ニュース

“パスワード知るCEO死去”で巨額の仮想通貨引き出せない問題、ウォレットは「空っぽ」だった 深まる謎

つまり、どういうことなのか。

advertisement

 カナダの仮想通貨取引所のCEO(最高経営責任者)が死去し、仮想通貨の保管場所にアクセスするためのキーが不明になり、仮想通貨が引き出せない状態になった問題で、調査の結果、取引所の仮想通貨ウォレット(保管場所)が空っぽだったことが判明しました。英BBCなどが報じています。


巨額の仮想通貨はどこに消えた Photo by Dmitry Moraine on Unsplash

 この取引所は約11万5000人の1億3700万米ドル相当(約150億円)に上る仮想通貨を保管していたとされ、謎が深まる事態になっています。

 発端は、カナダの仮想通貨取引所QuadrigaCXの創設者、ジェラルド・コットン氏が2018年12月、旅先のインドで病死した──ことです。

advertisement

 同取引所が仮想通貨を保管しているコールドウォレット(オフラインの保管場所)へのアクセスキーなどは、セキュリティ上の問題からコットン氏が1人で管理していたということです。ウォレットにアクセスできるキーはコットン氏のノートPCに保存されています。ですが、ノートPCは暗号化されており、ノートPCにアクセスするためのパスワードも持ち主死亡によりに不明に。この結果、巨額の仮想通貨が宙に浮く状態になっていました。


カナダ最大級の取引所だったQuadrigaCXは閉鎖状態に

 ところが、ここに来て事態は思わぬ方向に転がります。BBCなどが3月5日に報じたところによると、監査を担当する会計事務所アーンスト&ヤングはコットン氏のノートPCへのアクセスに成功。その結果、ウォレットはコットン氏が死去する数カ月前に空っぽになっていたことが判明した、といいます。現時点ではこの仮想通貨の行方は全く分からないということです。


問題を報じるBBCの記事

 コットン氏は同取引所のアカウントを別名で14も保有していたことが分かりました。これは通常のプロセス外であり、これらを通じて何らかの取引をしていたと見られるということです。アーンスト&ヤングは、これら取引の情報を収集、分析するとしていますが、しばらく時間がかかるとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 高木菜那、30歳の誕生日に“イケメン”ショット かき上げ赤リップに「誰だ!? この色男!!」「ヴィジュアル系みたい」
  2. 「別れても好きな人」の歌詞通り渋谷から歩いたらどうなる?→約16キロの過酷な道程が発覚、驚きと笑いを呼ぶ
  3. 元キャバ嬢・エンリケ、短期間の6キロ減で「初の救急搬送」 “無理な食事制限”で卒倒 「身体に負担かけてた」
  4. 塀に並んだハスキー型のマスク、よく見てみると…… 本物のハスキーがのぞいている姿に「作った人は天才w」の声【英】
  5. 木村多江、土屋太鳳からの直筆手紙に喜び 特徴的な“フォント風文字”に「誠実ですね!」「字でわかる」の声
  6. 柴犬親子が散歩拒否のコンビプレー! 左右で立ち止まり、動きを封じる事態に飼い主「これ本当、困るんだけど…笑」
  7. 「絶対に購入しないようお願いします」 未発売のからくり看板、写真を無断転載した偽広告が出回る 作者が注意喚起
  8. 飼い主のごはんを見たワンコ→「これと交換どうですか?」 食べかけのおやつで物々交換をねだる賢さに称賛の声
  9. なでなでしていたら突然スズメが豹変して……? “鳥がいかに理不尽かが良くわかる動画”に共感の声
  10. 桃井かおり、「GLAY」TAKURO夫婦とLAで遭遇 豪華ショットに「スターがスターにバッタリ」「凄すぎる〜!」