ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「意識調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

産業動向:
在宅勤務と室内環境に関する意識調査を実施、半数がリビングダイニングで在宅勤務
旭化成建材と快適空間研究所は、2021年1〜2月に在宅勤務を経験した30〜59歳の男女を対象に、在宅勤務と室内環境に関する意識調査を実施した。リサーチの結果によれば、対象者の54.1%が「リビングダイニング」で主に在宅勤務をしていることが判明した。(2021/9/22)

企業のノベルティ、75%が「迷惑」 理由1位は「実用性の低さ」
 ノベルティ事業「ブラノベ!」を運営するtetote(神奈川県横浜市)は、社会人240人を対象に「ノベルティに関する意識調査」を実施した。その結果、企業からもらったノベルティを「迷惑」と感じた人は75%いることが分かった。(2021/9/21)

「欲しい商品」を手に入れるため、何店舗探してみる? 「4〜5店舗」は12.4%
生活者がテレビやインターネットなどで知った商品をどのように探すのか、意識調査を実施した。情報接触をきっかけに欲しいと思った商品について、売っている店舗を探した人、購入してみたいと思う人はどちらも6割程度いることが分かった。(2021/9/21)

500人に調査:
「転職しないほうがいいケース」ランキング 1位は「人間関係に不満」、経験者の意見は?
ビズヒッツは、転職経験のある男女を対象に「転職しないほうがいいと思うケースに関する意識調査」の結果を発表した。どんなコメントが寄せられたのか。(2021/9/21)

導入率は前回調査を下回り、低迷中:
「満足度は従業員よりも経営層の方が高い」 デル・テクノロジーズがテレワークに関する調査結果を発表
デル・テクノロジーズは、テレワークとニューノーマル時代の働き方に関する意識調査のうち、「前編:テレワーク導入状況」の結果を発表した。中小企業におけるテレワーク導入率は前回調査を下回る結果となり、普及率が低迷していることが分かった。(2021/9/16)

キャリアニュース:
「中間管理職に向いていない」と約6割が回答、つらいのは「板挟み」
ビズヒッツが「中間管理職がつらいと思う瞬間」に関する意識調査の結果を発表した。中間管理職がつらいと思う瞬間の1位は「板挟みになるとき」で、64.7%が、自分は中間管理職に「向いていない」と回答した。(2021/9/16)

変化がない:
「仕事がつまらないなあ」と感じる、瞬間ランキング
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、「仕事がつまらないと思う瞬間に関する意識調査」を実施し、ランキングを発表した。(2021/9/15)

経済損失は、年間約14兆5000億円:
将来の健康不安、「ガン」や「生活習慣病」を抑えて1位になったのは?
山田養蜂場は、「健康に関する意識調査」を実施した。自分の将来の健康で「不安に感じている分野・事柄」を尋ねたところ、3位は「ガン」、2位は「生活習慣病」という結果に。1位は?(2021/9/14)

GoToトラベル再開の場合、「利用したい」7割 人混み避け自然・風景が人気
国の観光支援事業「GoToトラベル」が再開された場合、約7割の人が「利用したい」と考え、旅の目的を「自然や風景を楽しむ」としている人が6割いることが分かった。調査会社「産経リサーチ&データ」が13日発表した「旅行に関する意識調査」で明らかになった。(2021/9/14)

デル、中小企業のテレワーク導入状況と意識調査の結果を発表 実施率は2020年7月から下降
デル・テクノロジーズは、2021年8月に全国の中小企業を対象に実施したテレワークおよびニューノーマル時代の働き方に関する意識調査結果レポートの前編を発表した。(2021/9/13)

使う目的は?:
普段使う自転車、1位は「ママチャリ」、2位は? 「乗れるけど日常的に使用しない」が半数
流通業向けシステム開発のプラネット(東京都港区)は、自転車に関する意識調査を実施した。(2021/9/13)

シニアの心理は?:
敬老の日が「楽しみ」なシニア女性は9.0% 「自分はむしろ祝う側」という意識が強い
50〜84歳の女性を対象に「孫と敬老の日に関する意識調査」を実施した。敬老の日を楽しみにしているというシニア女性は9.0%だった。(2021/9/11)

使った項目は:
シニアが孫に使ったお金はどのくらい? 昨年と比べ
ソニー生命保険は9月8日、「シニアの生活意識調査2021」の集計結果を公開した。シニアがこの1年間で孫のためにお金を使った項目や金額、日頃スマートフォンを何に使っているのかなどを聞いている。(2021/9/9)

仕事の悩みの相談相手は「いない」:
「中間管理職ってつらいなぁ」と思う瞬間ランキング
ビズヒッツが、中間管理職の経験者238人を対象に「中間管理職がつらいと思う瞬間に関する意識調査」を実施した。どんなときに中間管理職がつらいと感じるか、また自分は中間管理職に向いているかどうか、さらに仕事に関する悩みの相談相手についても調査した。(2021/9/8)

国内旅行に出かけられると思う時期、22%が「24年以降」 行きたい場所は?
自由に国内旅行に出かけられるようになったら行きたい場所は?トラベルテック事業を展開するattaが意識調査を実施した。(2021/9/8)

就業年齢の上昇は7割が「歓迎」:
シニア世代が「早期退職してもよい」と思える割増金額は?
サイボウズチームワーク総研は、55歳以上のビジネスパーソン約3000人を対象に「職場との関わり」についての意識調査を実施。シニア世代が「辞めてもよい」と思える早期退職割増金額や職場でのコミュニケーション状況などが明らかになった。(2021/9/2)

キャリアニュース:
2021年転職意識調査、約9割が転職経験あり、約7割が転職を検討
ライボが「2021年 転職意識調査」の結果を発表した。「転職経験あり」と87.9%が回答し、現在の転職意識を尋ねたところ、67.7%が転職を検討していた。また、コロナ禍前に比べて、転職への意識が変わったと36.2%が回答した。(2021/9/2)

コロナ終息後、タイ人が日本に期待する観光は? 3位「桜」、2位「ランドマーク施設」、1位は?
アジア・インタラクション・サポート(名古屋市)は、「タイ人の訪日に関する意識調査」を実施した。今、タイ人が期待する日本の観光は?(2021/8/30)

コロナの影響はあるのか:
図書館で一番本を借りている職業は「専業主婦、主夫」 特に読まれているジャンルは?
プラネットは、「図書館利用に関する意識調査」を実施した。図書館を利用する目的と職業による差はあるのか、図書館を利用する目的やどんな本を必要として来ているのかなどを調査した。(2021/8/26)

会計時、視線が気になる:
コロナ禍でも「行列に並んでもよい」場所は? スマホ決済の利用者が増加
アメリカン・エキスプレス・インターナショナルは、「コロナ禍における行列に関する意識調査」を実施した。買い物時の支払い方法は、QRコードやタッチ式のスマホ決済を選ぶ人が増えていることが分かった。(2021/8/26)

産業動向:
建設業のDXに関して意識調査を実施、拾い業務でデジタル化の実感が無いことが判明
野原ホールディングスは、建設関連事業の従業員もしくは建設系自営業を営む20〜59歳の男女1013人を対象に、Webアンケートを用いて、業務のデジタル化やリモート対応といったデジタルトランスフォーメーションの状況に関する調査を実施した。リサーチの結果によれば、図面から材料の数量を把握する「拾い業務」は、他の工程と比較して、デジタル化の実感が無いことが判明した。(2021/8/26)

増加傾向:
転職に関する意識調査 コロナ禍の前後でどう変わった?
キャリアや就職・転職に特化した研究や調査を行う機関「Job総研」を運営するライボは8月23日、「2021年 転職意識調査」の結果を発表した。(2021/8/24)

管理職と人事担当に調査:
管理職が日々困っていること 2位は「業務改善」、1位は?
リクルートマネジメントソリューションズ(東京都品川区)が、企業の人事担当と管理職300人を対象に実施した「マネジメントに対する人事担当者と管理職層の意識調査2021」の結果を発表した。管理職は日々どのようなことに困っているのか。(2021/8/24)

iPhone 13(仮)に期待することは「バッテリー性能の向上」 
ショーケースの運営するスマホの最新情報メディア「bitWave」は、8月23日に「iPhone 13(仮)に関する意識調査 2021年8月」の結果を発表。期待すること1位は「バッテリー性能の向上」で、半数以上の人が購入に前向きなことが分かった。(2021/8/23)

若年層ほど必要性:
テレワーク導入に賛成76.3%、賛成・反対の声は
スタッフサービス・ホールディングスは、「テレワーク」についての意識調査を実施。新しい働き方の可能性としてテレワークが議論されている点に着目し、現時点におけるテレワークの賛否や導入率について調査した。(2021/8/19)

シニア社員が抱える悩みは?:
シニア社員が、職場で嫌だと思うシチュエーション 2位「敬語を使われない」、1位は?
サイボウズは、55〜64歳のビジネスパーソンを対象に、「シニア社員の職場との関わり」の意識調査を実施した。職場で正直嫌だと思うシチュエーション、働く上で周囲から求められることと備わっていることを聞いた。(2021/8/17)

「年下の上司」はそんなに気にならない:
シニア世代が「本当はいやだけど我慢していること」 サイボウズが、職場との関わり方に関する調査結果を発表
サイボウズは「シニア社員の職場との関わり」についての意識調査の結果を発表した。職場の人から気軽に話し掛けてほしいと考えているシニアが多く、職場の同僚といかに関わるかを意識していた。(2021/8/17)

訪日旅行に関する意識調査:
コロナ禍でも、9割のタイ人が「日本旅行の情報を求めている」 知りたい情報3位「グルメ」、2位「宿泊」、1位は?
アジア・インタラクション・サポートはタイ人に「訪日に関する意識調査」を実施した。コロナ禍でもタイ人は日本旅行の情報を収集したいと考えていることが分かった。タイ人の関心のある情報はなにか。(2021/8/14)

行き先は:
1年以内に「国内旅行を検討」34.5%、緊急事態宣言が発出されたら?
JTB総合研究所は「新型コロナウイルス感染拡大による、暮らしや心の変化と旅行に関する意識調査」を実施し、その結果を発表した。(2021/8/11)

産業動向:
YKK APが1.5万人にコロナ禍における生活者の換気に関する意識調査を実施
YKK APは、インターネット上で、春(2020年5月15〜18日)、夏(2020年9月11〜18日)、秋(2021年1月22〜25日)にかけて、各期間で18歳〜74歳の男女5000人・延べ1万5000人を対象に、「コロナ禍における生活者の換気に関する意識調査」を実施した。調査結果によれば、各期間でコロナ禍の前と比べて換気に対する意識が高まっていることが分かった。(2021/8/10)

産業動向:
現場作業者に熱中症に関する意識調査を実施、93%がマスク着用で熱中症リスクを体感
三和建設は、協力会社のうち建設現場で働く作業従事者151人を対象に、インターネット上で、熱中症に関する意識調査を実施した。調査結果によれば、新型コロナウイルス感染症の影響によるマスク着用で以前より熱中症のリスクを感じている人が全体の93.4%に達することが判明した。(2021/8/5)

会社への帰属意識にも差が:
「フルリモート」と「フル出社」、新入社員が“3年以内に辞めたい”と思う割合が高いのは?
人材大手のマイナビが2021年卒の新入社員を対象とした意識調査を実施した。(2021/8/4)

なぜ必要? 何から手を付ける?:
PR:有識者対談で見えた「泥臭い、けれども着実に前に進む」ゼロトラストの進め方
@ITが実施した意識調査によると「ゼロトラスト」の注目が高まっていることが分かった。企業はどのようにゼロトラストに向き合うべきなのか。アイティメディアの内野宏信とソフトバンクの澤入俊和氏の対談からその答えを探る。(2021/8/24)

中高生1000人に調査:
中高生のなりたい職業、「ゲーム実況者」「ボカロP」が新たにランクイン 1位は?
ソニー生命保険が「中高生が思い描く将来についての意識調査2021」を実施。2019年の同調査と比較して、中学生のなりたい職業には「ゲーム実況者」「ボカロP」が新たにランクイン。高校生のなりたい職業は「公務員」「教師・教員」「保育士・幼稚園教諭」が順位上昇した。(2021/7/31)

賛否両論:
「定年制」必要派は56.2% 何歳まで働くか
スタッフサービス・ホールディングスは、「定年制」についての意識調査を実施した。その結果、定年制については賛否両論に。(2021/7/22)

半数以上が「転職意向あり」:
手取り20万円の社会人 理想の平均手取り額はいくら?
「手取り20万円できついと思うことに関する意識調査」を発表した。きついと思うこと1位は「欲しいものを買えない」だった。理想の手取り金額を聞いた。(2021/7/19)

日本生産性本部の調査:
テレワーク疲れでオフィス回帰? 1週間で「出社なし」の割合、コロナ禍で最低に
日本生産性本部が「第6回 働く人の意識調査」を発表。直近1週間の出勤日数が0日と答えた人の割合が11.6%と、過去6回の調査で最も少なかった。在宅勤務で「効率が上がった」の割合も、初めて減少に転じた。(2021/7/16)

産休や育児からの仕事復帰 早期希望は5割にとどまる
保育研究プロジェクト「子ねくとラボ」を運営する明日香(東京都文京区)は、「育児後の仕事復帰と自治体の産後支援に関する意識調査」を実施した。仕事にできるだけ早期に復帰したいと思うかは、早期希望は5割にとどまった。(2021/7/12)

コロナ禍の夏遊び計画調査:
2021年夏休み、子どもとやりたいこと 3位「プール」、2位「花火」、1位は?
コロナ禍で2度目の夏休みが来る。夏の家族旅行の意識調査が、今年の夏に子どもとたりたいことランキングを発表した。結果を見てみよう。(2021/7/10)

50代、クレカへ不安 定年退職後に解約の声、収入減の影響懸念
定年退職や老後を目前に控えた50代、キャッシュレスが進む昨今ではクレジットカードの見直しやステータスカードを意識する人も多い。全国50代のクレジットカード保有者を対象に意識調査を実施したところ、3割以上が定年退職後のクレジットカードの見直しを検討していることが分かった。(2021/7/9)

転職する際に重視する条件 3位「休暇日数」、2位「勤務地」、1位は?
パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」による、転職に関する意識調査。(2021/7/6)

雇用形態は「正社員」がトップ:
30代女性の転職理由ランキング 「収入」などを抑え1位になったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、30代で転職した経験がある女性を対象に「転職理由に関する意識調査」を実施した。(2021/7/6)

副業としてのニーズは高い:
若い世代の観光業界離れが加速? 転職時、他業界を希望する30代が61.3%
やまとごころキャリアが、サイト会員を対象に「観光業界で働くことへの意識調査」を実施した。(2021/7/3)

予算は5000円以内が最多:
帰省代わりのギフトに商機 選ぶ際に重視すること「価格」や「見た目」を抑え1位になったのは?
ケーキ専門通販サイトCake.jpが、サイト会員を対象に「お中元・夏ギフトに関する意識調査」を実施した。(2021/6/30)

地域経済に関する意識調査:
コロナ収束後、地域が望む公的資金を投入すべき経済対策 3位「一律給付金」、2位「GoTo」、1位は?
「地域経済に関する意識調査」が発表された。新型コロナウイルス終息後に注力すべき経済対策や公的資金を投下すべき政策などの質問が出された。人々は経済再生のためにどこにお金を使うべきだと考えているのだろうか。(2021/6/29)

上司に期待すること:
新入社員の不安は? 過去最高の項目が2つ
リクルートマネジメントソリューションズは、2021年度の新入社員を対象に意識調査を実施した。仕事・職場生活を送る上での不安を聞いたところ……。(2021/6/29)

「端末管理や従業員のモラルなどによる対策には限界がある」:
インシデントのあったテレワーク導入組織はどんなセキュリティ対策をしていた? デジタルアーツが意識調査
デジタルアーツは、「テレワーク導入・導入検討中の組織に対するセキュリティ対策意識調査」の結果を発表した。2020年に発生したインシデントの8割以上がWebアクセスとメールに起因していた。(2021/6/22)

キャリアニュース:
役職を外れる「ポストオフ」への適応、ポイントは学ぶ姿勢とフラットな人間関係
リクルートマネジメントソリューションズが「ポストオフ経験に関する意識調査」の結果を発表した。ポストオフに良好に適応している人には、必要な知識を学び続ける姿勢やフラットな人間関係の構築が見られた。(2021/6/10)

バレた理由は?:
転職活動がバレて困ったこと 3位「詮索された」、2位「慰留された」、1位は?
ビズヒッツが、転職活動がバレた経験のある男女257人を対象に「転職活動に関する意識調査」を実施した。(2021/6/9)

収入に不満:
年収400万円台の職業ランキング 1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは「年収400万円台の職業に関する意識調査」の結果を発表した。調査対象316人のうち最も多かったのは……。(2021/6/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。