ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ロボット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

協働ロボット:
家電ショールームにドイツ製協働ロボットが登場、産業用以外の可能性も探る
リョーサンは2020年8月27日から同年10月25日にかけて、ドイツのスタートアップであるFranka Emikaの協働ロボット「Panda」を蔦屋家電+で展示している。Franka Emikaは国内ではまだ広く知られていないが、海外では注目を集める協働ロボットメーカー。2020年1月からリョーサンが国内販売を開始している。(2020/9/17)

手のひらにのる小さな犬型ロボット 奇妙な動きで話題になった四つ足ロボ「スポット」を小さくしたみたい
SFのような世界を自宅で体験できそう。(2020/9/16)

サービスロボット:
コンビニの裏方にロボット! 先端技術を実装したスマートビルが竹芝で開業
東急不動産と鹿島建設は2020年9月14日、各種サービスロボットや最先端のデジタル技術を導入したスマートビル「東京ポートシティ竹芝」を開業した。配送/警備/清掃用のサービスロボットを運用することでビル管理の効率性向上や、ビル利用者の快適性向上に役立てる。(2020/9/15)

FAニュース:
リアルとデジタルの連携を間近で体験、スマート工場化支援の施設がオープン
Team Cross FAは2020年9月10日、展示物を通じて製造業のDXを体験できる施設「SMALABO TOKYO」をオープンした。各種シミュレーション技術と、AGVや産業ロボットシステムを連携させた生産ラインのデモ「DX型ロボットジョブショップ」などを見学できる。(2020/9/14)

思い出も時間とともにやがて消える。雨の中の涙のように:
「ブレードランナー」の世界を、2020年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2020年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第6回は「ブレードランナー」だ。(2020/9/14)

医療機器ニュース:
寝たきりでも手先を使った接客を可能にする合体型分身ロボットを開発
川田テクノロジーズとオリィ研究所は、病気や重度障害などにより外出が困難な人でも、遠隔操作で手先を使った接客が可能になるロボットを開発する「テレバリスタ(Tele-Barista)プロジェクト」を開始した。(2020/9/10)

ロボット開発ニュース:
複雑な間取りでも高精度マッピング、独自アルゴリズム搭載のロボット掃除機
SB C&Sは2020年9月8日、中国のロボットメーカーであるBeijing Roborock Technologyが開発した家庭用ロボット掃除機「Roborock S6 MaxV」を2020年9月11日から発売すると発表した。LDSレーザーに独自の経路算出アルゴリズムを組み合わせて、複雑で広い間取りの部屋でも高精度のマッピングを実現しつつ、最短距離で掃除する。(2020/9/10)

東京五輪延期で「ロボットプロジェクト」はどうなった? トヨタと組織委に聞く
新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった東京オリンピック・パラリンピック。国や東京都、トヨタ自動車らは大会に向け、ロボットをフル活用して大会運営を支援するプロジェクトを進めていた。同プロジェクトの現状はどうなっているか、関係者に聞いた。(2020/9/9)

人工知能ニュース:
「LOVOT」の表現を拡張するAIシステム、コニカミノルタがデモを実施
コニカミノルタは、GROOVE Xの家族型ロボット「LOVOT」の表現を拡張するAI技術を用いたシステムのデモンストレーションを実施した。人の姿勢を認識するAIアクセラレーターをLOVOTに接続し、人の姿勢や行動を認識できる。(2020/9/9)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
敷地面積50haのロボット開発拠点「福島ロボットテストフィールド」、2020年3月に開所
福島県南相馬市に、ロボット開発拠点「福島ロボットテストフィールド」が開所した。敷地面積50ヘクタールの広大な土地に、インフラ点検、災害対応エリア、水中/水上ロボットエリアなど、さまざまなロボットの実証実験を行う設備が揃(そろ)っている。(2020/9/9)

2眼カメラとAI搭載で“ペットのふん”も認識 Roborock製のロボット掃除機が登場
中国のRoborockがロボット掃除機の最新モデル「Roborock S6 MaxV」など3製品を11日から発売する。価格は2万9800円〜7万9800円。2眼カメラを搭載することで視差を利用して3次元の距離を測定できるようになった。(2020/9/8)

遠隔でコーヒーを入れるロボ開発 ベンチャーが共同開発
 ロボットベンチャーのオリィ研究所(東京都港区)と、橋梁や建築鉄骨の設計据え付けの川田テクノロジーズは8日、難病や重度障害による外出困難者でも遠隔操作でコーヒーが入れられる「テレバリスタロボ」を共同で開発したと発表した。障害者の社会参加を促すだけでなく、新型コロナウイルス感染症の影響で人員の確保が難しい飲食業界でも活躍しそうだ。(2020/9/8)

ペットの排泄物には近付かないロボット掃除機、+Styleが発売 二眼カメラとAIで物体を認識
プラススタイルは、二眼カメラとAIを活用して床にある物体を認識し、回避しながら掃除するロボット掃除機「Roborock S6 MaxV」を発表した。電源ケーブルや電源タップ、履き物、ペットの排泄物など8種類の物体を判別する。(2020/9/8)

ロボットが品出しするローソン新店舗がオープン Telexistenceの遠隔操作ロボット「Model-T」を活用
NEDOとTelexistenceは、2020年9月14日に開業する「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」で、遠隔操作型のヒューマノイドロボット「Model-T」による商品陳列を開始する。店舗業務の効率化や省人化、ロボットを通じて遠隔地から就労できる店舗オペレーションなどを検証する。(2020/9/8)

ロボット:
自律走行ロボで病院業務のDX、大成建設らが名大附属病院で実証
大成建設は、ICTを活用した効率的な運用を行う次世代型病院「スマートホスピタル構想」の実現に向け、名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンター、モノプラスの協力を受けて、自律走行型の多目的ロボットを導入した病院運用システムの検証を名大附属病院で進める。病院運用システムが実用化すれば、病院スタッフの業務負担が軽減されるだけでなく、入院患者の容態急変などへの迅速な緊急対応、さらに感染症予防にもつながるという。(2020/9/8)

製造マネジメントニュース:
アマゾンが4つの物流拠点を新設、棚を持ち上げて運ぶロボット採用
Amazonは、2020年下半期に4つの物流拠点を新設する。新たな拠点では、非プラスチック製の資材を使用して環境への配慮を重視する。また、2拠点に商品棚を持ち上げて移動するロボット「Amazon Robotics」が導入される。(2020/9/8)

Innovative Tech:
ロボットが家具を再配置してバーチャル空間をリアルに演出 コロラド大「RoomShift」発表
ロボットがVRユーザーを先回りして家具を再配置する。(2020/9/7)

Model-T:
ローソン、遠隔操作ロボットがペットボトルやおにぎりを陳列 人手不足解消への一歩
 ローソンは、商品陳列ができる遠隔操作ロボット「Model-T」を、9月14日に開業する「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」に導入する。店舗スタッフが場所にとらわれず就労可能な店舗を実現できる。(2020/9/7)

脱「紙書類」でDX:
富士ゼロックスが新会社を設立 ロボットで書類のホチキス外しなどを自動化
富士ゼロックスが米企業と新会社の設立で合意したと発表。9月中に営業を開始し、ロボットでホチキス外しやスキャンを自動化、紙書類のデータ化とクラウド保管をサポートする。脱「紙書類」を通し企業のDXを支援する考えだ。(2020/9/3)

非接触の配送サービスを目指す:
ソフトバンクと佐川急便が「自動走行ロボット」での配送実験、9月以降に実施
ソフトバンクは佐川急便と共同で、自動走行ロボットを活用した配送サービスの実証実験を行うと発表。実施は9月以降の予定で、東京都港区の竹芝エリアで行う。物流業界の人手不足の解消と、新型コロナウイルス感染防止の観点から、非対面・非接触の配送サービスの実現を目指す。(2020/9/2)

産業用ロボット:
ロボットアームの直接操作で教示する、溶接現場向け協働ロボットシステム
ダイヘンは、溶接現場向けの協働ロボットシステム「Welbee Co-R」を発売する。協働ロボットのアームを直接手で動かして動作を覚えさせる「ダイレクトティーチング」により、初心者でも簡単に教示作業ができる。(2020/9/2)

米国/台湾のスタートアップ:
ビデオと音声のエッジAIを両方サポートするSoC
Kneronは、同社のニューラルプロセッシングユニット(NPU)IPの最新版を搭載するAI SoC(System on Chip)「KL720」を発表した。同SoCは、モニター付き玄関ベルやロボット掃除機などの低消費電力のエッジデバイスやスマートホームデバイス向けだが、「トースターから自動運転車まで、あらゆるものに対応できる」という。(2020/9/1)

9月14〜17日に実施:
9月開業「東京ポートシティ竹芝」でロボット実証実験 発熱検知や遠隔案内など、ニューノーマル見据え
9月14日に開業する「東京ポートシティ竹芝」で14〜17日の4日間、ロボットの実証実験が行われる。新型コロナ対策を見据え、非接触や遠隔でサービス提供するための技術を実証。発熱やマスク着用の検知、遠隔操作による接客などのロボットを運用する。(2020/8/31)

イーロン・マスクのNeuralink、脳埋め込みチップのブタでのデモで進捗報告
イーロン・マスク氏のBMI(脳マシンインタフェース)企業Neuralinkがプロジェクトの進捗報告イベントを開催。頭蓋骨にはめる直径23mmのチップ「LINK」と移植手術ロボットを披露し、LINKを埋め込んだブタによるデモを行った。(2020/8/30)

医療機器ニュース:
国産の手術支援ロボットが製造販売承認を取得
メディカロイドの手術支援ロボットシステム「hinotoriサージカルロボットシステム」が、国産として初めて製造販売承認を取得した。同システムは、執刀医や助手の医師の負担を減らし、スムーズで低侵襲な外科手術を支援する。(2020/8/27)

サイバーダイン つくば市に除菌消毒作業ロボ納入
筑波大学発ベンチャー企業のサイバーダインは、同社が開発した除菌消毒作業ロボットを茨城県つくば市に納入した。このロボットが地方自治体に採用されたのはこれが初めて。(2020/8/27)

アイロボット「ルンバ」にAI機能が追加 「ソファの周りのみ掃除」「夕食後に掃除」などが可能に
ロボット掃除機ルンバなどを開発するアイロボットが26日、「史上最大」と銘打ったソフトウェアアップデートを発表。個人のライフスタイルに合わせたパーソナライズされた清掃体験を提供するという。アップデートは26日から順次配信される。(2020/8/26)

ルンバ、家具認識や掃除スケジュール提案など追加 挽野社長「アイロボット史上、最大のアップデート」
アイロボットジャパンが、ロボット掃除機「ルンバ」「ブラーバ」のソフトウェアアップデートを公開した。AIの活用で、掃除スケジュールの提案、家具の画像認識、進入禁止エリアを自動で見つけるなどの新機能を追加した。(2020/8/26)

2本腕の商品陳列ロボット、ファミマで実験スタート 遠隔操作でペットボトルを並べる動画を公開
ファミリーマートが小売店の商品陳列などを想定した遠隔操作ロボット「Model-T」の試験運用を始めた。(2020/8/26)

サイバーダイン つくば市に除菌消毒作業ロボ納入
 筑波大学発ベンチャー企業のサイバーダインは、同社が開発した除菌消毒作業ロボットを茨城県つくば市に納入した。このロボットが地方自治体に採用されたのはこれが初めて。(2020/8/26)

22年までに最大20店舗で:
ファミマ、ロボット店員を試験導入 VRでペットボトルを遠隔陳列
ファミリーマートが、遠隔操作で店舗の商品を陳列できるロボットを試験的に導入した。店舗のバックヤードで、ペットボトルの陳列を行う。(2020/8/26)

モノタロウ、新設物流センターに日立の自動搬送ロボット400台を導入、3倍超の業務効率化へ
工業用間接資材通販大手のMonotaRO(モノタロウ)は、兵庫県に新設する同社最大規模の物流倉庫に、日立製作所の小型無人搬送ロボット「Racrew」などの設備一式と倉庫制御システムを導入する。人手によるピッキング業務に比べて3倍超の作業効率向上を見込む。(2020/8/26)

Innovative Tech:
熱線を両手で操るロボット彫刻家、動物を彫り上げる
熱線を手にしたロボットは一見恐ろしげだが、とても効率的な芸術家だ。(2020/8/26)

FAニュース:
高精度歯車加工に適したロボット用歯車工作機械2機種、切削加工も可能
三菱重工工作機械は、ロボット用高精度歯車工作機械の「FR」シリーズとして、新たに外歯車加工用のホブ盤と内歯車加工用のギヤシェーパを開発した。(2020/8/26)

医療機器ニュース:
頭部にサーモグラフィカメラを設置した検温ロボットを開発
THKは、AI技術搭載のサーモグラフィカメラを活用した、「検温ロボット」を開発した。発熱者を発見した場合は、遠隔操作でオペレーターが対応する。(2020/8/25)

ぬるぬる動く「バーチャファイター」アキラのロボットがすごい 流れるような演武で八極拳を披露
踏み込みの重みがいい感じ。(2020/8/24)

組み込み採用事例:
ToFカメラ向けのデモ用アプリを開発、人物や視線をリアルタイム検出
スワローインキュベートは、CIS製ToFカメラ用に同社の「ヒューマンセンシング技術」を搭載したデモ用アプリを開発した。マーケティング、自動車、ロボット、医療、アミューズメント分野での利用を見込む。(2020/8/24)

バイクがロボットに変形! ダンボールで作った変形機構付き1輪バイクの完成度がすごい
ヴイナス戦記やデカレンジャー、鳥山明作品など、さまざまな作品を思わせます。(2020/8/20)

2030年までに6000億円の売上高を目指す:
イオンが「次世代ネットスーパー」に着手 AIとロボティクスを駆使した大型倉庫建設
イオンはネットスーパー事業の本格稼働を目指し、千葉市内に大型倉庫を建設すると発表。AI(人工知能)やロボットを活用し安定的な共有力を誇るという。着工は2021年春を予定。新型コロナウイルスの影響で高まる食料品宅配のニーズに応え、今後数年内に同様の施設の建設を計画している。(2020/8/20)

産業用ロボット:
“ロボット犬”が工場設備の配置データを収集、フォード工場でライン改善に
Ford Motor(フォード)は2020年7月27日、“ロボット犬”によって製造設備の3D点群データを自動取得するパイロットプロジェクトについて発表した。同プロジェクトは米国ミシガン州のヴァンダイクにあるトランスミッション工場で実施している。(2020/8/20)

産業用ロボット:
ロボットのティーチング作業を自動化するAI技術を開発
NECは、ロボットのティーチング作業を自動化するAI技術「目標指向タスクプランニング」を開発した。現場作業者が作業目標を指示するだけで、最適な達成動作をロボットに自動で実行させることが可能になる。(2020/8/20)

Innovative Tech:
車椅子がロボットと合体 遠隔操作でユーザーを助ける「SlideFusion」
ロボットをアバターで操作するが、車椅子利用者はいちいち指示を出す必要がない。(2020/8/19)

自動配送ロボ、実用に向け企業の動き活発 認知度向上が普及のカギ
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、宅配需要が膨らむ中、自動配送ロボットを使ったサービスへの期待が高まっている。(2020/8/19)

自動配送ロボ、実用に向け企業の動き活発 認知度向上が普及のカギ
新型コロナの感染拡大で宅配需要が膨らむ中、自動配送ロボットに期待が集まっている。米中ではすでに商用サービスが始まっているが、日本社会でロボットによる配送が浸透するには、少しずつロボットを行動で走らせて認知度を向上させる必要がありそうだ。(2020/8/19)

いまさら聞けない「OPC UA for Robotics」(3):
「OPC UA for Robotics Part2」の方向性とロボットの今後
産業機器のインタフェース共通化を目指すOPC UAのコンパニオン仕様の1つに、産業用ロボットを対象とする「OPC UA for Robotics」がある。本連載では「OPC UA for Roboticsとは何か、何ができるのか」について、想定される活用シーンとともに紹介している。第3回の今回は「OPC UA for Robotics」の現在の状況と今後の展開について紹介する。(2020/8/19)

高齢者の足にロボットシェアリング ZMPが「ラクロ」定額サービスを今秋開始、月額1万円
ZMPは、一人乗り自動走行ロボット「RakuRo」(ラクロ)の定額制乗り放題サービスを秋に開始すると発表した。「高齢者の身近な移動手段」として、東京都中央区佃にあるマンションでスタートする。(2020/8/18)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「RaaS」が多過ぎる
ロボット・アズ・ア・サービスだけじゃないんです。(2020/8/18)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンティングロボットによるモルタルの射出造形実験を共同で実施
Polyuseは、吉村建設工業と共同で、建設用3Dプリンティングロボットの社会実装に向けた実証実験を実施する。モルタルを用いた射出造形実験により、建設業界が抱える課題をテクノロジーとの協働により解決を目指す。(2020/8/18)

ロボットや無人搬送車などに提案:
Teledyne e2v、ToF方式のCMOSセンサーを発表
Teledyne e2vは、ToF(Time of Flight)方式のCMOSイメージセンサー「Hydra3D」を発表した。屋内外で活用されるロボットや無人搬送車などの用途に向ける。(2020/8/14)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
床面ひび割れのAI検査ロボ「Floor Doctor」に、AR機能搭載の新型機
イクシスは、床面ひび割れ検査ロボット「Floor Doctor ver.2」の試作機を開発した。Floor Doctor ver.2は、従来機と比較し、iPadのAR機能を利用して自己位置推定ができるようになり、壁際での点検にも適応するようになった。(2020/8/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。