ニュース
» 2019年05月07日 18時00分 公開

鉄道博物館のネコ館長!? どんなに汚れても気にしないおおらかで愛らしいネコが大人気!

マスコットキャットとして人気を博しています。

[かのん,ねとらぼ]

 米ネバダ州にある「ネバダノーザン鉄道博物館」のマスコットキャットがかわいい! とネット上で話題となっています。



 1906年に開館した「ネバダノーザン鉄道博物館」唯一の猫ちゃん職員「ダート」。名前の由来はそのまま「Dirt=汚れ」。もともとは白とオレンジの毛並みの猫ちゃんでしたが、当時の施設や車両を歩いて見て回れるこの博物館内をうろちょろ駆け回り、いつも炭で汚れていることからそう名付けられました。



 11年ほど前、博物館内の除雪機の下でダートを産んだ母猫は、他のきょうだい猫といずこかへ去ってしまいました。ダートだけ迷って取り残されたところを博物館員たちが保護し、そのままマスコットキャットとして生活しているそうです。



 あるとき、館員の一人がSNSにダートの写真を乗せたところ反響を呼び、徐々にファンが増えていきました。特徴であるDirtな体だけでなく、愛嬌のある顔立ちも人気の秘訣でしょうか、今ではダートに会うために博物館を訪れる人もいるそうですよ!



 ダートが博物館内を歩き回る姿は、全ての展示物が正常に機能しているかをチェックしているように見えます。その姿はまるで館長! 体が汚れるのも、誇りをもって「仕事」をしているから気にならないのかな? これからもその愛くるしい姿で、お客さんをお出迎えしてあげてね!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた