ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スキル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

日本企業はなぜ、データ活用でビジネス成果を出せないのか?――ガートナー調査
日本企業はデータ活用に対する意識や関心は高いものの、データ活用から十分なビジネス成果を得られていない現状が、ガートナーの調査で明らかになった。分析スキルやデータリテラシーの不足などが阻害要因になっているという。(2021/6/11)

IT企業の4割が副業人材を活用? 報酬の相場や求めるスキルは
IT企業の40.4%が業務に副業人材を活用している──Brocanteがこんな調査結果を発表。報酬の相場や依頼する業務、求めるスキルの動向は。(2021/6/2)

Gartner Insights Pickup(209):
AI運用を成功させるための3つの運用管理スキル
ほとんどの組織は、AIモデルのプロトタイプを本番環境に移行できていない。データの依存関係を管理できていないことが、AIの本番稼働までのプロセスの大きな障壁となっている。(2021/5/28)

エンジニア育成担当者のためのはじめの一歩(2):
「どうして〇〇したの?」で誤解を与えていませんか? エンジニア育成の土台となる関係性作りで必要なこととは
自分の技術力に自信がなく、新人や後輩の育成方法に悩むエンジニア育成担当者に向けて、すぐに使える育成スキルを紹介する本連載。第2回は、コミュニケーションのすれ違いを防ぐための土台となる関係づくりに必要なことについて。(2021/6/1)

「ゲームきっかけにPCに触れて」 ひろゆき氏、児童養護施設に無償配布するPCのスペック公開 いずれもメモリ16GB・グラボ搭載
匿名掲示板「2ちゃんねる」の開設者として知られる西村博之さんが、児童養護施設にPCを無償配布するプレゼントを立ち上げ。配布予定のPCのスペックを公開した。「ゲームをきっかけにPCに触り出すことで、PCスキルを身につけてほしい」といい、「Apex Legends」などのPCゲームが動作するPCを選んだという。(2021/5/24)

Windows Virtual Desktopを導入する際の検討事項【前編】
「Windows Virtual Desktop」を自前で運用、管理者に必要なスキルとは?
「Windows Virtual Desktop」(WVD)を導入すると決めたら、次は自社で運用するか、マネージドサービスプロバイダー(MSP)を利用するかを決める必要がある。WVDを自社で運用するときに必要なスキルを説明する。(2021/5/24)

事例で分かる「AIOps」【前編】
地方銀行が「AIOps」でシステム運用のアラート数を“98%以上”削減できた理由
IT運用の人材やスキルの不足が課題として挙がる中、システム運用にAI技術を使う「AIOps」はどう役立つのだろうか。地方銀行のKeyBankはAIOpsをどう活用しているのか。(2021/5/21)

アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(7):
絶対に押さえておきたい製品化におけるコスト見積もりの基礎知識
自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する連載。第7回は、部品コストがどのような要素で成り立っているのか、適切な見積もり依頼の方法と見積コストの確認の仕方を取り上げる。(2021/5/17)

人事担当者に聞く:
生産性向上のためにしていること 3位「コミュニケーションツールの導入」、2位「会議の工夫」、1位は?
スキルアップや生産性向上のために何をしているか? 企業の人事担当者に聞いた。(2021/5/12)

日本の従業員、デジタルツール使用にまさかの”弱腰” ガートナーの世界調査で課題が明らかに
日本企業は世界の主要8カ国と比べて、従業員のデジタルスキルの自己評価以外でも最下位だった。浮かび上がった課題とは。(2021/5/11)

エンジニア育成担当者のためのはじめの一歩(1):
技術力”だけ”あれば育成できる? 技術力より大切な「受け入れる気持ち」を高める方法
自分の技術力に自信がなく、新人や後輩の育成方法に悩むエンジニア育成担当者に向けて、すぐに使える育成スキルを紹介する本連載。初回は、技術力に自信のない人が持っているアドバンテージと、育成担当者に必要な「受け入れる気持ち」の高め方について。(2021/5/13)

IPAがDX人材に関する調査結果を発表 人材採用に当たっての阻害要因が明らかに
IPAは「デジタル時代のスキル変革等に関する調査報告書」を公開した。DXに取り組む企業は前年度よりも増加したが、同時に人材の実情も明らかになった。(2021/4/26)

セキュリティ担当者の独り言:
セキュリティ現場のリアル 企業間におけるITスキルの“ギャップ”が生む悲劇とは
セキュリティの現場ではITスキルの習熟度によって案件の難易度が大きく変化することも多い。顧客や開発ベンダーも含めたシステムに関わる全従業員のITリテラシーを向上させるにはどうすればいいのだろうか。(2021/5/7)

DXで成果が出ていない企業は「人材不足感」が強い:
日本は「自分のスキルの市場価値」が分からない人が多い IPAが「デジタル時代のスキルに関する調査結果」を発表
IPAは、「デジタル時代のスキル変革等に関する調査報告書」を公開した。DXに取り組んでいる企業は前年度よりも増加したが、DXで成果が出ていないと自己認識している企業では人材不足感が強かった。(2021/4/23)

Gartner Insights Pickup(204):
CIOが2021年に取り組むべき10の目標例
2021年を迎え、CIO(最高情報責任者)は目標をアップデートする必要がある。本稿では、2021年にCIOが組織を効果的に率いるためのソフトスキルに焦点を当てた、自己啓発のための目標例を紹介する。(2021/4/23)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
DX人材に必要なスキルと、調査で見えてきた「今本当に必要なこと」
DXの推進には、ITスキルと、ビジネススキルの両輪が求められるようです。DXの現場に従事する情シスを対象にした調査からその詳細を探ります。(2021/4/23)

アナリティクストランスレーターの役割 今からデータ経営を目指す企業への処方箋
これからデータ分析を使った意思決定環境の構築を目指す場合企業には「アナリティクストランスレーター」としてのスキルを持つ人材の育成が必要だという。(2021/4/22)

検定や資格制度とも連携:
DX人材の「必須」スキル育成へ IPAら3団体が協議会設立
データサイエンティスト協会と日本ディープラーニング協会、情報処理推進機構は、共同で「デジタルリテラシー協議会」を設立した。IT、データサイエンス、AIの3方面からデジタルリテラシーの向上を目指す。(2021/4/21)

ITに疎い上司は「テクハラ」被害者か 「聞いてくれれば教える」「仕事丸投げ」と賛否
ITスキルの高い人が、スキルを持たない人に「こんなことも分からないのか」と発言したり、専門用語を多用して相手を混乱させる「テクノロジーハラスメント」。実際の職場ではどのように受け止めらているのか。(2021/4/20)

新たな問題:
こんなことも分からないの? ITにうとい上司は「テクハラ」被害者なのか
コロナ禍でテレワークやオンライン会議など業務のIT化が、新たな問題を引き起こしている。ITスキルの高い人が、スキルを持たない人に「こんなことも分からないのか」と発言したり、専門用語を多用して相手を混乱させる「テクノロジーハラスメント」だ。(2021/4/19)

アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(6):
量産試作の「組み立て」と「検証」は慎重に!! 確認すべき事項とその注意点
自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する連載。第6回のテーマは量産試作における「組み立て」と「検証」だ。それぞれで確認すべき事項と注意点について、筆者の経験を交えながら説明する。(2021/4/15)

プライベートクラウド管理者のための認定資格と教材【前編】
「プライベートクラウド」のスキルが育つHPEとMicrosoftの認定資格・教材とは?
プライベートクラウドの構築と管理には広範なスキルが求められる。こうしたスキルの習得に役立つのが、ベンダーによる認定資格や教材だ。まずはMicrosoftとHPEの主な認定資格や教材を確認しよう。(2021/4/10)

IT投資ロードマップの見直しに効く3ステップ【後編】
「IT投資ロードマップ」再検討を成功させる「戦略」「スキル」の見直し方
IT投資ロードマップを再検討する際に重要なポイントは何だろうか。「戦略」「スキル」の観点で解説する。(2021/4/9)

スキルアップ支援、働き方改革、長く働ける環境:
PR:エンジニアのスキルアップと働きやすさを支援する「KDDIエボルバ」:働く環境編【2】
どうすれば長く健康に働き、エンジニアが成長し続けられるのか。(2021/3/31)

クラウドが変える学位と資格の評価【第5回】
クラウドエンジニアが「コンピュータサイエンス学位」にこだわらない納得の理由
クラウドサービス関連の業務に携わるエンジニアが大学でコンピュータサイエンスの学位の取得を目指しても、自身に必要なスキルを得られない恐れがある。その理由とは。(2021/3/29)

セキュリティ人材の不足が潜在要因:
Gartner、2021年のセキュリティとリスク管理における「8つのトレンド」を発表
Gartnerは2021年3月23日、セキュリティやリスク管理のリーダーが対応する必要のある8つの主要なトレンドを発表した。セキュリティスキルを持った人材の不足やエンドポイントの爆発的な多様化といった課題に沿ったトレンドだ。(2021/3/24)

中堅・中小企業のRPA導入の進め方
RPA導入を成功させるために必要な“3つのスキル”とは
労働人口の減少や残業時間削減の解決策としてRPAによる業務自動化に期待が集まっている。しかしRPAにはセキュリティやガバナンスを維持するのが難しいという課題もある。こうした課題を解決し、導入を成功させるために必要なスキルとは。(2021/3/24)

会社案内では分からない:
新しい職場で不安に感じること 3位「スキル」、2位「仕事をこなせるか」、1位は?
新しい職場で働き始めるとき、不安に感じることは何だろうか。ビズヒッツが全国の働く男女に調査を実施した。(2021/3/23)

クラウドが変える学位と資格の評価【第4回】
エンジニアがあえて大学で学びたくなる「学位取得」だけではないメリット
大学でなければ得られないスキルを求めるのでなければ、エンジニアが学位を取得する必要性はあまりない。ただし学位取得以外にも、大学でなければ得られないメリットが幾つかある。それは何か。(2021/3/23)

アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(5):
「部品を作る」といっても単純ではない!? パーツ製作で知っておくべきポイント
自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する。第5回のテーマは「部品の製作」だ。手作り試作部品と量産部品の違い、それらを製作する部品メーカーの違いについて解説する。(2021/3/18)

Innovative Tech:
転んでも段差を踏み外しても颯爽と立ち上がる、4足歩行ロボット 深層学習で運動スキル習得
厳しい環境でも走破性能が高いロボットが開発された。(2021/3/12)

キャリアニュース:
ITエンジニアの46.5%が、自分の技術やスキルの陳腐化が不安と回答
パーソル総合研究所が「ITエンジニアの就業意識に関する調査」の結果を発表した。ITエンジニアの46.5%が「自分の技術やスキルがいつまで通用するか不安だ」と回答した。また、希望年収と現在の年収の差は「150.1万円」だった。(2021/3/11)

プログラミングスキルの取得に関する調査:
「取得したいプログラミング言語に関する情報は技術ブログで集める」が約8割 レバテック
レバテックは、プログラミングスキルの取得に関する調査結果を発表した。仕事をする上で必要とする情報では「取得したいプログラミング言語に関する情報」がトップ。情報源に「技術ブログ」と回答した人は8割近くを占めた。(2021/3/9)

クラウドが変える学位と資格の評価【第3回】
IT認定資格で「証明できるスキル」と「証明できないスキル」
ベンダーや資格団体が認定する認定資格を取得することで、自身の持つITスキルの一部を証明することができる。ただし認定資格は万能ではない。(2021/3/9)

技術スペシャリストは、ほんの一握り:
どの時代にも生き残るエンジニアのスキルとスタンス
私がベンチャー企業を渡り歩きVPoEになるまでの経歴と、活躍している多数のエンジニアたちと出会い、一緒に仕事をしてきた経験を基に、外部の状況にかかわらず必要とされるエンジニアに共通するスキルやスタンスをお伝えします。(2021/3/8)

Microsoft製品でゼロトラストを実現 認証など4つの領域で新機能を発表
Microsoftは、ゼロトラストセキュリティの構築を支援する複数の新機能を発表した。「Security for All」をコミットメントに、アイデンティティーやセキュリティ、コンプライアンス、スキル育成などの4つの主要領域で製品やサービスを提供する。(2021/3/5)

「独学では技術やノウハウに関する情報が身に付かない」:
「プログラミングは現役エンジニアから教わりたい」が過半数 キラメックスがプログラミングのスキル習得に関する調査
キラメックスが実施した「プログラミングのスキル習得に関する調査」によると「独学でプログラミングの知識が十分に身に付いた」と感じている人は1割未満。「現役エンジニアから教わりたい」と思っている人が過半数を占めた。(2021/3/5)

仕分け時間を最大50分の1に NECがAIで未整理データを自動分類するサービスを開始
NECは、大量の未整理データをAIで自動的に仕分けし、データ整理を支援するクラウドサービス「データ自動仕分けサービス」を発表。特別な知識やスキルがなくても3ステップで簡単にデータを分類して、データ分析の高速化/効率化やタイムリーなデータ活用が可能になる。(2021/3/3)

NO MOREスキル詐称:
スキルシート詐欺が起こるメカニズムとエンジニアが取れる対処法
本当は持っていないスキルや経験を“盛って”しまうスキルシート詐欺。未経験や微経験エンジニアを襲う犯罪行為は、なぜなくならないのでしょうか。(2021/3/1)

おばたのお兄さん、“千と千尋”舞台化で逆オファー「既に経験あるので……」 過去には“釜爺ものまね”が大きな話題に
スキルは十分。(2021/2/27)

職種別の給与・残業ランキングも:
ITエンジニアのキャリア不安、2位は「今の会社で給与が上がるか」、1位は?
パーソル総合研究所が、ITエンジニアの就業意識調査を発表。キャリア不安ランキングの1位は「自分の技術やスキルの陳腐化」だった。(2021/2/26)

「クラウド管理者」必修スキル【後編】
クラウド管理者に「IaC」「CI/CD」が役立つ理由と、必要なスキルの身に付け方
クラウド管理者が仕事をする上で必要なスキルはさまざまだ。そのうち「IaC」「CI/CD」のスキルを紹介した上で、クラウド管理者を目指す人がこれらを含めた幅広いスキルを習得する方法を説明する。(2021/2/25)

コロナ禍の人材採用7大トレンド【後編】
「AI」は人材採用にどう役立つのか? 「スキル・能力採用」の有効性は?
新しい技術は、企業の人材採用の在り方をどう変えるのか。人事部門の間で活用が進む「AI」技術と、スキルや能力を基にした人材採用の可能性を探る。(2021/2/19)

アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(4):
製品の「設計」工程ですべきこと、そして「設計審査」との向き合い方
自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する。第4回のテーマは、「設計」プロセスで設計者がすべきこと、そして重要な「設計審査」との向き合い方について詳しく解説する。(2021/2/18)

イーオン、英単語を学べるAlexaスキルを無償提供 初級者向けに58語を収録
イーオンがAlexaスキル「イングリッシュタイム」の無償提供を始めた。英会話初級者向けに英単語クイズなど1日5分、6日分のレッスンを提供する(2021/2/17)

NTTとKDDI、テレワーク・ITスキル研修を無償提供 資格取得や就職を支援
NTTとKDDIが、テレワークやITスキルをレクチャーする研修を一般向けに無償提供する。高校や大学などを卒業した50歳未満の人が対象。(2021/2/16)

「クラウド管理者」必修スキル【中編】
クラウド管理者なら身に付けたい、仮想化、コンテナ、データ/コスト管理スキル
クラウド管理者に求められる基本スキルはさまざまだ。その中から「仮想化」「コンテナ」「データ管理」「コスト管理」に関するスキルを説明する。(2021/2/16)

自分磨き:
100万部突破も! 自己啓発本が売れている背景に何が
昨年から続く新型コロナウイルス禍で、自分磨きの本が売れている。背景に、在宅勤務などで自分自身と向き合う時間が増える中、スキルアップしてウイズ・コロナ、アフター・コロナに備えようという意識が高まっていることがあるようだ。(2021/2/15)

「AWS Certification」の受かり方【前編】
いまさら聞けないAWS資格「AWS Certification」の基礎 4カテゴリーの違いは
AWSの認定資格「AWS Certification」は、AWSに関するスキルや知識を客観的に証明する有力な手段だ。全部で4カテゴリー、12種類あるAWS Certification資格の違いを説明する。(2021/2/11)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
コロナ禍のいまリモートコミュニケーションスキルを身につければ一生ものに
新型コロナウイルス禍により、多くの企業がリモートワークを導入しているが、コミュニケーションの不自由さから生産性が低下する企業もある。リモートワークで生産性を向上させる効果的なコミュニケーションを学ぶ。(2021/2/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。