ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

「Ninja ZX-10R」エンジン3基を搭載 川崎重工「空飛ぶ軽トラ」大型ハイブリッドドローンを試作(1/2 ページ)

浮上試験に成功したと発表しています。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 川崎重工業(カワサキ)は2020年5月18日、スーパーバイク「Ninja ZX-10R」のエンジンを搭載した大型ハイブリッドドローンの浮上試験に成功しました。

photo
川崎重工業の開発した大型ハイブリッドドローン

 川崎重工業が開発中の大型ハイブリッドドローンは、全長が約7メートル、幅が約5メートル、高さは約2メートル。「Ninja ZX-10R」 のエンジン3基、モータープロペラ8基を搭載しています。

photo
2020年に登場したNinja「ZX-10R KRT EDITION」(画像はプレスリリースから)

 動力源にガソリンエンジンを使うことで大きな出力を長時間維持できることから、新しい輸送手段の確立を目指して研究が進められており、重量200キロ以上の貨物を搭載したまま、飛行距離は100キロを超える「空を飛ぶ軽トラック」の可能性を追求しています。

 実現すれば、ヘリコプターと小型ドローンの隙間を埋め、空の輸送手段をよりリーズナブルなサービスとして提供できるようになると期待されています。



       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る