ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スキル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

AI・機械学習の用語辞典:
モラベックのパラドックス(Moravec's paradox)とは?
用語「モラベックのパラドックス」について説明。機械学習モデルを含むAI(人工知能)やロボット工学において、大人が行うような高度な知性に基づく推論よりも、1歳児が行うような本能に基づく運動スキルや知覚を身に付ける方がはるかに難しい、という定説を示す。(2020/9/23)

現場の声から学ぶ CSIRTメンバーに本当に必要なスキルとは?
特集第3回は、CSIRTメンバーの現場の声に着目する。自社のセキュリティ情報の開示はそれだけでリスクになり得る。そのため、今回は匿名でグループ企業をとりまとめるCSIRTメンバーに取材した。“小規模CSIRT”ならではの苦悩とは。(2020/9/16)

ニューノーマルで生き残る組織とは
クラウドジャーニーの課題は「組織とスキル」、解決策を鼎談で語った
ニューノーマル時代のシステム構築には、先進クラウド技術を活用した既存資産のモダナイゼーションや新規開発のアプローチが有効になる。キーワードは「クラウドジャーニー」だ。IDC Japanの講演と鼎談のレポートをお伝えする。(2020/9/18)

マイクロソフト監修のアプリも搭載 タカラトミーからキッズパソコン「スピカノート」
松丸亮吾さん監修「ナゾトキ」のアプリや、ECC英語監修の英語学習アプリ、マイクロソフト監修のパソコンスキルアプリなどを搭載。(2020/9/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
狭域での事業を通して思うコミュニケーション方法
リモートで済ませるべき内容とFace to Faceにする内容の仕分けをすることが、業務を進める上で大切なスキルになるのではないだろうか。信頼関係を築くために、いかに2つの手段を組み合わせていくかが重要だ。(2020/9/3)

タカラトミー、70種以上のアプリを楽しめる子供向け2in1タブレット「スピカノート」
タカラトミーは、PCの基礎などを身につけられる子供向け2in1タブレット「スキルアップ タブレットパソコン スピカノート」を発売する。(2020/9/2)

PR:プロ絵師が今、“複数スキルで輝く時代”に必要な高性能PCを勧める理由
人気プロ絵師のrefeia先生が、マウスコンピューターのクリエイター向けノートPC「DAIV 5N」とワコムの液晶ペンタブレットの組み合わせを試し、改めて気が付いたことがあるという。その心得とは?(2020/8/27)

集中力散逸の原理とその防止策を検討する:
人工知能の進化がもたらす、社員の集中力向上のメカニズム
オフィスに集合しない形態での業務が一般的になり、新たな課題が顕在化しつつあります。その一つが「集中力の持続」です。人工知能が進化すれば、ナレッジワーカーの集中を属人的なスキルにしない世界が実現します。(2020/8/27)

コロナ禍で「役職」「専門知識」がある人も副業を始めている 在宅勤務も副業開始の一因に
自分の持っているスキルを活かす人が多いようです。(2020/8/19)

「転職希望者の選択肢の幅を広げることにつながる」:
ブロックチェーンとAONTを活用した外国人ITエンジニアの人材採用 パーソルキャリアとNECが実証実験
パーソルキャリアとNECは、外国人ITエンジニアの採用を検討する日本企業に向けたダイレクトリクルーティングサービスの実証実験を開始する。NECが独自に開発したブロックチェーン技術などを用いたスマートフォンアプリによって、エンジニアのスキル情報を安全に管理する。(2020/8/14)

「ITツールをどのくらい使えるか」の重要度が上昇:
アドビが「新卒採用で企業が重視するスキル」の調査結果を発表
アドビの「新卒採用で企業が重視するスキル」に関する調査によると、2020年は2018年に比べて「デジタルリテラシー(ITツールを使いこなす能力)」の重要度が上昇している。最も重要視されているのは2018年と同様オフィスソフトだが、プログラミングや動画編集、写真加工といったクリエイティブ系スキルの重要度が増しているという。(2020/7/31)

今日のリサーチ:
広告代理店83社の経営者に聞いた経営課題――Shirofuneと才流が調査
アンケートで分かった課題の傾向。売上・利益率の低さに加え、スキル不足や長時間労働なども課題になっています。(2020/7/22)

オンライン授業、準備加速も課題山積 新たな学力格差リスク、健康被害の懸念も
新型コロナの影響で導入が進むオンライン授業だが、学校現場では課題が浮かび上がってきている。子供の意欲次第で学力格差が開く懸念や教員側のスキル不足、子供の健康被害など、乗り越えるべき問題は多い。(2020/7/22)

国内企業のデジタル人材 求められるスキルと育成の鍵は――IDC調査
IDCは、DXを支える人材である「デジタル人材」に関する調査結果を発表した。国内企業を対象に、「技術」と「ビジネス」どちらのスキルをデジタル人材に求めるか調査したところ、ビジネススキルが重要と回答した割合が技術分野を上回った。(2020/7/14)

組織を変えるファシリテーション 第1回:
ただの対話スキルではない、「ファシリテーション」の本質とは
コラボレーションワークを促進させるマネジメントスキルの1つ「ファシリテーション」。たんなる「対話スキル」を超えた、マネジメント層にこそ求められる「組織のファシリテーション」力とは何か。(2020/7/13)

今必要とされるデータ利活用のためのスキルを体系化:
「データサイエンティストのためのスキルチェックリストとタスクリスト」 データサイエンティスト協会が無料で公開
データサイエンティスト協会とIPAは、「スキルチェックリスト」と「タスクリスト」の読み解き方や活用方法を記した公式ガイドブック『データサイエンティストのためのスキルチェックリスト/タスクリスト概説』を刊行した。(2020/7/9)

マーケターがAIを学ぶには:
Amazonもハマった、「AIを使うとき」の落とし穴
AI時代、マーケターはどのようにスキルを学んでいけば良いのだろうか。Amazon.comやある旅行会社の事例をヒントに、AIを導入・活用する際の留意点を紹介する。(2020/7/9)

AIエンジニアの年収はどれくらい? 求人情報を分析した結果は……
専門的なスキルを持つAIエンジニアの給料はどれくらい? 理系人材向け求人サービスを運営するアスタミューゼが調査結果を発表。年収レンジは下限が平均495.6万円、上限が平均914.3万円だった。(2020/7/3)

キャリアニュース:
管理職と新入社員の意識比較調査、意識のズレから生じたギャップ
ラーニングエージェンシーが「管理職と新入社員の意識比較調査」の結果を発表した。新入社員時代のうちに身につけたいスキルや理想の上司像について尋ねたところ、いずれも管理職と新入社員との回答に大きなギャップがあった。(2020/7/2)

理想の上司像:
社会人1年目に身につけてほしいスキルは? 管理職と新入社員の意識にズレ
社会人1年目に身につけたい、身につけてほしいスキルとは? 管理職と新入社員に聞いたところ、最もギャップが大きかったのは……? ラーニングエージェンシー調べ。(2020/6/22)

「日本とフィリピンは違う!」息子と結婚したフィリピン人に差別意識丸出しの相談者 アドバイザーも当たりがキツい「テレフォン人生相談」先週のハイライト
テレ人は相談者にもスキルが必要!(2020/6/15)

スキルを正当に「売る」:
コロナ禍で、副業の時代がようやくやってくる
各社がリモートワークの推進を進めているが、同時に、労働時間の短縮の流れも高まってきた。そこで、俄然注目されるのは副業だ。副業と言っても、単なる空き時間の時間給の肉体労働だけではない。むしろ、自らのスキルを正当に「売る」、「複業」と言うべき働き方だ。(2020/6/15)

「IT後進国ニッポン」の病巣に迫る【後編】:
IT業界の「多重下請け問題」を変える真の方法とは? 1次請けから3次請けまで経験した社長が提唱する「0次請け」
IT業界で常態化している多重下請けが、日本のソフトウェア開発を米国や中国よりも遅れさせ、かつ、優秀なエンジニアが育たない状況を作り出している――。こんな危機感を持って、業界の構造改革に向けて取り組んでいるのが、東京都渋谷区に本社がある情報戦略テクノロジー。高井社長はIT業界で1次請けから3次請けまで経験している。その経験から、業界の構造改革のためには、企業の事業部門と直接ビジネスをする「0次請け」と、エンジニアのスキルシートの統一化が必要だと訴えている。(2020/6/5)

AI人材育成:
PR:製造業のAI人材育成には何が必要か、座学では学べない“ハンズオン”の効用
多くの製造業が活用を目指そうとしているエッジAI。しかしそこで課題になっているのがAI開発を主導できる技術力をもった人材の育成だ。多くの製造業では担当分野が細分化しており、目の前の開発も手いっぱいで、新たにAIの専門知識やスキルを習得するのは容易ではない。そうした中で注目したいのが、マクニカが注力している、AIレースカー「JetRacer」などを使ったハンズオンセミナーだ。(2020/6/1)

日本IBM、2020年7月に新会社「日本アイ・ビー・エム デジタルサービス」発足 DX支援強化で
日本IBMは、グループのSIer3社を合併し、2020年7月1日付で新会社「日本アイ・ビー・エム デジタルサービス(IJDS)」を発足する。3社が有する業界知識やスキルを生かし、高品質かつ効率的なシステム開発・運用の提供や新技術の活用を通して、顧客企業のデジタル変革を支援していく。(2020/5/20)

在宅勤務の“お助け本”が人気 メールの書き方から発声まで、テレワークで使うスキルに注目集まる
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、企業で急速に在宅勤務が広がっている。だが、ウェブ会議やメールでのやり取りに不安を覚える人も少なくないようで、テレワークで使えるスキルを解説した本が売れている。(2020/5/19)

機械学習を60時間で学ぶ法人向けオンライン講座、アイデミーが提供 在宅勤務のエンジニア向け
アイデミーは5月15日、AIの基本的な知識や技術を学べる法人向けオンライン教材パッケージの提供を始めた。在宅勤務をするエンジニアのスキル向上を支援する。7月31日まで問い合わせを受け付ける。(2020/5/18)

日本のクラウド導入率は18%、現場任せのスキル管理がボトルネックに?――ガートナー調べ
ガートナーの調査によると、日本におけるクラウドコンピューティングの導入率は平均18%にとどまり、クラウドの重要性は認識していても、導入や活用スキルの獲得には消極的という実態が浮き彫りになった。企業は、クラウドを「自分で運転」し、時代に即した「スタイルチェンジ」を目指すべきだという。(2020/5/15)

iPhone/iPadのスキルアップ講座「Today at Apple」がオンラインで視聴可能に
Appleは、5月9日にスキルアップ講座「Today at Apple at Home」の日本語字幕つきビデオセッションを公開。iPhoneを使ったポートレート撮影など、6つのビデオセッションを提供している。(2020/5/11)

サクッと読める!テレワークしぐさ:
昼休みにビデオ通話で #オンライン帰省 してみた 親のITスキルも重要
新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、安倍首相が提案した「オンライン帰省」がネット上で話題になっている。記者は今回、仕事の昼休みにWeb会議ツールで自宅と実家をつないでオンライン帰省を試してみた。結論から言えば、とても楽しかったが、帰省するまでに数々のハードルを超えなければ行けなかった。(2020/4/24)

Computer Weekly製品ガイド
CI/CDチームの編制時に重視すべきスキルはコーディング能力と……
継続的インテグレーションと継続的デリバリーを採用すれば、ソフトウェアの開発を加速させることができ、弾力的な運用を実現する一助になる。CI/CDを機能させるためのツールや企業文化の変化について解説する。(2020/4/23)

自然処理AIを活用した知識ベース、大日本印刷が「DNP業務知識活用プラットフォーム」の提供開始
大日本印刷は「DNP業務知識活用プラットフォーム」の提供を開始する。業務経験の浅い人材が専門的な業務知識を導き出せるよう支援し、業務効率の向上と人材のビジネススキルの平準化を図る。(2020/4/17)

Computer Weekly製品ガイド
ローコード開発導入の前に検討すべき課題
ローコード開発ツールには生産性の向上や製品化の期間短縮、専門スキルへの依存度低下など、数多くのメリットがある。だがコストやセキュリティ、製品の選定やアプリケーションについては慎重な検討が必要だ。(2020/4/6)

作業員の不足/未習熟を“リモート”で解決:
PR:スマートグラスが切り拓くDX時代の保守サポートとは?
メンテナンスや点検の現場で深刻化している要員不足やスキルアップへの要請。昨今では加えて新型コロナウイルス対応などの社会要請により、作業に必要な熟練技術者や有資格者を迅速に派遣することがさらに難しくなっている。かたや機器や設備はより複雑になり、技術者への要求は増える一方だ。この状況の打開に大きく寄与するDXツールとして注目を集めているのが、スマートグラスを活用した遠隔作業支援システム「InfoMesh Visual Navigator」だ。(2020/4/15)

企業アプリケーションに関する2020年の展望、ガートナーが3〜5年後の動向を予測
ガートナー ジャパンは企業のアプリケーションに関する2020年の展望を発表した。これからは社内向けアプリケーションであっても顧客に提供するビジネス価値を考慮する必要があるが、多くの企業でその認識が希薄で、スキルやリソース不足への対処も不十分だと指摘する。(2020/3/30)

製造マネジメントニュース:
ドイツ大手製造企業がIoTソリューションに特化した子会社を設立
ボッシュグループは、グループ内のIoT関連ソリューション業務を集約する新子会社「Bosch.IO」を設立した。900人超のメンバーが参画し、コンサルティングと実装のスキルを組み合わせて、IoTやデジタル製品を提供していく。(2020/3/24)

日本は「スキルギャップや資金不足と戦う」市場、企業のデータ利用に関する調査結果をSplunkが発表
Splunkは、企業のデータ利用とビジネスの成功との相関関係に関する調査の結果を発表した。スキルギャップと資金不足が原因で、多くの企業日本が適切なデータ分析ツールとスキルが欠如している。(2020/3/18)

マスターデータ管理はここまで簡単になった:
PR:MDMの課題を「短期間、低コスト」で一挙に解決する方法とは
「データからいかに価値を生み出すか」というテーマに多くの企業が取り組んでいる。だが、データ活用の成果を左右するマスターデータ管理については、予算、スキル、人員不足などの制約を受け、さまざまな課題を抱え続けている例が多い。そうした“積年の課題”を短期間で解決できる手段とは何か? 詳細を探った。(2020/3/18)

スモールスタートで賢い選択を
「セキュリティログの管理って大変でしょ?」が覆る スモールスタートSIEMとは
ログを集約、分析し、脅威の検知や防止、対策強化に活用しようとする動きが広がっている。だが、ログの分析を実現するSIEMの導入や運用にはコストがかかり、スキルも必要だ。「簡単には手が出せない」という企業はどうすればいいのか?(2020/3/31)

リモートワークでも問題ない人は、やっぱり普段から仕事ができる人だった
リモートワークや自宅での勤務を採用する会社が増えてきた。マスコミも、この機会に働き方改革を一気にすすめるべきだといった論調が目立つ。 では、リモートワークの場合、どんなスキルが必要なのだろうか。(2020/3/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
書籍で学ぶ人工知能と協業する技術
考えるスキルがある人にとっては活躍の場が広がるのが今の時代。大事なのは、人工知能を「使う」こと。(2020/3/12)

NEC、新卒採用に“能力給”導入 学生のスキルなど考慮、データサイエンティストらが対象
NECは、2021年4月入社の新卒採用から、入社後の職務に応じた報酬を提示する仕組みを新たに導入する。専門的なスキルを持つ人材を採用するため、学歴・職歴を問わず、職務ベースで月収を設定するという。(2020/3/11)

斬新なIT人材戦略の導入が必要:
「イノベーションを推進できる人材は従来のスキルマップにいない」 ガートナー
ガートナーは、2020年以降に向けたIT人材戦略に関する展望を発表した。賃金の低さだけでなく、技術者への正当な評価や技術者が求める職場環境などの面での不満に対応できていないことが、IT人材を「隠れた人材」にしてしまうと指摘する。(2020/3/4)

ORACLE MASTERリニューアル:
PR:製品の年次リリースに合わせシンプルになり履修コースも不要に
20年にわたりデータベース管理者のスキルを証明してきた資格「ORACLE MASTER」がリニューアル。レベル構造はそのままに、従来よりも少ない負担で上位資格にチャレンジできるようになった。(2020/3/2)

「Windows 10」の春のアップデート(20H1/2004)で「Cortana」の消費者向けスキルは終了
MicrosoftのAIアシスタント「Cortana」は、「Windows 10」の春のアップデートで「Microsoft 365」のプロダクティビティ機能が強化され、音楽再生やスマートホームなどの消費者向けスキルは使えなくなる。(2020/2/29)

前澤友作氏、新生スタートトゥデイのCTOを募集 高スキル人材に年間2000万円〜1億円支給
前澤友作氏が、新会社「スタートトゥデイ」のCTOを募集すると発表。グループ全体のシステム統括などを任せ、年間2000万円〜1億円を支給するという。高い実績を持つ人材を求めるとしている。(2020/2/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「2020年ビジネスで求められるスキルTOP10」(世界経済フォーラム)に「EQ」が第6位にランキング
企業がEQを導入するということは、その企業で働く個人がEQを発揮することであり、個々のEQを高めることに帰結する。(2020/2/13)

Amazon、企業スキルの声をカスタマイズできる「Brand Voice」 KFCのカーネル・サンダースなど
Amazon.com傘下のAWSが、企業のAlexaスキルでブランドキャラクターの声での応答を可能にする「Amazon Polly」による新サービス「Brand Voice」を発表した。カナダのKFCはカーネル・サンダースの声で答えるスキルを公開した。(2020/2/6)

予算も余裕もないのに、一体どうすれば?:
PR:限られたリソースで、大企業と同等レベルのセキュリティを実現
サイバー攻撃による情報漏えい事件などが相次ぐ中、企業には高度なセキュリティ対策が求められている。だが、予算もスキルも限定的な中堅・中小企業の場合、セキュリティ対策に十分なリソースを投入するのは難しいのが現実だ。しかし、大企業の取引先となる中堅・中小企業をまず狙い、サプライチェーンに沿って攻撃対象を拡大するサプライチェーン攻撃も増えつつある今、中堅・中小企業にも大企業並みの対策が求められている。では一体どうすれば? 現実解を探る。(2020/2/5)

8割の企業が人材不足に直面、エンタープライズアプリ開発に関する調査結果を発表――ガートナー
ガートナーは、エンタープライズアプリケーションの開発について、人員やスキルの不足に直面している企業の割合が8割との調査結果を発表した。(2020/2/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。