勢崩さず
特許庁が文字商標「ゆっくり茶番劇」の商標権抹消登録申請書を受理したことを受けて、ドワンゴはこの商標登録に対する無効審判請求を行うと改めて発表した。(2022/6/2)

ドワンゴ、「ゆっくり実況」など商標を出願 独占防止のため
ゆっくり茶番劇の騒動を受けての対応。(2022/6/1)

ドワンゴ、「ゆっくり実況」「ゆっくり解説」「ゆっくり劇場」を商標出願 ゆっくり茶番劇騒動を受けて
ドワンゴが「ゆっくり実況」「ゆっくり解説」「ゆっくり劇場」の3つの商標登録を出願したことが6月1日付の公開商標公報で明らかになった。商標出願日はいずれも5月24日付。(2022/6/1)

ニコニコ生放送、人物に被らずコメントを描画する機能を正式版に iOS版アプリで
「ニコニコ生放送」を運営するドワンゴは30日、生配信中のコメントを画面内の人物に被らないように描画する機能が正式版になったと発表した。最新のiOS版アプリで対応。(2022/5/31)

ニコニコ、削除してしまった「ゆっくり茶番劇」動画を復活へ 「不安から動画消した」相談多く
ドワンゴは、動画配信サービス「ニコニコ」で、「ゆっくり茶番劇」の文字商標登録を理由に削除した動画を復旧すると発表した。(2022/5/26)

「ニコニコ動画」と「YouTube」、どちらが稼げるか論争 ドワンゴCOOの見解が「めっちゃ真理説いてる」などと話題
動画クリエイターにとって、主要な動画投稿サイト「ニコニコ動画」と「YouTube」のどちらが稼げるのかという論争に関して、ニコニコ動画の代表で、ドワンゴの栗田穣崇COOの見解が「めっちゃ真理説いてる」などと注目を集めている。(2022/5/26)

【全文】「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動 ドワンゴは会見の質疑応答で何を語った? 一問一答
動画サービス「ニコニコ動画」などで親しまれてきた「ゆっくり茶番劇」が第三者に文字商標として登録された問題で、ドワンゴが緊急記者会見を開いた。会見内の報道陣からの質疑応答に、ドワンゴはどう回答したのか。一問一答形式で紹介する。(2022/5/24)

ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標権放棄交渉や無効審判請求へ 相談窓口も開設
動画サービス「ニコニコ動画」などで親しまれてきた「ゆっくり茶番劇」が第三者に文字商標として登録された問題で、運営元のドワンゴが商標権者に対して放棄交渉を始めると発表した。放棄に応じなかった場合は、商標登録の無効化を目指し、無効審判を請求する。(2022/5/23)

ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄交渉へ 応じなければ無効審判請求
ドワンゴは、「ゆっくり茶番劇」が第三者に文字商標として登録された件について、「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄交渉などを行うと発表した。(2022/5/23)

「ゆっくり茶番劇」使用についてドワンゴが見解を発表 「ジャンルやカテゴリーの表示として使う場合は商標侵害にならない」
動画投稿者の「柚葉」さんが文字商標を登録していました。(2022/5/20)

ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」問題に公式声明 「ジャンルとしての利用なら商標権侵害しない」
ドワンゴは「ゆっくり茶番劇」が文字商標登録された件について、「ゆっくり茶番劇」という文字列を動画のジャンル・カテゴリーの表示として使い、ニコニコ動画を投稿することは、商標権を侵害しないとする見解を発表した。(2022/5/20)

ニコニコ、“ゆっくり茶番劇”商標登録への公式声明「21日までに出す」
ドワンゴの栗田穣崇専務取締役COOは、「ゆっくり茶番劇」の商標登録問題について動画配信サービス「ニコニコ」としての公式声明を21日までに発表すると、自身のTwitterアカウントで発信した。(2022/5/16)

ニコニコ超会議を前に:
「iモードがなければスマホは誕生しなかった」――KADOKAWA夏野剛社長が語る「日本の経営者にいま必要なもの」とは?
「ニコニコ超会議」を主催するドワンゴを率いるのは、NTTドコモが運営していたサービス「iモード」の生みの親とされる夏野剛社長だ。国内屈指のIP企業が、宇宙ベンチャー起業に出資した理由を聞いた。(2022/4/29)

ホリエモン×夏野剛(4):
KADOKAWAが宇宙産業に出資した理由 ホリエモンが描く「ニュースペース2.0」の世界とは
ドワンゴは、大型展示会「ニコニコ超会議」(超会議)を4月29日(金祝)と30日(土)に幕張メッセでリアル開催する。(2022/4/28)

ドワンゴ、「ニコニコ超会議2022」でNFTを無料配布 新ブース「超NFT」をLINEが初出展
ドワンゴが、幕張メッセで開催する「ニコニコ超会議2022」の「超NFT」ブースで、限定NFTを無料配布する。(2022/4/27)

ドワンゴが無料通話アプリ「Otofu (オトウフ)」を提供開始 趣味が合う人と最大7分1対1で通話できる
サービス内の有償ポイントを使うと、発信回数や通話時間を増やせるそうです。(2022/4/15)

PR:着うた®ドワンゴジェイピー 着うた、音楽ダウンロードはドワンゴジェイピー


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。