ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「ELEVEN-UP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ELEVEN-UP」に関する情報が集まったページです。

5月16日から回線限定解除、サービス開放へ――「真・三國無双BB」
ELEVEN-UPとコーエーは、従来の「Yahoo! BB」および「SoftBank ブロードバンド サービス」を利用のユーザー専用サービスであった一騎当千MMOアクション「真・三國無双BB」の回線限定を解除して、誰でも遊べるようサービスを開放すると発表した。(2007/4/25)

TGS2006、その他アレコレ気になるブースをチェックしてきました
 情報はあるのだがお見せできる画像が無い、派手なイベントは行わないが取り上げないのは惜しい……。そんなブースやタイトルを幾つかまとめてコチラでお届けする。(2006/9/25)

東京ゲームショウ2006:
PS3関連は映像出展のみだが対戦がアツイ――コーエーブース
両国の威信をかけた戦いを描く「BLADESTORM−百年戦争−」と、歴史上人物と同じ卓を囲める「麻雀大会IV」のスクリーンショットが公開。対戦がアツイとのことだが?(2006/9/24)

東京ゲームショウ2006:
ポータブルゲーム機に近いゲーム環境を提供――ボーダフォンブース
東京ゲームショウ2006のボーダフォンブースは、一足早くソフトバンクブランドで出展。Bluetooth対戦やワイド画面対応など、ポータブルゲーム機に近いゲーム環境をアピールした。(2006/9/22)

日本HP、“真・三國無双BB”推奨のAthlon 64 X2搭載ゲーミングPC発売
日本ヒューレット・パッカードは、コーエー製オンラインアクション「真・三國無双BB」推奨モデルとなるデスクトップPCを発売する。(2006/9/22)

ちかゲームでコンパニオンと遊べる:
ボーダフォン、「東京ゲームショウ 2006」に出展
ボーダフォンは、9月22日から24日まで幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ 2006」に出展すると発表した。Bluetoothを使った対戦ゲーム「ちかゲーム」をコンパニオンと楽しめるコーナーも。(2006/9/15)

コースもフォームも結構本格的――ゴルフ下手が「ゴルフだいすき!」クローズドβテストで遊んできました
限定5000名で先行テストを行ったオンラインゴルフゲーム「ゴルフだいすき! 〜I LOVE GOLF!〜」。コースも1種類しか用意されていませんが、ゲームの面白さを知るには十分。ではこのゲームの魅力をお伝えしたいと思います。(2006/8/29)

「真・三國無双BB」プレオープンを9月27日より開始
「真・三國無双BB」のプレオープンが9月27日より開始されることが決定した。パッケージも販売開始。(2006/8/22)

新サービス「Gプラネット構想」に入りんしゃい――上戸彩もゴルフだいすき!
ELEVEN-UPとキャメロットが8月1日、新オンラインエンターテインメントサービス「Gプラネット構想」を発表し、その第1弾となる「ゴルフだいすき! 〜 I LOVE GOLF! 〜」を公開。イメージキャラクターの上戸彩さんがゴルフに興じた。(2006/8/1)

上戸彩キャラがあのポーズを? 「ゴルフだいすき!」
初代「みんGOL」や「マリオゴルフ」で知られるキャメロットが放つオンラインゲーム「ゴルフだいすき!」。CMキャラに起用された上戸彩さんも期待。(2006/8/1)

G-Tune、オンラインRPG“ベルアイル”推奨PC3製品を発売
MCJは、同社ゲーマー向けPCブランド「G-Tune」より、オンラインRPG“ベルアイル”推奨のデスクトップPC計3製品を発売する。価格は11万4870円から。(2006/7/25)

E3 2006「コーエーブース」:
「真・三國無双BB」は侠気ある行動で望むべし――体験プレイ&インタビュー
E3会場で実感した確かな無双の手応え。一騎当千の爽快感はオンラインにおいても変わりはなかった。開発陣へのインタビューからわかったことを紹介したい。(2006/5/13)

新たなジャンルのフラッグシップとなる――「真・三國無双BB」発表会
2004年9月に発表されたのち、密かに、しかし着実に開発が進められていたWindows用MMOアクションゲーム「真・三國無双BB」が、ついに謎のベールを脱ぎ、実機プレイにて披露された。会場ではテクニカルテスト参加者募集についても触れた。(2006/3/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。