ニュース

“パスワード知るCEO死去”で巨額の仮想通貨引き出せない問題、ウォレットは「空っぽ」だった 深まる謎

つまり、どういうことなのか。

advertisement

 カナダの仮想通貨取引所のCEO(最高経営責任者)が死去し、仮想通貨の保管場所にアクセスするためのキーが不明になり、仮想通貨が引き出せない状態になった問題で、調査の結果、取引所の仮想通貨ウォレット(保管場所)が空っぽだったことが判明しました。英BBCなどが報じています。


巨額の仮想通貨はどこに消えた Photo by Dmitry Moraine on Unsplash

 この取引所は約11万5000人の1億3700万米ドル相当(約150億円)に上る仮想通貨を保管していたとされ、謎が深まる事態になっています。

 発端は、カナダの仮想通貨取引所QuadrigaCXの創設者、ジェラルド・コットン氏が2018年12月、旅先のインドで病死した──ことです。

advertisement

 同取引所が仮想通貨を保管しているコールドウォレット(オフラインの保管場所)へのアクセスキーなどは、セキュリティ上の問題からコットン氏が1人で管理していたということです。ウォレットにアクセスできるキーはコットン氏のノートPCに保存されています。ですが、ノートPCは暗号化されており、ノートPCにアクセスするためのパスワードも持ち主死亡によりに不明に。この結果、巨額の仮想通貨が宙に浮く状態になっていました。


カナダ最大級の取引所だったQuadrigaCXは閉鎖状態に

 ところが、ここに来て事態は思わぬ方向に転がります。BBCなどが3月5日に報じたところによると、監査を担当する会計事務所アーンスト&ヤングはコットン氏のノートPCへのアクセスに成功。その結果、ウォレットはコットン氏が死去する数カ月前に空っぽになっていたことが判明した、といいます。現時点ではこの仮想通貨の行方は全く分からないということです。


問題を報じるBBCの記事

 コットン氏は同取引所のアカウントを別名で14も保有していたことが分かりました。これは通常のプロセス外であり、これらを通じて何らかの取引をしていたと見られるということです。アーンスト&ヤングは、これら取引の情報を収集、分析するとしていますが、しばらく時間がかかるとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  2. 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  3. 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. 帰省が終わった18歳兄、1歳妹にお別れを言うと…… 妹のけなげな姿に「こっちまで寂しくなります」「また会えるよ」
  5. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  6. 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  7. イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  8. 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  9. 「これ高校生……?」 リリースはまだ1曲、サブスクの「人気1位」になった日本のバンドに衝撃 「すごすぎる」
  10. ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」