ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マクドナルド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メルペイ」の50%還元再び コンビニやマクドナルドで11円(税込)〜のクーポンも
メルペイは、6月14日から「メルペイあと払い」を利用すると支払額の50%相当(セブン‐イレブン、ファミリーマート店頭は70%相当)をポイント還元するキャンペーンを実施。また、同日から「マクドナルド」「セブン‐イレブン」「ファミリーマート」「ローソン」で利用できるクーポンの提供を行う。(2019/6/14)

マクドナルドの「踊るだけ」宣伝動画、商品訴求はなし それでもTikTokでバズった理由とは
TikTokを運営するByteDanceがインターネット・マーケティングフォーラム2019でセミナーを開催した。(2019/6/10)

マクドナルド「スパイシーチキンマックナゲット」が6月12日に発売 辛さ増す「メガ辛スパイシーソース」も誕生
登場のたびにソースがどんどん辛くなってる……!(2019/6/8)

マックの塩と読売の夕刊、同じトラックで輸送 業種またいで効率化
マクドナルドの食塩と読売の夕刊を2トントラックに乗せて共同輸送することで、配送を効率化取り組みを、日本マクドナルドと読売新聞グループ本社などが共同で始めた。(2019/6/4)

マクドナルドと読売新聞、異業種が共同輸送 相乗りするのは「塩と新聞」
輸送効率が上がるとのこと。(2019/6/3)

スウェーデンに世界最小のマクドナルドがオープン! 店内はミツバチのお客さんで大繁盛
店内には所せましと来店客が……。(2019/6/1)

マクドナルド「東京ローストビーフ」問題で消費者庁が課徴金納付命令
CMでブロック肉を表示していたが実際の商品は成型肉でした。(2019/5/24)

期間限定で実施:
「おもちゃがいっぱいだ!」 子どもが群がる箱から見えたマクドナルドの新戦略
マクドナルドがプラ製おもちゃの回収を進めている。1回目が好評だったため、回収期間を増やして再度実施する。「エコ」以外にも業績に貢献する効果が見込めそうだ。(2019/5/8)

マクドナルド「かるびマック」「たまごダブルマック」が改名して復活 「改名バーガーズ」
改名後の名前は5月7日に発表。(2019/4/29)

マクドナルドが「未来型店舗体験」を静岡県で開始 アプリでの事前注文「モバイルオーダー」など新サービスを導入
よりファストに、より快適に。(2019/4/9)

マクドナルド「レジに並ばず買える」実験 静岡でもスタート アプリで事前注文
アプリから商品を事前注文できるサービスを日本マクドナルドが静岡県で始める。(2019/4/9)

マクドナルドの春の定番「てりたま」3月13日スタート 新商品の「厚切りペッパーベーコンてりたま」もおいしそう
マックフィズ/マックフロートは甘酸っぱい味わいの「とちおとめ」。(2019/3/6)

マクドナルドが夜限定「倍バーガー」を昼も解禁 ビッグマックなら100円追加でパティ4枚に
どんどん盛ってく方向。(2019/2/28)

マクドナルドで無料クーポンやdポイント(2万)が抽選で当たるキャンペーン 3月1日から
NTTドコモは、3月1日からdポイントがマクドナルド各店舗での利用2周年を迎えたことを記念する「マクドナルド×dポイント 2周年!感謝祭」を開催。マクドナルド公式アプリ上で豪華賞品やマクドナルドの無料クーポンが抽選で当たるほか、期間中に合計1000円(税込)以上買い物をすると抽選で1000人にdポイント2万ポイント(期間・用途限定)をプレゼントする。(2019/2/26)

マクドナルドから恒例「チキンタツタ」と新商品「チキンタレタ」限定販売 チーズタッカルビをイメージ
朝マックでも販売。(2019/2/8)

マクドナルド、Lサイズを超えるポテトとコーラ期間限定発売――「グランドフライ」「グランドコーク」
いつものセットにプラス100円でグランドサイズにアップ。(2019/1/11)

マクドナルドでナゲット30ピースが33%オフの750円に 12月22日から25日のクリスマス限定キャンペーン
伊勢海老ソースがとても気になる……!(2018/12/19)

今年もマクドナルド「グラコロ」の季節がやってきた 12月5日から期間限定販売、「濃グラコロ」も新登場
超と濃、どちらをいただきましょうか。(2018/12/2)

組み合わせは3700万通り:
海外で人気の「サブウェイ」は、なぜ日本でイマイチなのか
日本のサブウェイが苦戦している。2014年、日本国内で480店展開していたが、その後閉店が相次ぎ、11月には304店舗まで縮小している。海外ではマクドナルドよりも店舗数が多いのに、なぜ日本で伸び悩んでいるのか。(2018/11/29)

マクドナルドのハッピーセットに史上初のシークレット登場! タカラトミー公式Twitter喜びで荒ぶりまくる
タカラトミー「今回は史上初の『シークレット』もありむぁあああああす!!!!」(2018/11/12)

エコを意味する緑色:
マクドナルド、「ハッピーセット」玩具をトレーに再利用 プラスチックごみ対策に本腰
日本マクドナルドが「ハッピーセット」の玩具を再利用した店舗用トレーを約10万枚導入する。環境保護が狙いで、約127万個の玩具をリサイクルした。子どもに物の大切さを教える役割も果たしているという。(2018/11/7)

サブウェイのCMに見覚えのある“あの人”が…… マクドナルドのCMにしか見えないと混乱呼ぶ
「ランランルー!(サンドイッチを食べながら)」(2018/10/7)

観光保護・健康志向の路線に:
米マクドナルド、バーガー7種に人工保存料など使わず 日本も「可能な限り減らす」
米McDonald'sが、米国内の全店舗で販売するハンバーガーに人工保存料・香料・着色料を使用しない方針を発表。消費者の健康志向や食に対する意識の高まりに対応するため。日本マクドナルドも「可能な限り減らす」という。(2018/9/27)

超初心者のための株講座:
上場以来の最高益なのに評価はイマイチ? マクドナルドの事例で学ぶ株価の謎
2001年に上場して以来の最高益となった日本マクドナルドホールディングスだが、足元の株価は好調とはいえない。知っているようで知らない株価の仕組みを分かりやすく解説する。(2018/9/27)

お店に自分がモデルの偽ポスターを貼るイタズラ Twitterで話題巻き起こした学生、米マクドナルドに起用される
(2018/9/24)

マクドナルド流の教育とは?:
マクドナルド元幹部が語った「スマイル0円」の真意と人材育成の極意
1990年代後半、日本マクドナルドの社内育成機関である「マクドナルド大学」の学長に就任した有本均氏は、大量のアルバイトを短期間で店長代理に育成する必要に迫られた。数々の改革を打ち出し、周囲を説得した背景にあったのは「バイトでも教えればしっかりと育つ」という信念だった。(2018/9/14)

『週刊少年ジャンプ』とマクドナルドがコラボ 付録に「ハンバーガー無料券」 店内Wi-Fiでは無料試し読みが可能に
行くしかない!(2018/8/27)

PR:マクドナルドをデリバリーしてくれる「Uber Eats」が人をダメにするシステムすぎた
8月24日から30日までは限定グッズがもらえるキャンペーンも。(2018/8/23)

Mサイズは120円、Lサイズは170円引き:
マックのポテト、8月20日から期間限定で「全サイズ150円」に
日本マクドナルドが8月20日〜31日の期間限定で、「マックフライポテト」のS・M・L全サイズを税込150円で販売する(2018/8/17)

マクドナルドのコミケ限定セットが話題に 広報に誕生の理由を聞いてみた
おなじみとなったあのセット。(2018/8/14)

マクドナルドが「夜マック」第2弾 ポテトとナゲットのセット「ポテナゲ」登場
8月から全国展開です。(2018/7/27)

「ブロック肉」は使用せず:
マクドナルドに措置命令 「ローストビーフ」に成型肉を表示せず
消費者庁が日本マクドナルドに措置命令を出した。「東京ローストビーフバーガー」などで、牛赤身をスライスした具材を使っているかのように宣伝していたのに、実際は成型肉だったため。(2018/7/24)

マクドナルド、「ほんのハッピーセット」開始へ おもちゃか絵本か図鑑から選択可能に
年齢に合った選択肢が増えそう。(2018/7/3)

復活望む声受け:
「マックポーク」が5年ぶり復活 リニューアルして新レギュラーメニューに
日本マクドナルドは7月4日から、単品200円(税込)の「おてごろバーガー」の新レギュラーメニューとして「ベーコンマックポーク」を販売する。(2018/6/28)

LINE Pay、友だちに10円を送るとローソンやマクドナルドの商品がもらえるキャンペーン
LINE Payは、LINEの送金機能の認知拡大を目的としたキャンペーン「10円ピンポン」を開催。友だちに10円を送ると、ローソンやマクドナルドの人気商品を4週週替わりで貰うことができる。キャンペーンアンバサダーには「欅坂46」が就任し、ライブへの抽選招待などを行う。(2018/6/18)

Mobile Weekly Top10:
2台の「JOJOスマホ」がそろう時/マクドナルドがNFC決済導入
「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボしたスマートフォン「JOJO L-02K」。税込みで12万円超の価格である上、月々サポートがないことからかなり値が張ります。その「苦難」を承知の上で購入したユーザー同士が出会うと、何が起こるのでしょうか……?(2018/6/18)

認知度アップ・利用促進が狙い:
LINE Payがローソン、マクドナルドとコラボ 「10円」送るとコーヒーなど提供
LINEが「LINE Pay」の認知度向上を図るためのキャンペーンを開始。名称は「10円ピンポン」で、「友だち」に10円を送ると特典が受け取れる。特典はローソンのコーヒー、日本マクドナルドのポテトなど。(2018/6/18)

辛旨! マクドナルドが「スパイシーチキンマックナゲット」を6月20日から発売
辛党に朗報。(2018/6/14)

マーケティング部門の責任者に聞く:
マックのチキンナゲット、35年目にして新商品が出た理由
日本マクドナルドが定番のサイドメニュー「チキンマックナゲット」の新商品を6月20日から販売する。これは、チキンナゲットが日本に上陸してから35年目にして初めてのことである。チキンナゲットを強化する背景には何があるのか、マーケテイング部門の責任者に聞いた。(2018/6/14)

モバイル決済の裏側を聞く:
なぜNFC決済を導入? マクドナルドがモバイル戦略で目指すもの
読者の皆さんで、これまでマクドナルドを利用したことがないという人は少ないのではないか。そんなマクドナルドが、Type-A/B方式のNFCを活用した決済サービスを導入した。その狙いは? マクドナルドのモバイル戦略を聞いた。(2018/6/12)

コスパだけじゃない!:
ハンバーガーの肉が倍になる夜マックが「客にも店にもオイシイ」真の理由
マクドナルドのパティが100円で倍になる「夜マック」が好調だ。夕食のニーズを創出したことに加え「完全な新商品」でない点が店側のメリットにつながっている。(2018/6/8)

マクドナルドの“裏メニュー”が進化して復活 4種のトッピングを使って1124通りの味わいが楽しめる
“裏夜マック”とかいう闇の深そうな楽しみ方。(2018/6/4)

マクドナルド「てりやきチキンフィレオ」がレギュラーメニューに 5月31日からクーポン配信
新たなレギュラーメニューが決定しました。(2018/5/30)

マクドナルド「たまごダブルマック」「てりやきチキンフィレオ」「マックリブ」が復活 投票で1つがレギュラーに
懐かしいバーガー3種。(2018/5/8)

4月25日〜5月15日:
マクドナルド、ナゲット15ピース入りを390円に期間限定値下げ 限定ソースも
日本マクドナルドが期間限定で「チキンマックナゲット 15ピース」を180円値下げする。4月25日〜5月15日は、通常の570円(税込、以下同)から390円となる。2種類のソースも限定発売する。(2018/4/20)

ドコモの25歳以下ユーザー向け「ハピチャン」特典、5月は「マック」、6月は「ローソン」
NTTドコモは、25歳以下のユーザーを対象とする特典プログラム「ハピチャン」の特典を発表。5月はマクドナルドの「グラン クラブハウスを1つ、6月はローソンの「ウチカフェ 濃厚ミルクワッフルコーン」が2つもらえる。(2018/4/19)

「ストラトス」「2000GT」!! マクドナルドのハッピーセットが渋すぎるトミカチョイス GWのオトーサン狙い撃ち♪
ストラトスと2000GTだとぉ。「ハッピーセット トミカ」スポーツカーシリーズは4月27日から。(2018/4/12)

50年の伝統に新味 「ビッグマックベーコン」「ビッグマックBLT」登場
まさに特盛り。まさにマクドナルド。(2018/4/11)

“グランドサイズ”のサイドメニューも:
「ビッグマック」に新風味「ベーコン」「BLT」登場 生誕50周年を記念
日本マクドナルドが、特別メニュー「ビッグマック ベーコン」「ビッグマック BLT」を発売する。「ビッグマック」の生誕50周年を記念した企画の一環で、販売期間は4月18日〜5月上旬。日本市場で同商品が風味を変更するのは初。(2018/4/11)

マクドナルド「ビッグマックソース」待望の再販決定! 前回は開始わずか3分で売り切れのプラチナソース
今回は1000個限定で、追いソースし放題。(2018/4/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。