ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スキル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

東京都、中小企業向けのDX人材育成プログラムを無償提供 受講者を募集 企業課題に直結したスキル取得を支援
東京都は、中小企業のDX人材育成支援に向け、DXスキルの学習プログラムを無償提供する「DX人材リスキリング支援事業」を開始した。DXコンサルタントによる企業の課題把握を踏まえた学習計画の策定から、個別最適化したDX講座までを一体的に支援する。(2022/5/19)

「Zoom IQ」の存在意義【前編】
「Zoom IQ」とは? 嫌われる営業トークの“あの癖”をAIが指摘
営業チーム向けツールの「Zoom IQ」は、Web会議の会話から商談内容と見込み客の反応を分析し、成約締結とプレゼンテーションスキルの向上を支援するツールだ。具体的な機能は。(2022/5/18)

ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第2回】
「有能なネットワーク管理者に最も重要なスキル」を採用面接で問われたら何と答えるか
ネットワーク管理者の採用面接で「有能なネットワーク管理者に最も重要なスキル」を聞かれたら何と答えればよいのか。答えるためにできる準備の方法と共に紹介する。(2022/5/17)

ツイン“逆噴射”ファン搭載! ウマ娘×BOSSコラボ「ボスジャン」登場、トレセン学園ジャージ風デザインで「加速スキル付き」
ツインファン師匠……!(2022/5/16)

今日のリサーチ:
「統計学」「マーケティング」が人気――エン・ジャパン「身につけたいITスキルや知識」に関する調査
これから学びを実践予定の社会人549人に聞いた注目のITスキルは?(2022/5/11)

「内製化の道」も一歩から(2):
共創型SIerが解説 「技術以外のスキル」が内製化実現に欠かせない理由
ユーザー企業と共に内製化を実現する「共創型SIer」であるBeeXの知見を基に、システム開発の内製化に必要なステップやエンジニアのスキルについて解説する本連載。第2回は「内製化実現に欠かせないエンジニアスキル」について解説する。(2022/5/11)

エン・ジャパン調べ:
今後学びたいITスキル・知識 若手は「マーケティング」「プログラミング」が人気
企業がDXを推進するのに伴い、IT関連スキルが注目されている。今後身につけたいITスキルは「統計学的知識」が最も多く42%だった。年収1000万以上では「AIなど先端技術の知識」の回答が多かった。(2022/5/11)

オランダのカリキュラム改革で判明
IT企業が求めていた「Linux/Windowsではない」意外なITスキルとは?
オランダの中等教育プロバイダーが、新カリキュラム開発の一環としてITスキルの需要を調査した。するとIT企業が求めているのはLinuxやWindowsのスキルではなかった。生徒に何を教えるべきなのか?(2022/5/10)

「前世般若なん?」「想像軽く超えてきた」 ママの変顔スキルを受け継いだ3歳娘、渾身の変顔のレベルが高すぎる
ママの変顔も気になってしまう。(2022/4/23)

Innovative Tech:
卓球の正しいスイングを教えてくれるロボットアーム VR環境下でマンツーマン指導
早稲田大学中島研究室とQatar Universityの研究チームは、VRシステムとロボットアームを連動させた卓球トレーニングシステムを開発した。VR環境下でユーザーの手の動きを誘導することで、卓球の打ち方の練習を効率的に行い、スキルアップをサポートする。(2022/4/22)

「内製化の道」も一歩から(1):
共創型SIerが解説 「内製化を実現する7つのステップ」とは
企業の競争力を上げるため、内製化が注目されている。しかし、これまで開発に注力していなかった企業にとって内製化を実現する難易度は高い。本連載はさまざまな企業の内製化を支援しているBeeXの知見を基に内製化の手順や必要となるスキルについて解説する。第1回はBeeXが提案する「内製化を実現する7つのステップ」について。(2022/4/20)

株式会社ビットフォレスト提供Webキャスト:
スキル不要で誰でも使える、クラウドベースのWebアプリケーション脆弱性診断
Webアプリケーションの脆弱性を狙うサイバー攻撃が増加しており、システム開発者にとって脆弱性診断は喫緊の課題となっている。そんな中、従来製品とは違い、スキル不要で誰でも使用できるツールが登場し、注目されているという。(2022/4/13)

「SRE」と「クラウドエンジニア」の違い【後編】
「SRE」がクラウドエンジニアの“真の相棒”になるために必要なスキルとは?
「サイト信頼性エンジニア」はクラウドエンジニアをサポートする役割として期待されている。両者が力を合わせて信頼性の高いクラウドサービス利用を実現するためのノウハウを紹介する。(2022/4/12)

製造マネジメントニュース:
IBM日本法人が自動車メーカーのシステム構築などの子会社3社を合併
日本アイ・ビー・エムは、地域や業界特化でITサービスなどを提供している同社子会社3社を2022年7月1日に合併する。地域拠点の拡大および、社員のスキルの選択肢やキャリアパスの幅が広げられるようになる。(2022/4/11)

マーケティングやAI知識が上位:
リスキリング、20代の8割が希望 獲得したいスキル1位は?
新卒採用サイトなどを運営する学情は、20代の仕事観について調査を実施した。その結果、20代の8割がリスキリングに取り組みたいと思っていることが判明した。(2022/4/10)

「2030年までにデータリテラシーが最も需要の高いスキルになる」? 急がれるスキルアップへの企業投資
クリックテックの調査によると、データリテラシーは2030年には企業で最も必要とされるスキルになると予測されるものの、データリテラシーのスキルに「自信がある」と回答した日本企業の従業員はわずか5%だった。(2022/4/11)

PwCに聞く、CIOが戦略的指導力を発揮する方法【後編】
“データ集めのプロ”なんていらない PwCが語る「CIOが本当に重視すべき力」
企業の間でデータ活用を重視する動きが広がっている。データの真価を引き出すために、CIOは従業員にどのようなスキルを求めるべきなのか。PwCに聞く。(2022/4/7)

Go AbekawaのGo Global!〜Monika Weissmann(前):
全部知りたい、全部やりたい 欲張りモニカは大好きを1つに絞り切れない
ITが好き、言語も好き、広告もブランディングも好き。だから、1つのキャリアではなく、スキルに集中することにした。(2022/3/22)

PwCに聞く、CIOが戦略的指導力を発揮する方法【前編】
デジタル化促進で脚光を浴びるCIO 企業の成長に必要な「戦略的指導力」の鍵は
新型コロナウイルス感染症の影響で企業のデジタル化が進み、推進役のCIOは脚光を浴びている。新たな需要を満たしながら会社を率いていくために、CIOに求められているスキルは。(2022/4/1)

「これまで学習の機会がなかった人でも始められるコンテンツ」を用意:
デジタル人材の育成を推進 経済産業省とIPAがポータルサイト「マナビDX」を開設
経済産業省とIPAはポータルサイト「マナビDX」を開設した。デジタルスキルに関する学習コンテンツを扱っており、「これまでデジタルスキルを学ぶ機会がなかった人でもデジタルに関する知識や能力を身に付けられる」という。(2022/3/30)

リーバイスのAI教育【後編】
リーバイスが「AIブートキャンプ」から得た“期待以上の成果”とは?
リーバイスの「AIブートキャンプ」は大人気のAIスキル研修だ。狭き門をくぐり抜けた受講者のその後の活躍ぶりについて、同社責任者が語った。(2022/3/29)

リーバイスのAI教育【前編】
リーバイスの「AIブートキャンプ」とは? 狭き門を突破し、参加するには?
リーバイスのAIスキル研修「AIブートキャンプ」に参加するのは簡単ではない。参加定員100人に対し、これまでに約450人の従業員が応募した。そもそもAIブートキャンプとは何なのか。同社責任者に聞いた。(2022/3/22)

習得の目的は副業:
2022年に習得したいデジタルマーケティングスキル 最も人気が高いのは?
メディアリーチ(大阪市)は、デジタルマーケティングのスキルに関心がある20代以上の社会人を対象に「2022年に習得したいデジタルマーケティングスキルに関する調査」を実施した。最も人気が高かったスキルと、その理由とは?(2022/3/18)

優れた「フリーランスエンジニア」になるには【後編】
“稼ぐフリーランスエンジニア”が身に付けている「考え方」と「スキル」
フリーランスエンジニアがより多くの利益を得るためには、見込み客との交渉にどう臨めばよいのか。どのようなスキルが必要なのか。専門家のアドバイスを紹介する。(2022/3/18)

IT投資成功の鍵はCIOとCFOの関係にあり【後編】
CFOとの連携強化を目指すCIOなら習得して損はない「ビジネスの共通言語」とは
CIOが「CFOとの連携強化」を課題に感じているなら、習得すべき知識とスキルは何か。調査レポートを基に考察する。(2022/3/17)

唯一のレパートリーは「コーラ豚」:
「制約条件の理論」を活用して、ワンオペ家事の課題と向き合う
ある日突然、4人家族の家事育児をワンオペで担うことになったエンジニアリングマネジャー。山積する困り事のどこからどうやって手を付けていいのか分からず不安に苛(さいな)まれたが、「仕事で取り組んできたエンジニアリングスキルを活用すればいいのではないか」と気付いてから、着々とカイゼンを進めていく。(2022/3/14)

「子育て」「介護」「地方在住」でもキャリアを諦めない:
PR:多様な働き方とキャリアアップ・スキルアップを実現 今こそ、マイクロソフトで働く意義とは
マイクロソフトといえば、言わずと知れた「外資系企業」。一般的に、外資系企業といえば、シビアな成果主義や個人主義の風土で、ドライな働き方を想像するが、日本マイクロソフトは違う。異業種、そして同社と同じく外資系企業から転職してきた2人が語る、今、日本マイクロソフトで働く意義や実現できるキャリアとは。(2022/3/14)

事業継続管理者に必要な12個のスキル【第4回】
事業継続管理者はタフじゃないと務まらない? 必要スキルに見る担当者の適正
事業継続管理者は、リスク評価能力を持つことが大前提だ。これに加えて、経営陣とBC/DR推進プログラムに関する合意形成をする力や、プログラムを進める粘り強さが必要になる。なぜこうしたスキルが必要なのか。(2022/3/10)

顧客コミュニケーションに「UCaaS」を生かす【前編】
Zoomを使っていた“固定電話依存”の企業が「UCaaS」を導入した理由
ITスキル研修を手掛けるLearning Peopleは、パンデミックにおける顧客とのやりとりにUCaaS「Avaya Cloud Office」を利用している。「Zoom」を利用していた同社が、なぜUCaaSの導入を決断したのか。(2022/3/9)

調査から読み解く英国のデジタルスキル人材不足【後編】
「うちの研修は効果がある」と管理職の8割が自慢、うなずく社員は4割以下
従業員のスキル開発に関する調査の結果、管理職と一般職の間に意識の差があることが分かった。調査結果を基に、どのような観点にずれがあり、企業は今後従業員のスキル不足にどう対処すべきなのかを解説する。(2022/3/9)

アプリケーションアーキテクト面接の頻出質問集【後編】
面接で「データの収集、分析時に何を重視するか」と聞かれた場合の正しい答え方
アプリケーションアーキテクトになるには、技術に関する知識や経験、問題解決能力などのスキルが必要だ。志望者は、採用面接である振る舞いをすることで必要な能力を持つ人材だとアピールできる。その振る舞いとは。(2022/3/8)

導入事例:
施工現場再現した実習棟、現場管理技術者向け「体験型研修施設」開設
高松建設が、施工現場を再現した実習棟を備えた「体験型研修施設」を大阪機材センター内に開設。新たに施工現場を再現した実習設備を使用しての現場実務研修を可能とし、現場係員の知識やスキルの習得レベルの均一化をはかり、即戦力となる建設技術者の育成の場として活用していく。(2022/3/7)

教育で解決目指す、英国データセンター「スキル危機」【後編】
データセンター人材不足が「致命的」な水準に 解決策は?
英国のデータセンター業界は、必要なスキルを持つ人材が不足する「スキル危機」に直面している。対策はあるのか。データセンター業界に特化した学習プログラムを教育機関と共に設計した企業に聞いた。(2022/3/4)

事業継続管理者に必要な12個のスキル【第3回】
リスクが測れない事業継続管理者はいらない スキルをどのように生かすか
リスクを測るスキルや危機管理スキルは、事業継続管理者に必要不可欠だ。これらの能力を生かすと、災害が起こる前にどのような準備ができるのか。準備の際にどのような要素を重視するといいのか。(2022/3/3)

調査から読み解く英国のデジタルスキル人材不足【前編】
「“スキルなし人材”でも仕方なく採用」が半数以上 人材不足に悩む英国企業
調査結果から、英国企業の管理職には「必要なスキルを持つ人材を十分に確保できない」という悩みが、重くのし掛かっていることが分かった。具体的な管理職と一般職の声を調査結果から取り上げる。(2022/3/2)

管理職に求められるスキルや振る舞いは? 現実とのギャップが明らかに
人材育成サービスを提供するラーニングエージェンシー(旧トーマツ イノベーション、東京都千代田区)は、「組織・チームの在り方の変化に関する意識調査」を実施した。調査から分かった「求められる管理職の在り方」とは?(2022/2/24)

アプリケーションアーキテクト面接の頻出質問集【前編】
面接官が「これまでで最も難しかった開発プロジェクト」を聞く理由
アプリケーションアーキテクト職に就く人材に対して、企業が求めるスキルは何か。「これまで最も難しかった開発プロジェクト」といった企業の面接官が応募者に問い掛けがちな質問から、求められる人材像を読み解く。(2022/2/22)

マネジメントは“多様なスキルの塊”:
「DXを支える開発マネジャー」を一からつくる方法
DXの機運の高まりもあり、プロダクト開発にかかる期待は大きい。ただ、開発チームのマネジメントは高度化しており、「どのようにマネジメントスキルを身に付ければいいか」と悩む人も多いだろう。本稿は「DX時代に必要なマネジメントスキル」について解説する。(2022/2/14)

IT管理者向け「無線LAN改善」のヒント【後編】
「自宅の無線LAN」を監視するこつ IT知識とソフトスキルを駆使しよう
在宅勤務をする従業員が無線LANをどのように使っているかは、通常はIT管理者に分からない。ただし自宅の無線LANを会社のネットワークと同じように管理、監視する方法もある。具体的に何を活用すればいいのか。(2022/2/21)

事業継続管理者に必要な12個のスキル【第1回】
次世代の事業継続管理者に必須な“あのスキル”とは
パンデミックや未曽有の自然災害など、事業継続、災害復旧対策の策定時に想定すべき事態が多様化している。変化に対処できる事業継続管理者になるにはどのようなスキルを身に付けることが望ましいのか。(2022/2/17)

受講者の44%は女性
「スキルブートキャンプ」とは? “エリートIT人材”を産学官で育てる
英国政府が後援する「Skills Bootcamp」は、ITを活用する職場で必要なスキルを身に付けるための講座だ。同講座は「企業が求めるIT人材」を育てることができるという。その理由は何か。(2022/2/16)

調査に見る技術者採用とジェンダーギャップ【後編】
優秀な技術者が思わず入社したくなる「人材採用・育成術」5選
技術者に対する需要が高まる中、スキルを持つ人材を採用し、会社に定着してもらうために企業は何をすればよいのか。幾つかの例を挙げる。(2022/2/16)

「オンライン教育」に苦慮する教員【後編】
「教員のITスキル不足で『オンライン教育』が進まない」問題 その解決策とは
より学習者を引き付け、魅力的なオンライン教育を実施するためには、ある程度のITスキルが必要になる。教員のITスキル不足を解消するために、英国はどのように対処したのか。(2022/2/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下とのコミュニケーションが下手な上司がやっている勘違い
自分の考えをそのまま伝えても、相手にはなかなか伝わらない。そこがコミュニケーションの難しいところ。上司がスキルとして持っておきたいのが「伝わる技術」。(2022/2/3)

材料技術:
接着接合部の設計改善を支援する材料モデリングトレーニングプログラム
Ansysと3Mは、接着接合部の設計改善を支援する、材料モデリングトレーニングプログラムを開設した。エンジニアがスキルを向上させることで、製品開発プロセスの改善、設計ステージの迅速化、材料廃棄の削減などを図る。(2022/2/2)

武器は多い方がいいよね:
フリーランスエンジニアがポストコロナを生き抜くために有用な「5つのコンピテンシー」
テクニカルスキルだけで戦うのは、全裸で機関銃をぶっ放しているようなもの。ポストコロナに必要なコンピテンシーを装備して、ご安全にまいりましょう。(2022/2/2)

伊勢の「昭和」な食堂が店舗DXで生産性爆上げ その時社長は何をしたのか
デジタルをうまく活用すれば地方の昭和な食堂の経営はここまで変わる。平均客単価3倍、従業員のスキル向上と事業拡大も実現、海外ITベンダーとも取引する地方の老舗食堂のビジネスはITでどう変わったか。代表の講演から具体的な施策を見ていく。(2022/2/1)

セキュリティスキルが新たな武器に
英国陸軍が進める「“ハッカー軍人”10万人育成計画」の中身
英国陸軍は軍人10万人にImmersive Labsのセキュリティ教育を受けさせ、サイバー攻撃に対抗するためのスキルを高める。内部に「セキュリティ専門家」を育てる英国陸軍の狙いは。(2022/1/26)

機械設計:
PR:スキルアップしなければ設計者は生き残れない!? ならばどうする?
熟練者のスキルをデジタル技術で形式知化して継承する際、併せてデジタルツールを活用できる人材が重要となる。設計者であれば、次の10年、20年に向けて環境変化に適用しながらデジタルを活用し、さらなるスキルアップを目指す必要がある。(2022/1/24)

ウマ娘コスプレ集団がスキー場へ出走 シュールなレース風景がめちゃくちゃ楽しそう
雪の中を疾走する姿には「オグリキャップのスキル演出」の声も。(2022/1/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。