ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

どうしてこうなった…… 変わった鳥を保護したと思ったらカレーをかぶったカモメだった

世にも奇妙なカモメ物語。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 イギリスの「Tiggywinkles Wildlife Hospital」が、なんとカレーまみれのカモメを保護! その様子をFacebookで公開しました。実はイギリスでは、2016年にも同様の事件が起きています。カモメをカレー漬けにする儀式でもあるのでしょうか……。



 「オレンジ色の鳥を拾いました」と連絡を受けたTiggywinkles Wildlife Hospitalのスタッフ。しかし、保護してみるとカレーもしくはウコン(ターメリック)で覆われているニシンカモメだということが判明しました。


カモメ マジで何が起こったの……

 「な〜るほど、だからオレンジなのか」と、簡単に納得できるわけもなく、スタッフは「まさかカレーまみれのカモメが来るとは思わなかった」「今までで一番奇妙な案件だ」とコメント。そして、このカモメには「ヴィンダルーカレー(Vindaloo curry)」から「Vinny(ヴィニー)」と名付けられました。スタッフのネーミングセンスよ。

 なぜカレーを浴びるに至ったかはカモメのみぞ知るところですが、幸い体調に異常はなく、健康的な状態でした。そのため、獣医師チームはヴィニーの羽をきれいにするためにお風呂に入れることにしました。水がカレー色に濁っていくと、ヴィニーはどんどんきれいになっていきます。


カモメ 申し訳ないけどちょっとおいしそう
カモメ ヴィニー「なんでこんな目に……」

 最終的に、もとのカモメらしいカラーに戻り、ヴィニーもスタッフも一安心。よかったですね。もうカレーを浴びることがないよう祈るばかりです。


カモメ 心なしか、くちばしにまだカレーが残ってる気がする

春夏冬つかさ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る