ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スピーカー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スピーカー」に関する情報が集まったページです。

Amazonでプライムデーを開催中 数多くのAmazonデバイスがお得に
Amazonが「プライムデー」を6月22日23時59分まで開催中だ。スマートディスプレイやスマートスピーカーに加え、FireタブレットやFire TVシリーズも安くなっている。(2021/6/21)

【Amazonプライムデー】オーディオ機器特集 BOSEのスピーカーやゼンハイザー、シュアのイヤホンなどがセールに
憧れのオーディオがセール価格で登場。(2021/6/21)

PR:仕事しながら音楽を、キッチンでレシピ動画を! 192色調光機能とBluetooth搭載「LED電球スピーカー」でおうち時間をもっと楽しく
アイデア次第で、さまざまな使い方ができそうです。(2021/6/18)

クリエイティブメディア、USB/Bluetooth接続に対応したデスクトップスピーカー
クリエイティブメディアは、豊かな低音再現を実現した省スペース設計のデスクトップスピーカー「Creative T60」を発表した。(2021/6/16)

ファーウェイ、指向性スピーカー搭載スマートグラスをGREEN FUNDINGで先行発売
ファーウェイ・ジャパンは、指向性スピーカーを搭載したスマートグラス「HUAWEI ×GENTLE MONSTER Eyewear II」をクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で先行発売する。(2021/6/11)

Amazonプライムデー、「AirPods Pro」や「Echo Show 5(第1世代)」が特別価格に
Amazonは、6月21日から年に一度のプライム会員大感謝祭「プライムデー」を開催。「Kindle Paperwhite」「AirPods Pro」が特別価格で登場し、スクリーン付スマートスピーカー「Echo Show 5(第1世代)」は50%オフで販売する。(2021/6/9)

組み込み開発ニュース:
音に任意の方向感を与えて出力できるソフトウェアを提供開始
東芝デジタルソリューションズは、音に任意の方向感を与えて出力できるソフトウェア「Soundimension 仮想音像」の提供を開始した。特殊な機器は不要で、一般的なスピーカー2つを用いて左右の耳間の相対音圧を再現し、方向感のある音を作り出す。(2021/6/1)

オンキヨー、AV事業売却 音楽デジタル化に対応できず 
オンキヨーホームエンターテイメントが、オーディオやスピーカーなどのAV機器事業を売却することになった。オンキヨーは音楽市場で進むデジタル化への対応に遅れ2期連続で債務超過となっており、経営再建のため70年以上続けてきたAV事業を手放さざるを得なかった。(2021/5/28)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
ビデオ会議やオンライン授業を止めるな! 「現在、利用中です」のサインをスマホや音声で制御する方法
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回は在宅ワークで役立つアイテムを試してみた。(2021/5/26)

【Amazonタイムセール祭り】ロジクール製品特集 トラックボール「M575」やゲーミングキーボード&スピーカーがセールに
トラックボールは2020年11月発売のモデルです。(2021/5/23)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
別格のサウンドを楽しめるワイヤレススピーカーで360 Reality Audioを試す
パッと見はスマートスピーカーだが、実際は異なるソニーのワイヤレススピーカー「SRS-RA5000」と「SRS-RA3000」。「360 Reality Audio」の実力とともに使い勝手を試してみた。(2021/5/18)

サンコー、USBハブ機能も備えたスティック型スピーカーフォン
サンコーは、スティック型筐体を採用したUSB接続対応のスピーカーフォン「C-SFM21B」の取り扱いを開始した。(2021/5/14)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Echo Show 10」をしばらく使って分かったメリットとデメリット
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程をお届けする本連載。今回は画面付きスマートスピーカーの最上位に位置する第3世代「Echo Show 10」を細かく試してみた。(2021/5/13)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
生まれ変わった「Echo Show 10」がやってきた! 注目の回転機能を試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程をお届けする本連載。今回は、画面付きスマートスピーカーの最上位に位置する新型「Echo Show 10」(第3世代)をチェックした。(2021/4/27)

ソニー、ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XG500/XP500」5月28日に発売
ソニーは、5月28日にBluetooth対応ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XG500/XP500」を発売。また、ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB13」を5色で展開する。(2021/4/26)

【Amazonタイムセール祭り】Anker製品特集 重さ約200グラムの超軽量キーボードやWeb会議におすすめのイヤフォン・スピーカーがセール
人気のAnker製品がセールに登場。(2021/4/24)

第2世代の「Google Nest Hub」が5月5日に発売 Soliレーダーで睡眠トラッキングもOK 税込み1.1万円
一部市場では発売されている第2世代「Google Nest Home」が、日本でも5月5日にリリースされる。ユーザーの利用状況を踏まえてスピーカーを強化した他、Soliレーダーを活用したジェスチャー操作に対応し、睡眠トラッキング機能も搭載した。(2021/4/22)

JBL、20時間駆動に対応したポータブルBluetoothスピーカー
ハーマンインターナショナルは、JBLブランド製ポータブルBluetoothスピーカー「CHARGE」シリーズの最新モデルを発売する。(2021/4/16)

Microsoft、在宅Web会議向けWebカメラ、スピーカー、ヘッドセットを発売へ
MicrosoftがリモートワークのWeb会議向けアクセサリを発表。USB-Aで接続するWebカメラ、USB-C接続のコンパクトなスピーカー、共有ワークスペース向けのワイヤレスヘッドセットなどだ。「Surface Headphones 2+」は日本でも発売する。(2021/4/14)

Apple、タッチスクリーン搭載スマートスピーカーなどを開発中? ユーザー自動追尾も検討か
Amazon Echo Show 10のようなユーザー追尾機能も検討しているという。(2021/4/13)

組み込み開発 インタビュー:
NVIDIAも「ユニーク」と評価、Jetson Nano内蔵のインテリア風デザインAIカメラ
スタートアップのエクサウィザーズが発売した2眼レンズ搭載のAIカメラ「ミルキューブ」。小型スピーカーなど家電製品のようなデザインだが、Jetson Nanoを内蔵するなど性能は高い。しかし、ソフトウェア/ソリューション開発企業のエクサウィザーズがハードウェアを開発する狙いはどこにあるのか。(2021/4/21)

Xiaomi、初折りたたみ端末「Mi Mix Fold」は8.01型で4スピーカー装備
Xiaomiが「Mi Mix Fold」で折りたたみ端末市場に参入する。開くと8.01型になるフレキシブル有機ELディスプレイを搭載。プロセッサはSnapdragon 888で5Gに対応し、価格は9999元(約17万円)から。(2021/3/31)

ソニー、全方位スピーカーシステム搭載のワイヤレススピーカーを4月に発売
ソニーは、4月16日にワイヤレススピーカー「SRS-RA5000/RA3000」を発売。同社が提案する新たな音楽体験「360 Reality Audio」の認定スピーカーとなる。市場推定価格(税込み)は、SRS-RA5000が6万6000円前後、SRS-RA3000が3万6000円前後。(2021/3/24)

レノボ、オンライン会議に好適な会議室専用カメラ/スピーカーマイク
レノボ・ジャパンは、会議室専用をうたったカメラ「ThinkSmart Cam」およびスピーカーマイク「ThinkSmart Bar」の2製品を発表した。(2021/3/23)

Amazonで新生活セールを実施中 EchoとFire TV&Fireタブレットがお得に
Amazonが「新生活セール」を3月23日23時59分まで開催中だ。スマートディスプレイやスマートスピーカーに加え、FireタブレットやFire TVシリーズも安くなっている。(2021/3/20)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
反応速度は改善された? ラトックシステムのスマートリモコン「RS-WFIREX4」を試した
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はラトックシステムのスマートリモコンを細かくチェックした。(2021/3/19)

ハーマン、防水・防塵対応のポータブルBluetoothスピーカー「JBL XTREME 3」を4月16日に発売
ハーマンインターナショナルは、4月16日にポータブルBluetoothスピーカー「JBL XTREME 3」を発売。2ウェイ・ステレオスピーカー構成とデュアル・パッシブラジエーターを搭載し、防水性能と防塵(じん)性能も備える。(2021/3/16)

Apple、オリジナル「HomePod」をディスコンに 「HomePod miniにフォーカス」
Appleが、米国で2018年2月に発売したスマートスピーカー「HomePod」の販売を在庫がなくなり次第終了する。Appleは「今後はHomePod miniにフォーカスする」と米メディアに語った。HomePodのユーザーに対しては、Apple Careを通じてサポートを続ける。(2021/3/13)

Sonosが小型軽量設計のポータブルスマートスピーカー「Sonos Roam」を予告
米Sonosは、軽量ポータブルスマートスピーカー「Sonos Roam」の発表を行った。(2021/3/10)

コロナ禍で存在感増す「ソニックトリガー」 音声サービスに勢い
目からの情報が過多ともいえる今、音声SNS「Clubhouse」やスマートスピーカーなど音声を活用したサービスが注目を集めている。何かを思い出すきっかけになるという音「ソニックトリガー」に出合う場面が、コロナ禍の今、増えている。(2021/3/9)

Microsoft Ignite 2021:
Microsoft Teamに通話のE2EEや声を識別するスピーカーなど、多数の新機能
Microsoftが“職場と自宅のハイブリッド環境”のためのMicrosoft 365の新機能を多数発表した。最大10人を識別して会話を文字起こしするインテリジェントスピーカーや、Teamsの1対1通話のE2EEサポートなどだ。(2021/3/3)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
モデルチェンジしたスマートリモコン「Nature Remo mini 2」はどこが変わったのか
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、第2世代に進化した「Nature Remo mini 2」(Remo-2W2)をチェックした。(2021/2/26)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
家電製品の原点回帰? スマホなしでオン/オフできる「SwitchBotリモートボタン」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、あの「SwitchBot」をボタン1つで操作できるリモートボタンを試した。(2021/2/18)

Amazonで2021年初のタイムセールを実施中 Echo&Fireシリーズがお得に
Amazonが恒例のセール「タイムセール祭り」を2月1日23時59分まで開催している。スマートディスプレイやスマートスピーカーに加え、Fireタブレットもセールで安くなっている。(2021/2/1)

充電ケースがスピーカーになるワイヤレスイヤフォン ゲオが3999円(税込み)で発売
ゲオは、1月21日から「2in1 完全ワイヤレスイヤホン&スピーカー」を順次発売。充電ケースはBluetoothスピーカーとしても使用でき、価格は3999円(税込み)。(2021/1/21)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
iPhoneやHomePodから家電をオン/オフできるSiri対応スマートプラグを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、AppleのHomeKitに対応したスマートプラグ「Meross WIFIスマートプラグi」を取り上げる。(2021/1/8)

オフィス勤務再開を支える3つの音声認識技術【後編】
スマートスピーカー、声紋認証、STTとは? コロナ禍出社に役立つ音声認識技術
「接触回避」と「清潔管理」は、コロナ禍のオフィス勤務で特に気を付ける必要がある。これらの課題の解決に役立つのが「音声認識技術」だ。主要な技術を紹介する。(2021/1/8)

【Amazonの初売り】新型Echoがセールに初登場 Echoシリーズ&スマートスピーカー対応製品まとめ
球体のEcho Dotがかわいい。(2021/1/5)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Appleの「HomePod mini」をひときわシビアに採点する
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、Appleの小型スマートスピーカー「HomePod mini」を取り上げる。(2020/12/23)

PR:テレワーク時代の企業活動に欠かせない! より高品質なWeb会議を実現するJabraのヘッドセットとスピーカーフォン
テレワークの広がりを受けて、Web会議や電話会議をする機会が増えた。「相手の声が聞こえづらい」「自分の声が届いていない」といったことは、円滑なコミュニケーションの妨げとなる。Jabraのビジネス用のヘッドセットやスピーカーフォンなら、そのような問題を解決できる。(2020/12/23)

2020年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
連載「山口真弘のスマートスピーカー暮らし」でおなじみの山口さんが、2020年に購入したデジタル製品の中から、仕事に役立つ製品ベスト5をピックアップする恒例の企画。あなたのベスト5は何ですか?(2020/12/18)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
TVの「スマートスピーカー連携」って何ができる? 東芝の4K液晶レグザで試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回はTV内蔵の連携機能を試してみた。(2020/12/15)

Googleアシスタント搭載スマスピで「Apple Music」 日本を含む5カ国で
「Nest Audio」などの「Googleアシスタント」搭載スマートスピーカーおよびスマートディスプレイが「Apple Music」をサポートする。「YouTube Music」と「Spotify」は既にサポートしている。「Amazon Music」はサポートしていない。(2020/12/8)

AI音声認識の「おもしろ誤変換」を募るコンテスト、結果発表 大賞は?
文字起こし活用推進協議会が、音声認識AIによるユニークな誤認識・誤回答を募るコンテストを実施。大賞は米Google製スマートスピーカーによる誤回答だった。(2020/12/4)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
シーリングライトとスピーカーが合体したソニーの「マルチファンクションライト2」、2代目はどこが変わった?
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、LEDシーリングライトにスピーカーが合体した、ソニーのマルチファンクションライトの2世代目となる「MFL-2100S」をチェックする。(2020/12/4)

Amazonのブラックフライデー&サイバーマンデーでスマスピやPCがお得に
Amazonがビッグセール「ブラックフライデー&サイバーマンデー」セールを11月27日〜12月1日23時59分まで開催中だ。スマートディスプレイやスマートスピーカーに加え、PCなどもセールで安くなっている。(2020/11/28)

【Amazonブラックフライデー】多機能オーディオでおうち生活を楽しく マイク付きイヤフォンや防水スピーカーなど
ネックスピーカーが気になる。(2020/11/27)

JBL、音に連動した発光も楽しめるPC向けゲーミングスピーカー
ハーマンインターナショナルは、ゲーム向けをうたったアクティブスピーカー「JBL Quantum DUO」を発売する。(2020/11/25)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Echoと連携する壁掛け時計「Echo Wall Clock」、何ができる?
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回は、Echoの周辺機器として登場した壁掛け時計「Echo Wall Clock」をチェックした。(2020/11/19)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
球形にリニューアルした第4世代「Echo Dot」のメリットとデメリット
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回は、球形に生まれ変わったAmazonの「第4世代Echo Dot」シリーズを試した。(2020/11/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。